パルミトレイン酸の肌や髪に対する驚くべき効果とは?

美容業界ではオイルを使ったアンチエイジングや自宅でのケア方法が盛んに紹介されるようになりました。

肌のハリツヤや髪の質をいい状態で保つにはオイルに含まれるパルミトレイン酸という脂肪酸が実は様々なお肌や髪の毛などのトラブルの改善を促してくれるということで話題です。

今回は具体的にパルミトレイン酸が肌や髪の対してどのような効果があるのか紹介していきます。

パルミトレイン酸とは?

不飽和脂肪酸の一つとして美容関連商品に多く利用されるようになってきた成分の一つ、パルミトレイン酸ですが、この成分はもともと人間の体の中の脂肪細胞に含まれる不飽和脂肪酸であり食品としてはマカダミア油などに高濃度で配合されています。

こういった成分には色々と名称がつくことが多くパルミトオレニン酸やオレオパルミチン酸などともいわれるこたがあります。全て同じ成分の化学物質を指しますので安心してください。

この不飽和脂肪酸は肌や髪にいい影響を与えるとして、美容オイルなどに含まれるようになりました。とくにこのパルミトレイン酸は30代後半から減少傾向にあり体内のみで補うことが難しくなってくると最近の研究でわかってきました。

肌や髪への影響だけではなく肥満や動脈硬化にもいい影響を与えることが期待されている今注目の成分なのです。

パルミトレイン酸の肌に対する効果

CRI_IMG_6016_TP_V

肌に多く存在する脂肪酸ですが、実は過剰に摂取しても肌荒れや毛穴の目立つ原因となりますし逆に少なすぎても乾燥肌や敏感肌の元となることがわかっています。

パルトレイン酸は赤ちゃんの肌や若い人の肌に多く存在しており肌の健康を維持する役割の一端を担っています。

また、酸化に強い性質を持つため体内に摂取した場合も血流にのって広く作用すると言われています。その結果血流の改善による代謝の向上などが起き結果として肌の若返りに一役買っているというわけです。

他にも直接肌に塗るタイプの美容オイルなどでは浸透性が高く乾燥肌に塗り込むと肌に素早く吸収されてガサガサとした肌質から柔らかな肌質へと改善する効果などが期待できます。

注意としては肌に過剰にパルミトレイン酸が存在しているのに、美容オイルでさらに追加してしまうと毛穴のトラブルにつながります。資生堂からも毛穴の開きに関する研究データとしてパルミトレイン酸が過剰に存在することで皮膚の角化に影響を及ぼすと報告されています。

パルミトレイン酸は加齢とともに減少することで乾燥肌や敏感肌のトラブルを起こすことが知られていますので、乾燥肌、敏感肌にお悩みの方には用法、用量を守って取り入れていただければ良い成分だと思います。

パルミトレイン酸の髪に対する効果

7b8ecd1ed3883ac2ebf733f16521996d_s

美容室に行くとよく、髪も肌の一部ですからきちんとケアすることが大切ですよ。何て言われることがあります。

実は髪はタンパク質・メラニン・水分・脂肪の主な4物質から成り立っており肌などと同じくお手入れをすることで良い質に保つことができます。タンパク質や水分は髪自体の質を保つのに重要な役割を持っていますが、脂肪というのがあまりピンとこない方が多いかと思います。

実はこの脂肪という中にはパルミトレイン酸が含まれていて、髪の柔らかさに関連した働きをしているのです。

髪の美しさやヘアスタイルのセットにも影響する髪の硬さですが、自分はもともと硬い毛質だからとあきらめていませんか?実は毛質はオイルを上手に活用することによって柔らかくすることができるんです。

髪の硬さに関連するのはキューティクルやコルテックスといった部分になります、しかしこれらの質を無理やり変えようと思っても薄毛につながったり毛質が悪くなったりと非常に難しいです。毛質を良い状態に保ったまま、潤いと滑らかさを与えることができれば髪は柔らかく美しくなるのです。

そこでシャンプーやトリートメントが重要となります。

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

髪のタンパク質の原料となるアミノ酸を豊富に含んだ、アミノ酸シャンプーを取り入れるのもいいですが、オススメはパルトレイン酸を含んだトリートメントを使用することです。ルミトレイン酸を含んだトリートメントオイルなどを使用することにより髪に潤いを与えることができます。

よく、髪がごわついていたりパサパサしているのは髪を構成する脂肪がたりていない状態であることがあります。脂肪分がたりないとキューティクルの柔らかさを保つための成分が不足して結果ごわつきパサつきといった症状がでます。

髪の印象で女性は若くもなりますし老けても見えます。髪がごわつくパサつく、髪質が硬くてヘアセットも上手くいかない。こんなお悩みを抱えている方にはパルミトレイン酸を含んだヘアケア製品を試してみるのもいいかもしれません。

パルミトレイン酸を含む美容オイルが注目されています

puresera

パルミトレイン酸をしっかりと含んだピュアセラ美容オイルという美容オイルが実は存在します。このオイルはスキンケアを目的に生成されていますので体の手や足の乾燥が気になる部位にも勿論使用できます。

しかも、パルミトレイン酸だけではなくセラミドやホホバオイル、アルガンオイルといった美容オイル業界では有名な成分がぎっしりと入っている一つでおいしいとこどりの商品です。

乾燥肌、敏感肌でお悩みの方は顔の美容オイルとして使用できますし、髪の硬さやまとまりのなさにお悩みの方はドライヤー前に髪のトリートメントオイルとして使用していただけます。

また、成分がオーガニック成分からなるので気になる方には嬉しい商品かもしれませんね。

しかし、こんな方には向きませんので要注意

  • 30歳以下でニキビによるトラブルが悩み
  • どちら方いうと顔の皮脂の量が多い方だ
  • 毛穴の広がりが気になる
こんな方は、パルミトレイン酸を含む脂肪酸がすでに十分ある場合が多く、オイルでのケアよりは水分量の調節、殺菌などのケアが効果があることが多いです。

ピュアセラ美容オイルを徹底レビュー!実際に使って検証した評価

2016.07.28

まとめ

パルミトレイン酸は脂肪酸の一種で、30歳以降は減少傾向にあります、若々しい肌の維持には必要不可欠な成分となっていることから美容オイルとしても広く出回るようになりました。

効果は乾燥肌や敏感肌の改善から髪質の改善まで幅広く、老化にお悩みの方にはオススメできる成分です。

しかし、20代などの若い方はもともとパルミトレイン酸を多く体内に持っていることが多いので過剰摂取には気をつけなければならないといった点はあります。

30歳を越えた頃から化粧ノリが悪いとか急に肌荒れや髪質の劣化が気になってきたという方には試す価値がある成分といえます。

 

肌の保湿やバリア機能アップに欠かせないセラミド関連の記事はこちらです。

頬と口元の乾燥ケア、原因を直撃し手抜きもできる化粧品

2018.04.23
Pocket

sponserlink