オリーブオイルと普通の油の違いは?食用油として常用すべき理由とは

オリーブオイルを一般家庭にて食用油として使うことも最近ではごく当たり前になってきています。

何となくオリーブオイルの方が健康そうなイメージがあるからと言った理由で使っている人もいると思います。

ただその一方で普通の油と比べて値段も高くて量も少ないのにオリーブオイルを使うのはもったいないと考える人もいると思います。

今回はオリーブオイルと普通の油との違いを明確にして、なぜ食用油としてオリーブオイルを使うべきなのかわかりやすくまとめていこうと思います。

オリーブオイルと普通の油の違いとは?

製造過程における加熱加工の有無

 

5757341bd42dc84c6af6a4c6c65d88c3_s

オリーブオイルとはオリーブの実から作られている油となっているので、果肉から作られているというところが普通の油との大きな違いとなっています。

普通の食用油は果肉ではなく種子から作られているため、製造過程の段階で加熱加工処理をする必要がでてきます。

そうすると加工する段階で植物本来が持っているはずの風味であったり、機能性などが損なわれることになります。

一方で、オリーブオイルの場合はオリーブの果肉から抽出されるオイルであるので(製造過程で風味や機能性などが損なわれることがないものとなります。

酸化しやすさの違い

普通の油はじつは時間経過によってどんどん酸化していきます。

そしてそれが植物油の欠点の一つでもあります。

特に光や空気、温度などの影響を受けると酸化のスピードも速くなっていくので普通の油はそもそも長期の保存には向いていないのです。

食用油の成分には不飽和脂肪酸が含まれています。

不飽和脂肪酸はリノール酸、リノレン酸、オレイン酸の3つに分類されています。

オレイン酸については酸化しにくいと言う特徴があるのですが、リノール酸は特に酸化しやすいと言われており、酸化することで発生する過酸化脂質が身体に害があるものとなります。

そして一般的な食用油であるサラダ油などは不飽和脂肪酸の中でもリノール酸が多く含まれるために酸化しやすくなっていますが、オリーブオイルはオレイン酸を中心とした油なので酸化しにくいというメリットがあります。

油とコレステロールの関係性にも差が!

オレイン酸は単純に酸化しにくいというだけでなく、悪玉コレステロールなどを減少させるといった健康作用もあるので注目されています。

特に動物性油であるバターやラードなどは使い勝手もよくて料理に使うと味が美味しくなるのはいいですがLDLコレステロールを増やしてしまうことから健康には良くない油となります。

その点オリーブオイルについては植物油であるため、LDLコレステロールを減少させる作用がある健康的な油となります。

ちなみに植物油であれば何でもいいのか?というと決してそのようなこともありません。

使いすぎるとHDL(善玉コレステロール)まで減らす植物油も

オリーブオイルについては摂取することでLDL(悪玉コレステロール)だけをピンポイントに減らしていくことができるので問題はないのですが、同じ植物油であっても使いすぎると問題がでてくるものもあります。

  • サフラワー油
  • 大豆油
  • ごま油

これらの油については適量摂取であれば大きな問題にはなりませんが、そればかりを多量に摂取してしまうようになると善玉コレステロールという体に必要とされるコレステロールまでも同時に減らしてしまうようになるので問題がでてきます。

善玉コレステロールは動脈硬化や心筋梗塞などを防止する働きもあるコレステロールですので適量は常に体の中に存在しているべきコレステロールとなります。

悪玉コレステロールを減らすのは健康的な観点から見て問題ありませんが、同時に善玉コレステロールまで減らしてしまうのは問題ありですね。

オリーブオイルと普通の油の値段の違い

_1040348

ここまではオリーブオイル成分的な話で普通の油とどう違うのかと言う点についてお話してきましたが、値段も結構な違いがあります。

全種類の油の値段を比較することはできませんが、一例として今回は普通の油の代表としてキャノーラ油、そしてオリーブオイルを同じメーカーの商品で比較してみました。

Amazonさんでの販売価格での比較です。

  • AJINOMOTO さらさらキャノーラ油 1350g:540円
  • AJINOMOTO オリーブオイル 400g:656円

この2つを見ても分かる通り量がそもそも3倍以上多いのにキャノーラ油の方が安いですよね。

わかりやすいように100g単位でいくらになるか換算してみるとキャノーラ油は100gあたり40円、オリーブオイルは100gあたり164円となります。

オリーブオイルがいかに高いか、これを見れば一目瞭然ですね。

お金にある程度余裕のある家庭であれば、問題ないかもしれませんがカツカツな生活費でやりくりをしている場合は少し厳しいところもあるかもしれません。

オリーブオイルをメインの食用油として使うべき?

ここまでオリーブオイルと普通の油を色々な角度から比較してその違いについてみてきましたが、オリーブオイルは家庭で使うメインの食用油として使っていくべき油と言えるのでしょうか。

結論としては、少し価格的に高くはなってもオリーブオイルをご家庭のメインの油として迎え入れる価値はあると言えます。

普通は油と言えば体に悪いイメージの方が強いので、健康を考えると油を控えめにするという方向にシフトしていくと思います。

しかしオリーブオイルのように体にいい油を使っていけば料理も美味しくなって油分を我慢する必要がないのに健康的と2重に嬉しいことが重なります。

料理油として使ってもクセのない味に仕上がりますし、炒め物や揚げ物などに使っていくことももちろん可能な万能油です。

サラダ油などをサラダにかけるのは気が引けますが、オリーブオイルならそのままサラダやマリネなどにかけて食べるという使い道の広がりもあります。

余裕があるなら家庭の油はオリーブオイルに切り替えてみるといいでしょう。

Pocket

sponserlink