ショートニングとは?危険性と体に悪いと言われる理由について

クッキーやスナック菓子などの原材料表示をチェックしてみると植物油脂やマーガリンとは書かれていないとしてもショートニングと記載されているものがたくさんあります。

マーガリンや植物油脂の危険性については認知されてきているので、避ける人も多くなってきていますが、ショートニングはなんとなく大丈夫なんじゃないかと安心して選んでいると実は思わぬ危険性を被ってしまう場合もあります。

ショートニングとはそもそも何なのか。そしてその危険性や体に悪いとされる理由についてチェックしていきましょう。

ショートニングの正体と危険性

ショートニングというのは植物油脂に窒素ガスや炭酸ガスなどを10%から20%程度混入して作られている固形状のオイルのことで、それ以外に液体状や粉末状にされているものも存在しています。
19世紀の末ごろにラードの代用品としてアメリカにて開発された人口油脂となっています。

ショートニングの主な用途は?

ショートニングはそのままの状態で売られている場合もありますし、クッキーなどの洋菓子などに含まれることが多くなっています。

お菓子にショートニングを含めるとサクサク感を演出して食感をよくすることが可能になるので頻繁に用いられるようになってきています。

ショートニングの特徴として常温では固形となるため、揚げ物に使うと冷めても油が溶け出すことがないので、製造から時間が経過してもカラッとサクサクで歯ごたえがある状態を作ることができます。

ショートニングを使うと美味しくなるから多方面で使われる

0648463d748dcebaec3d6d831f276501_s

ショートニングは市販のお菓子や焼き菓子、デニッシュに練りこまれていたり、ファストフード点などでは揚げ物などを作る際に使用されるということもよくあります。

クッキーにショートニングを練りこめばカリッとした歯ごたえで美味しさが増しますし、とんかつや天ぷらなどを揚げる際に使うと油っこくないのに味は美味しいような仕上がりになります。

安い価格のチェーン店の揚げ物屋さんなどのとんかつや天ぷらが値段の割に美味しいと感じるのは料理人の腕がいいというよりも、ショートニングの力を上手く使ったレシピが優れているからと考えられます。

ショートニングは安くて美味しくて長持ちするというメリットがあるので自分でも知らないうちにたっぷりとショートニングを摂取してしまうケースも多くなっています。

ショートニングの危険性

b894c88bbd01d984bf0b6b72f4614ca0_s

では一見するとメリットの多いオイルのように思えるショートニングですが、どこに危険な要素があるのかというところも深掘りして見ていきます。

ショートニングは人口油脂であるというところを先ほどちらっと触れましたが、その製造する過程においてトランス脂肪酸が発生するようになっています。

どれくらいのトランス脂肪酸が含まれているのかというと、ショートニング100gあたり最大で31gほども含まれることがあるとされています。

つまりショートニングの3割はトランス脂肪酸であるという可能性すらあるということです。

トランス脂肪酸がどれだけ体に悪いもので危険性があるかという点については別途以下の記事にもまとめた通り。

簡単にいうと悪玉コレステロールの増加やメタボリックシンドロームなどの原因となったり、血液をドロドロにすることから動脈硬化などの病気のリスクを高めてしまうというところです。

参考:トランス脂肪酸の危険性と人体への有害性についての検証

意外なところに含まれるショートニング

cb4a42a79eddde6b9a1e25f8a7e13a4a_s

ショートニングもその危険性や体に悪いと言われる理由を辿って行くと結局行き着くのはトランス脂肪酸となります。

マーガリンがトランス脂肪酸が含まれるから低カロリーでも肥満や病気などにつながりやすと言われるのと全く同じですね。

洋菓子はそんなに食べないからショートニングは無縁だろう!と思って油断していると、思わぬところに含まれていて知らずに摂取していることもあります。

和菓子にもショートニングは含まれる

洋菓子のサクサク感を演出するためにショートニングが使われることは確かに多いですが、実は洋菓子ばかりではなく最近では和菓子に使われることもよくあります。

大福餅、どら焼き、あんみつなどなど。

サクサクとは無縁そうに見えるような和菓子であっても、原材料をチェックしてみるとショートニングが使われていることがあります。

「あん」の照りや滑らかさなどを演出するというような目的で和菓子に使われていることもあります。

寿司ネタ「ネギトロ」にショートニング

816829eff45f0f2935a0322b12970245_s

和菓子よりももっと想像しにくいところかと思いますが、実は寿司ネタとして広く人気のあるネギトロにまでショートニングが含まれていることがあります。

かつてはお寿司といえば高級なイメージがありましたが、最近では一皿100円を下回るような低価格で食べられる回転寿司なども人気ですよね。

特に安い店のネギトロは原材料は本マグロよりも安価であるという理由からキハダマグロやビンチョウマグロが使われることがほとんどです。

そしてネギトロを作る際にはそれらの赤みをすりつぶして色合いの良さと滑らかさを演出するためにショートニングが用いられることがあります。

回転寿司だと細かい原材料までチェックすることはできませんが、スーパーなどで個別包装されて売られているネギトロの原材料をチェックすると確かにショートニングもしくは植物油脂と記載されていることがあります。

寿司にショートニングと言われても流石に信じられないかもしれませんが、これはすべて実際起こっている現実です。

まとめ

今回はショートニングとはそもそもどんなもので、なぜ体に悪いとか危険性があると言われるのかという点について解説しました。

ネギトロにトランス脂肪酸が含まれているという驚愕の事実もあったとおり、食品選びをする際には原材料を必ず確認して体に悪い成分が含まれていないかチェックすることがいかに大切か再確認できたのではないでしょうか。

世の中の食品には隠れトランス脂肪酸がたくさん潜んでいるので自分自身の健康を守るためにも注意していく必要があります。

Pocket

sponserlink