オメガ3脂肪酸にはどんな油がある?摂取することによる健康効果

オメガ6脂肪酸については適量を摂取であれば健康には良いとされつつも、加工食品やファストフードなど含まれている食品が多いため予期せぬところで大量に摂取してしまうことがるので意識的に減らしていかないと健康にリスクがある油ということでした。

その一方でオメガ3脂肪酸は全く逆で意識して摂取していくべき健康的な油であると言われています。

今回はオメガ3脂肪酸には具体的にどのような油があり、なぜオメガ6脂肪酸とは違って健康的といえるのかその効果についてまとめていこうと思います。

オメガ3脂肪酸の特徴にはどんなものがあるのか

オメガ3脂肪酸もオメガ6脂肪酸と共通している部分があります。

それが人間の体内で生成することはできない多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)であるということです。

簡単に言ってしまうと食べ物などから摂取していくしか体の中にオメガ3脂肪酸がある状態を維持することはできないということになります。

オメガ3脂肪酸にはどんな油が含まれるのか

それではまず最初にオメガ3脂肪酸にはどんな油が含まれているのか確認していきましょう。

オメガ3脂肪酸を含んでいる油には以下のようなものがあります。

  • 魚油(DHA・EPA)
  • えごま油
  • 亜麻仁油
  • サチャインチオイル

オメガ6脂肪酸を含んでいる油などについてはこちらの記事にて解説をしましたが、それらと比べるとどれもあまり一般的ではない油が多くなっています。

よほど健康志向の強い人でなければ普通に生活していてこういった油を料理に使うことはないのではないでしょうか。

つまりそれほど自分から摂取しようと意識していかなければ体の中にはオメガ3脂肪酸は簡単に不足してしまう恐れがあるということです。

また魚油にはDHA・EPAがそのまま含まれているわけですが、えごま油、亜麻仁油、サチャインオイルなどについては一度食用油として料理などから体内に取り入れてから体の内部でEPAやDHAに変換されるような仕組みとなっています。

食用油以外からオメガ3脂肪酸を摂取するには?

06f0b

オメガ6脂肪酸はお菓子だったり加工商品にも含まれているので油のことを何も考えなくても摂取している脂肪酸でしたが、オメガ3脂肪酸はどうなのか気になりますよね。

魚油(DHA・EPA)などについては名前から推測できる通りにアジやサバ、イワシ、サンマといったような青魚に含まれています。

その他、食品でいうとくるみや大豆などの中にもオメガ3脂肪酸が含まれていると言われていますが、食品としてはそのくらいです。

加工食品などから摂取されることも少ないですし、青魚を毎日食べているとか上記で紹介したようなオメガ3脂肪酸を含んでいる食用油を使った料理を食べているとかでないかぎりは摂取量が絶対的に不足していきます。

オメガ3脂肪酸にはどんな効果がある?

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_s

それでは普通にしていると不足しがちなオメガ3脂肪酸ですが、かりに意識的に適量摂取するようにしてけばどんな効果があって、体にはどのようなメリットが得られるようになるのかお話していきます。

オメガ3脂肪酸には生活習慣病、がん、うつ病、認知症を予防する効果、さらにアレルギー症状やドライアイを改善する作用などがあると言われています。

まさに上記のような症状のどれかに今現在悩まされているという場合はオメガ3脂肪酸をこれから少しづつ取り入れていくように食生活を微妙に変化させていくだけでも悩みを改善させることができるということです。

ちなみにEPAには中性脂肪の値を低下させて血栓、動脈硬化、心疾患を防ぐ作用があり、DHAには脳の活性化作用などがあることから集中力や記憶力・思考能力などを高めることも可能と言われています。

DHA・EPAなどについてはそういった効果もあることから専用のサプリメントなども多数販売されています。

毎日のように青魚ばかり食べるというのも難しいでしょうし、手間なく必要な分だけのオメガ3脂肪酸を摂取していくのであれば上手にサプリメントを活用していくのが理想的といえます。

オメガ3脂肪酸が不足することによる健康リスク

736b92c5

ちなみにもしオメガ3脂肪酸があまりにも不足している状況が続いてしまうとどうなるのか。

ここまで解説してきた通り、オメガ3脂肪酸は健康にも美容にも必須と言える成分となります。

そんな必須とも言える脂肪酸が不足してくるとエネルギーの生産能力が著しく低下してきたり、脳の発育の遅れなどのリスクにさらされることになります。

脳機能に影響がでてくると思考能力が鈍くなったり、頭の回転が遅くなるなど日常生活を有意義に過ごすたの力も足りなくなってきます。

さらにそれだけではなく、皮膚や臓器などに何らかの障害が起きてしまう危険性などもあります。

オメガ3脂肪酸についてはコレステロールの代謝にも密接な関係性をもっているので、不足しはじめると血中コレステロールが増えすぎてしまったり、高脂血症や高コレステロール血症、動脈硬化といったような病気が発症してしまうリスクも高まります。

こういった病気のリスクが高まるだけでも恐ろしいですが、もっと身近なところでいうと肌の弾力が失われたり、脱毛トラブル、皮膚疾患など目に見えてわかりやすい症状が早い段階ででてくることもあります。

もしこのような体調不良に現時点でに悩まされているという場合は、すでにオメガ3脂肪酸が不足していてその影響から症状が出ているとも考えられますね。

まとめ

ということで今回はオメガ3脂肪酸の種類や効果、不足するとどのような影響が出てくる可能性があるのかということについてお話させていただきました。

これからの健康を維持してリスクの少ない快適な生活をしていくためにはまずは食生活にオメガ3系の食用油を取り入れるようにしたり、サプリメントなどを賢く使っていくことで効果的にリスクから逃れることが可能です。

若々しく健康的な体をいつまでも維持していきたいという場合は参考にしてみてはいかがでしょうか。

Pocket

sponserlink