季節の変わり目のスキンケアは商品が自動的に切り替わるものが便利

季節の変わり目になると肌荒れしたり乾燥したりと、なんだかいつもより肌の調子が狂っちゃうなと感じることってあるのではないでしょうか。それもそのはず、気温や湿度、紫外線の量などの変化が起きやすい季節の変わり目は、肌にとってデリケートな時期だからです。

特に肌が衰えて弱っている状態では、季節の変わり目に起きる環境の変化に肌が追いつけず、普段よりも余計に肌が乾燥しやすかったり、肌が荒れてしまったりということが起きやすくなるといえます。そんな季節の変わり目の中でも、特に変化の厳しい春と秋は注意が必要です。

この記事では、そんな季節の変わり目のスキンケアの重要性と効果的な対策について紹介します。

季節の変わり目に役立つスキンケア化粧水を先にチェックしたい場合は、こちらのリンクから進んでください。
季節の変わり目に役立つスキンケアを先に確認する。

季節の変わり目は肌荒れや乾燥肌の危険が高まる!

季節の変わり目は周囲環境の変化が大きく、特に春と秋は、私たち人間にとって負担の大きい変化を伴うことが多いですよね。花粉症や体のだるさなどいろんな体調の変化を伴うこともありますし、乾燥肌や肌荒れなど、肌に対して何らかの影響があっても不思議ではないですよね。具体的にみていきましょう。

春以降は気温上昇と紫外線量に要注意!

春から夏は気温と湿度の上昇、そして紫外線量が増えるシーズン。スキンケアの観点では、紫外線対策は年間を通じて行うべきですが、特に紫外線量が一気に増えはじめる春は、よりしっかりとした紫外線ケアを心がける必要があります。紫外線量が一番少ないのは冬ですが、春先の3月以降は数倍にもなるといわれており、その後、夏に最大になります。

春以降のスキンケアでは、紫外線による肌への影響を一番に考える必要あります。紫外線は、肌を黒くするだけでなく乾燥や肌荒れなど、角層や場合によっては真皮層にまで影響を与えるからです。日焼けで赤くなったり皮が剥けると、肌の新陳代謝の乱れやバリア機能の低下などを招くことになり、乾燥や肌荒れにもつながりやすいです。また、真皮層にまで届くといわれる紫外線のA波(UV-A)は、コラーゲンやエラスチンを減少させシミやシワなどの肌トラブルの危険を高めるでしょう。いわゆる光老化ですね。

気温と湿度の上昇によって、つい薄着で外出したくなりますが、その分紫外線対策はしっかりとやっておく必要が出てくるでしょう。また、エアコンの冷房や除湿のし過ぎによる体の冷えも、乾燥肌や肌荒れの原因となるので注意が必要ですね。

秋以降は乾燥肌のリスクが爆発しやすい

紫外線の量としては、秋は夏の半分程度にまで減少するといわれていますが、ゼロではないのでまだまだ紫外線対策の手を抜くべきではありません。しかし、秋以降は肌の乾燥や肌荒れが一気に進みやすくなるので、やはり肌の保湿に重点を置きたいところです。

秋までに酷使してバリア機能が低下して弱った肌は、肌から水分を逃してしまいやすくなっています。これに加えて秋以降は、空気が乾燥しているので乾燥肌を爆発的に進めてしまう可能性があるわけですね。また、さっきも触れたように気温の低下による血行不良からくる乾燥肌や肌荒れにも気を配る必要があるでしょう。

このように季節の変わり目では、紫外線の量や湿度の低下など、さまざまな環境の変化に合わせたスキンケアが必要になってきます。

季節の変わり目 紫外線 乾燥肌

季節の変わりのスキンケアに役立つ化粧水・クリームをチェックする。

季節の変わり目にピッタリのスキンケア化粧水選び

季節の変わり目のスキンケアは状況に合わせたスキンケアをすることが大切です。ここでは、そんなスキンケア化粧水などを選ぶときポイントをまとめます。

春以降は紫外線ケアと使用感にも重点を

春以降のスキンケアでは、紫外線の影響から肌を守ることに重点をおいたスキンケア化粧水やクリームを中心に選びます。UVクリームなどによく使われる紫外線吸収剤や紫外線拡散剤などの成分は、肌への刺激が気になりますので化粧水やクリームの配合成分には注意も必要です。また、お出かけで紫外線を完全に防ぐことはできないことを考えると、紫外線による肌のターンオーバーの乱れ、メラニンの生成や黒化などを抑える働きをするスキンケア化粧水が役立ちます。

空気の乾燥がやわらぐ春といっても、保湿をしなくていいわけではありません。かといって、保湿を重視し過ぎてべたつきが強かったり、肌表面にまとわりつくような使用感のスキンケア化粧水やクリームは、春以降の季節には使いにくいことが多いので、春や夏でもサッパリと使い心地のいいものを選ぶことも重要になってくるでしょう。

秋以降は抜群の保湿と光老化も防ぎたい

秋以降は、化粧水やクリームの保湿に重点を置いたスキンケアが中心になります。しっかりと保湿ができると肌の保護機能の回復や強化に役立ちます。高保湿の化粧水やクリームは、とろみの強いテクスチャーのものが多いのでつけた感触が重くなる面もありますが、これは保湿に欠かせない成分の配合量とも関係しています。

実際の使用感では、春や夏に使う場合と比べて気にならないことも多いので、思い込みで選択肢から外してしまうというのはちょっともったいない気はしますね。

春以降でたっぷり蓄えてしまった光老化の要素は、放置すると秋以降で一気に進んでしまうケースも少なくないので、秋はそれまでに弱った肌をしっかりケアするにも重要なタイミングですよ。

季節に合わせて商品が自動的に切り替わると便利

このように季節の変わり目のスキンケアでは、肌のトラブルになりやすい状態に合わせた選び方が重要です。でも、季節の変わり目に合わせて、その都度あっちこっちの商品に切り替えるというのも面倒だったりするので、化粧品メーカーのサービスとして、季節の変わり目の肌状態に合わせて自分の都合や好みで組み合わせたり、自動的に切り替えてくれる仕組みがあるととても便利ですよ。

まとめ

さて今回の記事では、季節の変わり目に多い乾燥肌や肌荒れに合わせたスキンケアについてまとめました。最後にもう一度、ポイントをおさらいしておきましょう。

季節の変わり目の肌荒れ乾燥ケアのポイント

  • 春以降は適度な保湿、徹底的な紫外線ケアに重点をおきましょう。
  • 秋以降はたっぷり高保湿、光老化などのエイジングケアにも注力。
  • スキンケアアイテムを季節の変わり目に合わせて組み合わせたり、切り替えたりが簡単にできるサービスがあると便利。

これらのポイントを意識したスキンケア化粧水やクリームを活用して、季節の変化に負けない美肌作りを目指していきましょう。

紫外線ケア スキンケア化粧水
▲▲ 徹底的な紫外線ケアに着目したスキンケア化粧水とクリームはこちら ▲▲

 

季節の変わり目 スキンケア 保湿とエイジング
▲▲ たっぷり高保湿とエイジングケアに着目したスキンケア化粧水とクリームはこちら ▲▲

 

Pocket

sponserlink