オイリー肌の原因は乾燥にあり?肌質から改善する方法とは

人よって色々な肌質があるわけですが、その中でも厄介なオイリー肌で悩んでいるという人も少なくないのではないでしょうか。

乾燥肌の人からするとオイリー肌の方がマシじゃん!と思うかもしれませんが、オイリー肌の人にしかわからない悩みだってたくさんあります。

オイリー肌だと皮脂量が必要以上に多すぎるのに肌の水分量は少ないという困った状況にも陥りやすいので結局のところ肌の脂っぽさと水分の少なさによる乾燥の2つが原因となってくることもあります。

オイリー肌の原因は実は乾燥にもあり

はたから見るとオイリー肌は肌がつねにオイリー何だから乾燥とは無縁のように見えますが、実際はそうではありません。

むしろ乾燥肌体質の人がオイリー肌になってしまうケースも多いですし、オイリー肌の人が時期によって乾燥肌になるということもよくあります。

実はオイリー肌というのは乾燥とかなり密接な関わりがあるということです。

なぜ乾燥がオイリー肌に繋がるのか

7c7eeffd03258a25bf4d57063b33b097_s

そもそも肌が乾燥している状態というのはお肌の角質層に存在する水分量が30%を下回っている状態をいいます。

乾燥肌で皮脂も少ないというパターンも多いですし、それと同様に乾燥肌だけど皮脂の分泌量が多くなってしまうというパターンもよくあることです。

この2つの状態に共通しているのはどちらも肌を外部の刺激などから守るためのバリア機能などが損なわれているというところになります。

肌を守るバリア機能が低下していると乾燥肌になりやすいですし、同時に皮脂の分泌機能に異常が出てしまう確率も高くなっていきます。

肌質から乾燥肌もオイリー肌も改善するには?

それでは実際に肌質から乾燥もオイリー肌も改善して至って普通の肌質へと改善していくにはどうすればいいのかチェックしていきましょう。

乾燥肌の対策をすればオイリー肌の改善ができる

乾燥肌の対策をするための方法として肌を乾燥やダメージなどから守るためのバリア機能を強化するのが重要なポイントとなってきます。

肌のバリア機能というものは外気の乾燥や、肌の痒みで掻いてしまうことによって破壊されることもあります。

皮脂が多くて痒みを伴うと耐えられずに掻いたり擦ってしまうこともあると思いますが、そのダメージでバリア機能が壊れてしまうということもよくあることです。

適切な保湿と痒みや炎症のケアを行うことで先に肌のバリア機能を回復させるようにしていけば乾燥肌の対策にもなりますし、同時にバリア機能の回復が皮脂の分泌量のバランスを正常な状態に戻すことに繋がるのでオイリー肌対策にもなります。

スキンケアオイルで肌のバリア機能を取り戻す

6a42ddba27990f5b611ecc46578c2c12_s

手っ取り早く乾燥もオイリー肌も改善していくとなった場合にはやはり肌のバリア機能をいかにして回復させるか?というところに注目するべきです。

ここで最近では特にバリア機能の回復に対して効果的でマストアイテムとも言えるようになってきているスキンケアオイルの出番です。

オイリー肌なのにスキンケアオイルを使ったらべとついたり余計に脂っぽくなってしまうのでは?という心配もあるかもしれませんが、これについては既に当サイトでも解説していますが、全く問題ないどころかむしろ効果的であるので積極的に取り入れるべきです。

スキンケアオイルにもいろいろな種類がありますが、基本的には美容効果が高くて肌のバリア機能を改善する効果が期待できるものを選んでいくようにしていくといいでしょう。

参考記事:脂性肌でもオイル美容をしてもいいの?オイリーな肌の正しい対処法

肌質から改善するために選ぶべきスキンケアオイルは?

それではたくさんあるスキンケアオイルの中でも肌質からしっかりと改善しながらバリア機能を回復させていくことができるものはどれになるのでしょうか。

前提としてオイリー肌でもありなおかつ乾燥肌でもある人が肌質から改善するということになっているので、あまり刺激の強いオイルなどを使うわけにはいきません。

アルガンオイルやホホバオイルなどのようにお肌に対する不要な刺激が少ないものであるということは最低限必要となる条件でもあります。

アルガンオイルもホホバオイルも共通しているのはどちらも樹木の実から取り出されているオイルであるということです。

乾燥した砂漠の地でも生き残るだけのたくましさを持っている樹木になる実から抽出されるオイルはそれだけ栄養価も高く美容効果も非常に高いというところが特徴的です。

オイリー肌を肌質から治すならゴールデンホホバ

_1050715_2

どちらかを選ぶとなった場合は抗酸化作用が高く炎症からアレルギーなどの対策まで行いながら肌質を改善していくことができるホホバオイルを選んだ方が効果的です。

ホホバオイルにはワックスエステルによるバリア機能や、紫外線の対策、そして保湿に対する高い効果が期待できるようになっています。

ホホバオイルの中でも無精製のゴールデンホホバオイルについては人の手による余計な加工などが一切されていないため添加物もいません。

透明なタイプのホホバオイルと比べると価格も高いですが、肌質改善に役立つ栄養成分も断然多く含まれるというところが大きなメリットになっています。

まとめ

今回は乾燥がオイリー肌の原因にもなりうるということで、乾燥もオイリー肌も両方改善していくために役立つ方法などについてお伝えしてきました。

ゴールデンホホバオイルを上手く活用していくことで生活習慣や外部刺激などによって失われてしまった肌のバリア機能を取り戻しながら肌質を改善していくことができるようになります。

洗顔してもすぐに脂ギッシュな顔になってしまうような生粋のオイリー肌もバリア機能からしっかり整えていくことで肌質から改善可能になっているので色々なスキンケアを転々とするよりも一点集中して治すようにしていくといいですね。

Pocket

sponserlink