ラウリン酸が含まれる石鹸は肌に悪い?噂の真相を調べてみた

ラウリン酸が配合されている石鹸なども色々と販売されていますが、使っている人の口コミなどを見ているとラウリン酸の石鹸を使っていると肌荒れを起こしたりするから肌に悪いといったような意見もでているようです。

ラウリン酸といえば免疫力を向上させることができる脂肪酸と言われているのに本当に肌に悪いなどということがあり得るのでしょうか。

成分について詳しく確認しながら肌への安全性を確かめて行こうと思います。

ラウリン酸の石鹸は肌に悪いのか

ラウリン酸はココナッツオイルにも含まれている脂肪酸の一種であり、基本的にはお肌や体内の免疫力を向上させる効果がある脂肪酸でもあります。

石鹸や洗剤、さらには化粧水などの原材料としても含まれることがあるものとなっていますが、ラウリン酸自体には全く肌に悪い影響を与えてしまう要素はありません

ただ、気をつけなければならないのは石鹸を使っているということですね。石鹸にはラウリン酸が入っていたとしても当然ながらそれ以外の様々な成分が複雑に絡み合って配合されているものとなっています。

ラウリン酸配合の石鹸!ということが大きく書かれているものを購入して使っていて肌荒れを起こしてしまうとラウリン酸が犯人のように感じてしまうかもしれませんが、その他の配合成分に原因があったという可能性についても考慮しなければいけません。

ラウリン酸そのものが持っている健康効果などについては別途まとめてありますので、より詳しい効果などを確認してみたい場合は以下より関連記事をチェックしてみてください。

ラウリン酸の持つ驚くべき効果とは?サプリで免疫力を改善

2016.06.22

ラウリン酸配合の石鹸に含まれる危険性のある成分とは

07c53108dba4800e73d78be168ce7fc6_s

ラウリン酸という脂肪酸自体肌に悪さをしてしまうような可能性は極めて低いものとなっているわけですが、石鹸に含まれるその他の成分が肌に悪い影響を与えてしまう恐れがあります。

基本的に石鹸はどれも安心かつ安全に使えるもので体に悪い影響を与えてしまうことなどないというのは夢物語でしかありません。

その理由となるキーワードになるのが「界面活性剤」となります。

界面活性剤というのは簡単にいうと本来は混ざらない物質同士を混ざり合わせて融和させるために使われる化学物質の一つとなります。

石鹸には大抵その界面活性剤が含まれているのですが、肌に触れると肌の表皮を外界の異物などから守っている皮脂なども取り除いてしまい、なおかつ界面活性剤自体が肌から体内へと侵入してくることもあると言われています。

肌が弱い人ほど界面活性剤による影響を受けやすいので、石鹸を選ぶ場合にはラウリン酸の有無よりも界面活性剤が含まれていないことを重視してみていく方がいいというのが現状です。

またラウリン酸が含まれている石鹸の中には界面活性剤が含まれていないものもあるので、選ぶならそういった石鹸を積極的に選ぶようにしていくのが理想的ですね。

ラウリン酸は肌に直接つけると美肌効果もあり

37ea7eae665105a5f041a570501c259e_s

ラウリン酸自体は植物由来の天然成分となっているので、低刺激でお肌には優しい成分でもあります。

優れた抗炎症作用や抗菌作用もあるので顔に使う洗顔石鹸として使っていくことで気になっているニキビや吹き出物の対策やアトピー性皮膚炎や乾燥肌なの改善に役立てることも可能となっています。

日中に外に出ている時間が長い人は紫外線などの影響を顔などに直接受けてしまうことになるので活性酸素が発生することからはだのバリア機能に大きな打撃を受けてしまいます。

そうなるとシミやシワ、くすみなどの肌トラブルが増える原因にもなるので悩ましいところですね。

ラウリン酸が配合された石鹸をよく泡立ててから肌の汚れを落としていくようにすると汚れた皮脂だけでなく肌の表面に発生している活性酸素を除去することも可能なので、肌トラブルの解消や予防として使っていくことも可能という強みもあります。

もちろんラウリン酸が含まれている石鹸ならどれでもいい!というわけではなく配合されている成分に肌への刺激になるものがはいっていないか?という点については自分にでパッケージの裏面などを購入前に確認してから使うようにしていく必要はあるので注意しましょう。

まとめ

今回はココナッツオイルなどに配合されている美容効果の高い脂肪酸としても話題になっているラウリン酸ですが、ラウリン酸配合の石鹸を使っていて肌荒れなどを起こしてしまったという意見や肌に悪いという噂も流れていたので誤解をしてしまうことがないように現状の正しい認識についてまとめてきました。

改めて簡単にまとめるとラウリン酸自体は無害であり、それどころか抗菌作用や抗炎症作用に優れた脂肪酸となっているので日常生活に積極的に取り入れていくべき脂肪酸であるということです。

そして気をつけるべきは界面活性剤が含まれている場合は敏感な肌の人は肌荒れなどを起こしてしまう可能性もあるということ。

ラウリン酸配合と書かれているだけで無条件に肌にいい石鹸であるというわけではないのできちんと原材料については確認してから購入するようにしていきましょう。

また、実際はラウリン酸は石鹸のようなもので直接肌につけるよりも、ココナッツオイルやサプリメントなどを活用して体の中には摂取したほうがより美肌効果は高くなると傾向にあるので、肌のトラブルが気になる場合はサプリメントからラウリン酸を導入するということも検討してみる価値があります。

VCOサプリの効果と本音の口コミ評価!セレブも使うサプリの実力

2016.06.15
Pocket

sponserlink