肌に塗る美容オイルは紫外線によるオイル焼けに注意!

オイル焼けって言葉しっていますか?肌に塗ったオイルが紫外線により酸化してしまい、様々な肌トラブルを引き起こす症状のことをオイル焼けといいます。

美容オイルとして肌に塗るためのオイルは皮膚への浸透性が高く、すっと肌になじむことから敏感肌でも使えるスキンケアとして注目をされています。

しかしこの保湿のためのオイルは夏の暑い時期には使い方に注意しないと、予想しない肌へのトラブルを誘発させる可能性がありますので、日中の肌のお手入れにもオイルを使うというなら一度ご覧になって欲しいです。

オイル焼けで起きる肌トラブル

オイル焼けで起きる肌トラブルとは、肌にくすみ・シミが残ってしまうこと。

オイルは強い紫外線を含む日光にさらされることで酸化し、夏の暑い直射熱によっても劣化してしまうのです。オイルそのものが劣化して使い古した揚げ物の油のようになってしまうのですね。

この酸化によりくすんだオイルが肌の組織内部に残ってしまうことで、今までなかったシミができたり、ぼんやりと肌がくすんでしまったりするのです。

浸透性が高く、肌にスッとなじむのが美容オイルの特徴ですが、浸透したオイルが酸化することで皮膚組織内に色素が沈着してしまいます。保湿としてはメリットがあっても、オイル焼けによる肌トラブルを招きやすいという点ではデメリットととなる要素もはらんでいます。

一般のオイルに日焼け止め効果はない!

Woman tying string of bikini. Isolated on white.

よく勘違いしがちなのが、美容オイルには紫外線を防ぐ効果があるという誤解です。

サンオイルと混合しがちですが、保湿を目的とした美容オイルには紫外線を防ぐUVカット成分は基本的に含まれていません。特に純度の高いオイルならばなおさらで、特別に紫外線を防ぐ効果は期待できないのです。

オイル焼けによるトラブルを防ぐために最も効果的なのは、保湿オイルケアをした後はきっちりと日焼け止めを塗ること。手間はかかりますが、総合的なシミ、くすみ対策をしていくうえでも欠かせない日焼け止めは使っていくようにしましょう。

オイル焼けしやすいオイル・紫外線に強いオイル

もう一つ、日焼け止めを塗る以外にも、酸化して劣化しやすいオイル、酸化しにくいオイルがあるので、夏の紫外線が強い時期には「酸化しにくいタイプのオイル」を使ってケアをしていくのが望ましいですね。

酸化しやすい注意すべきオイル

保湿力が高くて有名な、馬油は実は酸化して劣化しやすいという特徴があります。冬の乾燥に頼もしい馬油ですが、夏の紫外線が強い時期には使うのは夜寝る時だけにした方がよいです。

他にも健康油として有名になった亜麻仁油も劣化しやすいオイルです。亜麻仁油は健康食品などに使われることが多く、肌に塗るタイプが少ないのも、極めて酸化しやすいという特徴があるためと言われているのです。

亜麻仁油を肌に塗るという応用方法を紹介している情報サイトもありますが、紫外線の弱い秋冬の間にとどめておくのが無難であるといえますね。

酸化しにくいおすすめのオイル

一方で酸化しにくいオイルは、ある特徴があります。熱い直射日光にさらされている植物からとれるオイルは、紫外線による酸化に強く劣化しにくいのです。

  • ホホバオイル
  • オリーブオイル
  • アルガンオイル
  • ウチワサボテンオイル
  • 椿油

これらのオイルは乾燥に強いだけでなく、植物自らが強い紫外線から生体組織を守るための効果があります。

特にホホバオイルは紫外線に強く、劣化しにくいオイルとして季節を問わず使える美容オイルです。

純度の高いものを選ぶようにすること!

_1050717_2

オイルそのものが酸化しにくく、オイル焼けしないものを使っていても、オイルに含まれる不純物が原因で肌トラブルの原因になることもあります。

品質の悪いものですとオイル100%ではなく、添加剤が入っていたり他の種類のオイルが混ざっているものもありますね。こうした添加物が原因でオイル焼けを起こし、シミやくすみを引き起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

美容オイルを選ぶときには純度に注目して、余計なものが入っていないものを選ぶことを最優先にして選びましょう。

まとめ

美容オイルは保湿と肌のハリを保つのに効果的ですが、うっかりしてるとオイル焼けによって余分なシミを増やしてしまう可能性もあるということをまとめてきました。

紫外線対策さえしっかりとしていれば、朝からでも美容オイルを使っていって大丈夫ですが、オイルの種類によってオイル焼けしやすい、しにくいものがあるので日常的に美容オイルを使いたい人はオイルの特徴もよく考えて選ぶようにしましょう。

季節を問わず軽微な乾燥肌に悩まされている筆者は、お風呂上りでもしっとりとしてつっぱらない美容オイルが手放せません。夏でも顔を中心に美容オイルにはとても助かっていますが、オイル焼けしないために夏の間はホホバオイルを中心に使うようになりました。

選ぶときも純度の高いホホバオイルをしっかりと見て使うようにして、オイル焼け知らずの快適な美容オイルを使っていくようにしましょう。

ナチュラルオーケストラのホホバオイルの評価と本音の口コミ

2016.05.17
Pocket

sponserlink