ストレス肌荒れで乾燥やエイジングが加速!対策に効く化粧水とは

ストレスと健康は、関りが深いといわれますが、肌の健康も例外ではありません。肌荒れの原因が、必ずしもストレスということではありませんが一般的に良く知られることでもあります。実際、ストレスが続くと肌が荒れてしまうという経験があるのではないでしょうか。

しかし、ストレスと肌荒れが常識的にとらえられている一方で、そのメカニズムについてはあまり意識していないことが少なくないようです。そのため、正しい肌荒れケアができず、良くならなかったり悪化してしまうというケースもあるでしょう。

この記事では、ストレスによって肌荒れを起こすメカニズムと対策化粧水をベースとした効果的なスキンケアについて紹介します。

先にストレス肌荒れ対策に役立つ化粧水を確認するならこちら

ストレスの肌荒れで乾燥やエイジングが進む

ストレスによる肌荒れを放置すると、いろんな肌トラブルを招く要因になるので注意が必要です。単に肌が荒れるというだけにとどまらず、肌の老化の引き金にもなるのが肌荒れといわれています。

交感神経でダメージ、副交感神経で回復

交感神経と副交感神経というのを聞いたことはあると思います。交感神経は日中など活動しているときに働き、副交感神経は入浴や睡眠などリラックスしている時に働く神経ですね。この2つの神経がバランスよく働くことで、私たちの健康は保たれているわけです。

また、肌への影響という観点で考えると、交感神経が優位になると肌にダメージを与え、副交感神経が優位になったときに回復します。交感神経が活発になると毛細血管の血流が鈍ってしまうため、肌温度の低下や必要な栄養素などを送り届けることができなくなって肌荒れを起こすといわれています。

このようにストレスを感じた場合は交感神経が活発になるので、ストレス状態が続けば続くほど、副交感神経が優位になれずに肌荒れが進んでいくということですね。

肌荒れは肌の水分が逃げやすく乾燥しがち

肌荒れすると角質層がめくれあがって、肌のバリア機能は低下した状態です。肌のバリア機能は、肌の水分を内側に閉じ込める働きと外からの刺激から肌を守るという重要な役割を持っています。このバリア機能が低下してしまうと肌水分が逃げてしまうため乾燥肌になったり、外からの刺激にも弱くなるので肌内部では慢性的な炎症を繰り返す結果となります。そして、この乾燥と炎症の繰り返しは、肌荒れをますます進めてしまうことになります。

慢性的な肌の乾燥と炎症は肌の老化の引き金にも

慢性的な乾燥肌と肌の炎症は、肌荒れを進めてしまうだけではなく目元や口元の小じわが増えたり、肌のツヤや透明感の低下、くすみにも大きな影響を与えてしまいます。

肌には、整ったキメを構成するのに欠かせない皮丘といわれるものがあります。肌表面を拡大しときに見える三角形ひとつひとつですね。そして、この皮丘を保つには、肌荒れ、乾燥や炎症が大敵なのです。皮丘を保つとは肌の潤いを保つことであり、整った皮丘(キメ)が肌の透明感やツヤをアップさせ、くすみを防ぐのにも役立ちます。また、ハリや弾力アップを助けます。

ストレス肌荒れ対策のポイント

ストレス肌荒れを効果的に対策するポイントを確認してみたいと思います。

根本的にはストレスをなくすこと

肌荒れの原因となるストレスを取り除くというのは、根本的な解決策といえます。規則的な日常生活を心がけ、ストレス状態ばかりにならないようにすることが大切です。食事に気をつけ、適度な運動をとりいれるというのも質の良い睡眠をサポートできるので副交感神経が優位になり肌荒れ対策として効果的といえるでしょう。

でも実際には、この辺って常識的にみんな知っていることだし、それができたらとっくにやってるよということが正直なところかもしれませんね。そんな場合は、次のポイントを意識してみるといいと思います。

ストレス肌荒れと敏感肌の悪循環を食い止める

ストレスを感じると肌荒れを起こします。そして、肌荒れによる乾燥と炎症を繰り返すことによって、しだいにバリア機能が低下して敏感肌が進みます。さらに敏感になった肌は、少しの刺激でも炎症を起こしやすくなるので、ますます乾燥や肌荒れを悪化させることになるわけです。
このような悪循環を断ち切ることが、ストレス肌荒れの進行を食い止めるためには大切です。そして、この悪循環をストップするためのスキンケアのポイントをまとめるとこうなります。

悪循環をストップするためのポイント

  • ストレスによって鈍くなった血流の促進や肌温度アップを助けること。
  • 慢性的に肌で起きている炎症を抑えること。
  • 弱った肌のバリア機能をアップすることで水分保持と外部刺激から肌を守ること。

これらを満たす化粧水を確認する。

ストレス肌荒れケアは化粧水がキモ

ストレス 肌荒れ 対策 化粧水

次は、実際に基礎化粧品を使ってスキンケアをしていくわけですが、基礎化粧品を選ぶポイントは、さっき「ストレス肌荒れの悪循環を食い止めるためのポイント」のところで説明したような成分を配合したものを選ぶことです。ここでは、配合成分とは別に意識しておきたいポイントについても補足をしておこうと思います。

ストレス肌荒れケアは化粧水の浸透性が重要

せっかくストレス肌荒れに効果的な成分を配合していても、それらが肌へ十分にいき渡らなければ高い効果を得られないかもしれません。そこで重要になるのが浸透性です。一般的なスキンケアは、最初に化粧水を使うことが多いと思いますので、化粧水の肌への浸透性はとても重要なポイントになってきます。

化粧水の成分が角質に広く深くいきわたるということは、それだけ乾燥や炎症といった問題から肌を守り、バリア機能の強化を助けることになるからです。その下地を作る化粧水は、効果的なスキンケアを実現するうえで最も重要な位置づけにあるといえますね。このように化粧水は、ストレス肌荒れケアに必要な成分を配合し、肌への浸透性を考慮したものを選ぶことがポイントとなります。

化粧水の下地に加えて美容液やクリームで補強も

上記のポイントをしっかり押さえていれば、化粧水だけでも効果の高いスキンケアができると思います。ただ、化粧水だけだと条件をクリアするのに必要な成分がどれか欠けていたり、時間が経つと乾燥が気になったりということも少なくありません。

美容液やクリームを使うメリットは、化粧水にない部分を補ったり効果の持続性をアップしたりできる部分です。また、集中的にケアしたい部分を補強することだと思いますので、その辺を考慮に入れて美容液やクリームを加えるというのもいいのではないでしょうか。美容液やクリームを加えることで出てくるデメリットは、やはりスキンケアのコストアップ。そして手間が増えるということですね。

しっかりストレス肌荒れのケアはしたいけど、めんどうなのはちょっとという場合は、オールインワンタイプの基礎化粧品を選ぶというのも賢いチョイスだと思います。

頬と口元の乾燥ケア、原因を直撃し手抜きもできる化粧品

2018.04.23

まとめ

さて今回は、ストレスによる肌荒れのメカニズムを通して、効果的にストレス肌荒れをケアするために必要なポイントについてまとめました。
おさらいをすると、ストレス肌荒れケアで重要なポイントは次の3点です。

ストレス肌荒れケアで重要なポイント

  • ストレスによって鈍くなった血流の促進や肌温度アップを助けること。
  • 慢性的に肌で起きている炎症を抑えること。
  • 弱った肌のバリア機能をアップすることで水分保持と外部刺激から肌を守ること。
これらのポイントをしっかり押さえた化粧水をベースとして、必要に応じて美容液やクリームをプラスするといいと思います。

最後に、上記を満たす基礎化粧品の公式サイトへのリンクを張っておきますので、こういったものを活用してストレスで肌荒れしにくい健康的な肌作りを目指しましょう。


▲▲ ストレスで肌荒れに効果的な化粧水はこちら ▲▲

 

笑いじわが鼻の横に目立ってきたときの原因と効果的に消す対策

2018.05.14
Pocket

sponserlink