トランス脂肪酸の危険性と人体への有害性についての検証

油や健康についての関心が強い人であればトランス脂肪酸が体に悪いという話を一度は耳にしたことがあると思います。

実際のところその話はまさしく正論であり、トランス脂肪酸を過剰に摂取してしまうということは人の体に様々な悪影響を及ぼす可能性のあることです。

過剰に摂取しているつもりがないので自分は大丈夫だろう!と思っていても、普段から食べている加工食品など思いもよらないものにすらたくさんのトランス脂肪酸が含まれているのが現状です。

トランス脂肪酸は実際のところどのくらい危険性のあるものになっているのか、そして知らずにトランス脂肪酸を摂取し続けてしまうことによって人の体にどのような有害性をもたらしてしまうのかチェックしていきましょう。

トランス脂肪酸の特徴と危険性

トランス脂肪酸は常温では液体の油を固形化するために化学処理を行って、人工的に固形の油に変化させる過程において発生する物質となっています。

それ単体でも体に悪い影響を与えてしまうとされている植物油脂は通常は液体で流動性が高い物質となっていますが、トランス脂肪酸は化学処理によって発生するので不安定な分子が安定していくので常温でも固形でも酸化しにくい物質となっています。

安価で酸化しにくいため様々な食品に使用される

トランス脂肪酸は人工的に作ることができる成分なので安価でなおかつ酸化しにくいというメリットがあります。

トランス脂肪酸はマーガリンやショートニング、さらには食パンやクッキー、スナック菓子、アイスクリーム、マヨネーズ、ドレッシング、カレールウ、コンビニやスーパーなどで購入できるお惣菜やお弁当などありとあらゆる身近な食品などに含まれています。

普通に生活をしていれば1日の中でこれらの食品のどれかは食べてしまっている事になると思いますし、避けているつもりであってもいつのまにか体内に取り入れてしまっているということはよくあります。

食品メーカーや外食産業側の視点に立つと、確かに酸化しにくくて長持ちする上に食感や風味も悪くない安価なトランス脂肪酸はある意味おいしい油でもあるということです。

トランス脂肪酸は低カロリーだけど・・・

バターやラードなどの動物性脂肪の食品は高カロリー、一方でトラン脂肪酸を含有して作られている植物由来のオメガ6系脂肪酸を加工して作られたマーガリンやショートニングなどは低カロリーとなっています。

カロリーだけを見れば確かにトランス脂肪酸は健康に良さそうでヘルシーに思えるものとなっています。

そのため最近になってトランス脂肪酸が体に悪いという風潮ができる前まではバターよりもマーガリンの方が健康的であるというイメージが強くなっていました。

トランス脂肪酸が人に与える悪影響

3f1cf3a1b68da59c1441cd5c5d2f71c1_s

現状の正しい見解としてはトランス脂肪酸は心臓に蓄積されて、心疾患や糖尿病などを引き起こすリスクがあり、なおかつメタボリックシンドロームなどのリスクを高めてしまうことがあるということが明らかになっています。

だからといってマーガリンを一度使ったからといって猛毒が体内に入り込むというようなものではないので、100%すぐに悪い影響が出てくるかというと決してそうではありません。

しかし、何も意識せずに毎日のようにトランス脂肪酸が含有されている食品を食べ続けていると悪玉コレステロールであるLDLコレステロールが血中に増加しはじめて、善玉コレステロールであるHDLコレステロールが減り始めるようになっていきます。

血中のコレステロールバランスが大きく乱れる様になるとその影響から動脈硬化などの症状が起きてしまったり、心臓周りの疾患が発症する可能性は残念ながら増加していきます。

また、トランス脂肪酸は血行を悪くする以外に、ホルモンバランスを乱すため、肌荒れ、シミやくすみといった肌の悩みの原因となることがあります。

ホルモンバラスの乱れからくるシミやくすみの悩みに役立つスキンケアについて、こちらの記事でまとめています。

ホルモンバラスの乱れからくるシミやくすみ対策

 

トランス脂肪酸は今後一切排除すべきなの?

f5accefb1d47bab1ab347829ace60c06_s

ここまでの話でトランス脂肪酸が体にいいものではないということは十分にわかると思いますが、それであれば今後は一切トランス脂肪酸を摂らないようにしていくべきなのか?というところも気になりますよね。

正直な話、トランス脂肪酸が含まれる食品を一切とらないで生活するということはかなりの食品や食材を今後は危険視して避けていかなければならないということでもあります。

そうなると毎食毎食かなり気を使って制限をかけた食生活を送らなければならなくなりますし、お菓子やデザートなどもコンビニやスーパーでは買えないということになります。

少し考えただけでもストレスにまみれた食生活になりそうですよね。

現状での結論としては一切排除するべきとまでは言わないまでも、避けられるのであれば避けるべきというところです。

アメリカなどではすでにトランス脂肪酸に対する規制などもかかり始めているようですが、日本では企業努力もあってトランス脂肪酸の含有量を減らしつつあるそうです。

あまりにも偏った食生活を送ったりしていないかぎりは直近で大きな影響をが出てきてしまうようなことは考えにくいことだと言われているので極端に神経質になりすぎる必要性はないといことです。

まとめ

ここまでトランス脂肪酸の危険性や人体に及ぼす有害性などについて確認してきました。

結局今後の生活を送る上でどうしていくべきなの?というところなのですが、まず間違いなくするべきなのは食品などを購入する際には原材料を必ずチェックするようにしてなんの油が使われているのか確認するということです。

同じような食品であっても隣に並んでいる別商品と比べると、一方はトランス脂肪酸が含まれており、もう一方は含まれていないということもあり得ることです。

当然トランス脂肪酸が使われていない食品の方が価格が上がる可能性が高いですが、避けられるところから避けてトランス脂肪酸の総摂取量をできるだけ少なくしていくのが今後の健康のことを考える上では理想的といえます。

日々のちょっとした努力で5年後10年後の体調や健康状態が大きく変わるのであれば、怠るべきではないところといえますね。

頬骨周辺のシミを消すなら、皮膚科に行く前に試したい対策

2018.04.16
Pocket

sponserlink