オメガ3系の油を摂取するのに青魚が最適な理由とは?

痴呆症や冠動脈性疾患に有効と話題のオメガ3系の油ですが、この成分が豊富に含まれる食品などは実は限られています。

ここでは体に良いと噂のオメガ3系成分が豊富に含まれている食品やなぜ青魚を食べることがオメガ3系油を摂取するために適しているのかという理由などについてお伝えしていきます。

オメガ3系の油とは?

健康番組でよく特集されているオメガ3系の油ですが、私たちの身近な栄養という面ではα-リノレン酸やエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)が非常に有名です。

これらのオメガ3系脂肪酸は私たちの体内でα-リノレン酸からEPAやDHAが作り出すことが可能ですがその生成される割合は約10%前後と非常に少ない量しか体内で生成できません。

なので食事などを通して補給するひつようがあり、中でも青魚にはオメガ3系脂肪酸が多く含まれているとわかっていることから食生活の中で魚を取り入れることが推奨されています。

このオメガ3系の油を摂取することにより、血中の中性脂肪の低下や心臓血管系の疾病リスクを減少させる効果が期待できます。

他にも昨今社会問題として大きく取り上げられるようになった認知症やうつ病に対しても効果が期待できるとし研究が進んでいます。

また、最近の研究では海鮮類をよく摂る地方の方ほど母乳に含まれるDHAが高く産後鬱といったトラブルが少ない傾向にあると発表されました。

国際的には冠動脈系の健康維持に必要なEPA・DHAの1日に必要な最低量は500mgとされており昔の日本人の食生活であれば魚料理が中心だったこともありクリアできていましたが、最近の食生活の中では意識して食品を調理加工しなければなかなか摂取するには大変な量といえるでしょう。

オメガ3系油を含んでいる食品の種類

オメガ3系といえば脂肪酸ですので油が中心となります、よく体に良い油、悪い油なんて雑誌でも特集していますが今回紹介しているオメガ3系の油は体に良い油に分類されます。

豊富に含む食品の代表としては青魚が知られていますが他にも、アブラナ・大豆・エゴマなどの植物性の油にも含まれています。

しかし、エゴマ油などは正直毎日続けるには価格が効果なこともありあまり実用的とは言えないでしょう。それに比較して青魚に含まれるオメガ3系の油は魚が海中で生活するなかで食物連鎖を通じギュッと圧縮された油になっているので含有量も非常に多くなっているという特徴もあります。

意外な食材としては実は牛乳などにもオメガ3系脂肪酸は含まれていますが、乳牛の種類や与えられている穀物の種類によって含有量が変わってしまうので一定の量を摂取しようとすると青魚を食生活に取り入れるのが簡単で実用的といえるでしょう。

オメガ3系油を摂取するには青魚が最適な理由

f24664956060ea447b7e23db8cbcef5b_s

オメガ3系脂肪酸を摂取するにはなぜ青魚が良いとされているかというと、アジなど代表的ですがDHAの含有量が圧倒的に豊富であることが挙げられます。

特にくさやなどでおなじみのムロアジという魚には100g中に900mgものDHAが含まれています。この量は1日に摂取したい最低ラインの500mgを大きく超えていますので1日の内に一品魚料理を加えるだけで健康維持に利用できる手軽さがあります。

そして、この青魚に豊富に含まれているオメガ3系脂肪酸ですがじつは魚の餌として摂取される微生物が作り出した栄養素であり、魚が生きている内に毎日摂取した微生物からの栄養を体内で圧縮されることによって高濃度のDHAとなって私たちの体に届くようになっています。

このように青魚は人工的に操作された栄養を使わずに自然界で生活する中で栄養を豊富に含んだ食材として成長していきます。

また、意外に知られていませんが青魚には含まれるヒスチジンというアミノ酸は体内で満腹中枢を抑制する働きを持った物質に変わることからダイエットにも良いとされています。

もともと魚料理はヘルシーなので食欲が多くダイエットに悩んでいる方にも適しているのです。

オメガ3系の油から作られる青魚サプリ

そうは言ってもどうしても海鮮系が苦手で青魚なんか臭くてたべれない、という方も実際多くいらっしゃいます。

毎日青魚を調理して食卓に出すのも時間にゆとりがあってお料理好きの方には良いかもしれませんがなかなか難しいのが悩みですよね。

しかし、このオメガ3系の栄養素は医療の観点からも非常に興味深い栄養素として注目されていることもあり色々な研究が食品会社などでもされてきました。

そして、ついに青魚がもつDHAなどのオメガ3系栄養素を余すことなく体の中に届けられる画期的なサプリができました、それが「きなり」というサプリです。

//oil-life.jp/kinari-hyouka/

正直、魚料理をたべた後は口の中に残る魚独特の臭みがどうしても気になってしまうのでサプリタイプで簡単に摂取できるのならこんなに便利なことはありません。

DHAなどに加えて日本人の健康にいいとされているナットウキナーゼなどの日本に古くからある栄養素を中心に配合されて作られているので日本人にはぴったりのサプリといえるでしょう。

この記事のまとめ

今注目の栄養素のオメガ3系ですが昔の日本人は特に意識せずとも普段の食事の中でたくさんの青魚などを摂取することで健康に過ごしてきました。

しかし、食の欧米化が進んだ現在では食卓に魚料理が並ぶことも少なくなっておりそれとともに生活習慣病と言われる冠動脈疾病などでの死亡率や有病率が上昇傾向にあります。

健康を維持促進するためには確かに手間とお金がかかりますが現在ではサプリなども数多く販売されておりますので、無理に魚や高価な油を取り入れるよりストレスの少ない形で無理なく取り入れることのできるサプリは非常に優秀な健康サポート食品といえるでしょう。

Pocket

sponserlink