ワックスエステルとは?具体的な効果と特徴について

ワックスエステルという言葉はあまり馴染みがないという人が多いかもしれません。最近そのワックスエステルが持っている効果や効能が凄いとのことで注目を集めています。

今回はワックスエステルとはそもそも何なのかというところから、具体的な効果・効能、ワックスエステルを含む商品の詳細などについてまとめていこうと思います。

ワックスエステルとは何なのか

それではまずはワックスエステルとは何なのかというところから解説します。

植物性の美容オイルなどは今や数々の種類があるので、どれを使っていくのが自分の肌質にとってベストであるのかというところを判断するのも一苦労かもしれません。

ワックスエステルは数ある植物性の美容オイルの中でも特に乾燥を防ぐ保湿効果と、肌細胞の修復を行う抗酸化作用が強いことで注目されるホホバオイルのみに含まれる一つの成分です。

ワックスエステルはヒトがもともと持っている肌成分と同じ構造をしており、肌にももとから30%ほどは含まれているものでもあります。

ホホバオイルとは?効果・効能について徹底チェック

2016.05.13

ワックスエステルが減少することによる影響とは?

ワックスエステルは肌にも存在している成分であるとお話しましたが、肌から減少してくると見た目にもわかるような様々な影響がでてきてしまう恐れがあります。

ワックスエステルが減少すると肌のバリア機能が低下する

37ea7eae665105a5f041a570501c259e_s

肌のバリア機能という言葉などについては美容に興味を持つ女性は聞いたことがあると思います。

ようは肌を紫外線の影響や乾燥などから守ってくれる抑止力として働くのが肌のバリア機能なのですが、その機能が低下してしまうことになると外に出た時の紫外線の影響から室内での乾燥の影響などを直接的に肌が受けてしまうことになります。

ワックスエステルが普通に一定の量存在している間は特にそういった影響を受けることもないですが、減少してくるとすぐに目に見えてわかるレベルの影響を受けてしまうことになります。

例えばシミができたりシワが増えたり、肌の乾燥が今までに以上に目立つようになってきたり・・・。

ワックスエステルが減少すると肌を綺麗な状態でキープするのが難しくなります。

肌のきめ細かさや潤いが失われる

赤ちゃんの肌などを見てみると毛穴が見えないくらいにきめ細かい肌で、肌もプルプルでもちもちしてい潤いに満ちているのがわかると思います。

10代の頃くらいまでは何も対策しなくても問題なかったかもしれませんが、20代後半から30代にかけて次第にワックスエステルが減少し始める傾向にあるので対策をしていかないと肌質は悪くなる一方なのです。

40代を過ぎてくるともともとは30%ほどあったと言われるワックスエステルはもう5%ほどに減少してしまっていることすらあるので多くの人は肌の潤いやきめ細かさがなくなり硬く乾燥した肌に変わっていってしまうことになります。

ワックスエステルの具体的な効果・効能について

_1050715_2

ここまでもともと肌に存在しているワックスエステルが減少してしまった時に影響などについても触れてきましたが、減少したワックスエステルはそれこそホホバオイルなどを活用することによって減少分を補うことができるようになっています。

ホホバオイルなどを使いながらワックスエステルを増やしていくことでどんな効果や効能が得られるようになるのでしょうか。

肌のバリア機能が復活する

加齢や肌質の問題などでワックスエステルの減少の影響を受けて肌のバリア機能が低下してしまうという点はお伝えしたとおりです。

ワックスエステルは肌に減少してしまっているとしても、減少している部分にホホバオイルなどを塗って補充していくことが可能になるので失われた肌のバリア機能なども回復させることができるようになります。

もちろんワックスエステルを増やすだけで全く紫外線や乾燥の影響を受けないというわけではありませんが、見た目に影響がでないくらいに保護することは十分できるようになります。

シワやシミの防止・改善も

ワックスエステルによる抗酸化作用なども期待できるため、できる限り毎日ホホバオイルを取り入れたスキンケアを行うようにしていくことでこれから出来てしまう恐れのあるシミやシワの予防から、既にできてしまっているシミやシワの改善などの効果も得られるようになります。

シミやシワって一度できてしまうと、なかなか簡単に取り除くことがでいるものではないので、化粧で隠すくらいしか手軽に目立たなくする方法はなくなってしまうのは女性にとって永遠の悩みではないかと思います。

既にシミやシワなどができてしまった場合については一度や二度くらいホホバオイルを塗っただけでシミやシワが消え去るということはありません。

3ヶ月から半年くらいは毎日忘れずにホホバオイルでスキンケアを行っていくことで、徐々に目立たなくなってきて、その他に新しくシミなどができてしまわぬように予防していくという流れになります。

シミ取りなどはクリニックなどで行うと小さいシミ一つでも数万円とられてしまうこともあるので、時間はかかりますがコストは大幅に減らすことができるのはワックスエステルを使うメリットといえます。

また、シミやシワのケアでは、基礎化粧品にも優れた効果を持つものもあります。

ストレス肌荒れで乾燥やエイジングが加速!対策に効く化粧水とは

2018.05.07

まとめ:ワックスエステルを取り入れるなら?

それではこれからワックスエステルを取り入れてスキンケアしていこう!とされる場合はどの商品を使っていくのがベストなのか。

ホホバオイルが配合成分の一つとして含有される美容液や美容オイルなどもありますが、ワックスエステルによる効果・効能を重要視する場合についてはホホバオイルの中でも最高品質である金色をしたゴールデンホホバオイルを使うのが最も高い効果が得られるでしょう。

中でもナチュラルオーケストラのホホバオイルは品質がピカイチなので、選ぶなら他のホホバオイルに余地はないでしょう。

Pocket

sponserlink