クナイプビオオイルを使った本音の口コミ評価!傷跡やシミには効く?

美容オイルの人気が広がってきて様々な企業が常に新商品を開発して世に送り出している状況が続いています。

全身の美容や顔などの敏感な部分にも使える美容オイルとしてクナイプビオオイルという商品が人気です。

あの大型口コミ掲示板のアットコスメでもでも高い評価を得ており、ボディマッサージ部門で1位を獲得した実績もあります。

気になっている人も多いと思いますので、実際にクナイプビオオイルを購入して使いながらユーザー目線にたった口コミ評価をしていきたいと思います。

クナイプビオオイルとはどんなオイル?

クナイプビオオイルはどのような特徴の美容オイルになっているのか細かくチェックしていきましょう。

クナイプビオオイルの用途と効果

クナイプビオオイルはどんな使いみちがあって、使うことによってどのような効果があるのかというところから見ていきましょう。

公式からも紹介されているようにクナイプビオオイルには以下のような効果があると言われています。

  • 完治した傷跡やニキビの跡をケアして薄くする
  • 完治した虫刺されの跡をケアして薄くする
  • 肌の乾燥を防ぐ保湿効果
  • 老化を防ぐアンチエイジング効果
  • 妊娠線の予防や対策

これらの効果をみてもわかるように、使う部位については特に制限がされていないオイルになっているので、顔でも手先でも腕でも足でもお腹でも自由に使っていけるものとなります。

ただし、髪の毛などのヘアケア用途での使い方は推奨されていないので顔と体のケアに使っていくオイルになります。

クナイプビオオイルの主要な成分について

P8160578_2

クナイプビオオイルには主成分として3つのオイルが配合されています。

  • サフラワー油
  • オリーブオイル
  • グレープフルーツ果皮油

サフラワー油というのは別名として紅花油と呼ばれているもので、紅花の種子から採取されて作られる油のことを言います。

一部ではサフラワー油はリノール酸が多いので体に悪い油であるなどと言われていることもあります。リノール酸はサラダ油などに含まれている脂肪酸と同じです。

しかし、リノール酸は食用油として摂取量が増えると体に良くないですが、摂取するのではなくスキンケアに使うと保湿や抗炎症作用がある脂肪酸になります。ベタつきにくいのに肌への浸透力も強いので美容オイルに使われることはよくあります。

オリーブオイルはご存知の通り健康的な食用油としても有名ですが、ビタミンEなどを豊富に含んでいることから非常に高い抗酸化作用があるオイルでもあります。肌細胞に行きわたったビタミンEは肌老化の原因となるシミやシワなどを抑えつつも乾燥を防いでくれます。

そしてクナイプビオオイル最大の特徴とも言える成分がグレープフルーツ果皮油です。その名の通りグレープフルーツの果実の皮から採取することができる油になります。

クナイプビオオイルの香りのもとになっているだけでなく、肌のターンオーバーの乱れを整えてくれるという重要な効果を持ち合わせています。

年齢が上がってくるごとにターンオーバーの周期が変化したり乱れやすくなると言われています。ターンオーバーの乱れは肌の生まれ変わりのタイミングが乱れるということなので、肌のバリア機能が損なわれて皮膚が炎症を起こしたり弱くなってしまう原因にもなります。

クナイプビオオイルに配合されるグレープフルーツ果皮油を有効的に使うことによって乱れがちな肌のターンオーバー正常な状態へと導くことがでいるのできめ細やかで弾力性のある肌を作っていくことができるようになります。

クナイプビオオイルを使ってみた口コミ

クナイプビオオイルを購入してみたので実際に使ってみた正気な意見をひとつの口コミとしてお伝えしていきます。

ニオイについて

P8160583_2

クナイプビオオイルはフタを開けた瞬間に酸味のあるような柑橘系の香りが漂ってきます。

この香りは先程配合されている成分のところで解説した通りグレープフルーツ果皮油によるものとなります。

そこまでキツすぎるニオイでもないのでほんのり香る柑橘系の香りに癒やされます。グレープフルーツの香りが苦手だという人以外は問題なく使っていけるでしょう。

ベタつきや触り心地について

P8160584_2

ボディオイルはベタつきがあると塗った後にきになってしまいますし、洗おうとしてもなかなかベタつきが落ちなかっりするので塗るのがだんだん嫌になることもありますよね。

クナイプビオオイルについてはベタつきもなくサラサラした塗り心地になっています。もちろんオイルなので塗った瞬間はある程度オイリーな感じはしますが、時間が経てばサラサラしてきて気にならなくなります。

特に洗い流さなくても服をそのまま着ることができるので、お出かけ前やお風呂あがりなどのスキンケアにも使っていけます。

塗った後の変化は?

塗った後は肌のしっとり感だけが残るような印象で潤いが長時間キープされます。

主に肌が乾燥してしまうことが多いお風呂から上がった後のスキンケアに使うと風呂上がりの急激な乾燥から肌を守ることができるところが気に入っています。

傷跡やシミは治るか?というと流石に1週間やそこら使った程度で消えることはありませんでした。ただ、傷跡については何となく少し薄くなってきたかな?と感じる程度です。

短期間で傷やシミの改善といった効果はあまり期待できませんが、乾燥を防いで保湿をするという効果はあるので長く使いながらスキンケアを行うといった使い方が丁度いいのかもしれません。

注意点やデメリットについて

パッケージにも書いてある通りあくまでも「完治した傷跡」や「完治したニキビ後」のケアに使うことはできますが、現在進行形で炎症が起きて荒れている部分に塗ると少し染みる感じがするので、赤くなったり炎症を起こしている部分には使用しないほうがいいです。

現在の肌荒れによる炎症やニキビなどのケアにオイルを使いたいなら、スキンケア効果と同時に傷の修復作用もあるホホバオイルなどを使ったほうが効果が期待できます。

価格は適正か

P8160581_2

価格については100mlのボトルで税込み1,944円となっています。スキンケアオイルとしてはそこまで高くない部類に入るので初めてのオイルケアやボディマッサージに選ぶのには適しています。

私はLOFTで売っていたので購入してみましたが、Amazonなどのネット通販でも同じ価格で購入うすることができます。

少量で試してみたい場合は20mlで540円のボトルも売っているのでそちらから試してみて肌に合うか確かめてみるのもいいでしょう。

この記事のまとめ

今回は話題の美容オイル「クナイプビオオイル」の特徴と、実際に使ってみた口コミをご紹介してきました。

価格もお手頃なのでいままであまり肌に気を使ってこなかった人が最初に使う美容オイルとしては買ってみる価値があると思います。

ただし、既にいくつかの美容オイルを試してきた人からすると、その効果や成分に物足りなさを感じてしまうこともあるかもしれません。

もっと真剣に乾燥肌や敏感肌などを肌質から改善していきたいという場合はホホバオイル・マカダミアナッツオイル・アルガンオイルを同時に配合したピュアセラ美容オイルなどを使うという手段もあります。

自分の目的に合わせた美容オイル選びをしていきながら理想的な肌を手にい入れるようにしていくのがいいですね。

Pocket

sponserlink