DHA・EPAサプリ「きなり」の効果と本音の口コミ評価

DHA・EPAサプリとして今最も人気があり、モンドセレクションの最高金賞も受賞となった「きなり」は実際のところどうなの?というところはやはり気になるところですね。

いくら人気のサプリであっても本当に効果があるかどうかは使ってみないとわからない部分も多いです。

DHA・EPAサプリ「きなり」がなぜここまで愛用者も多く、人気を維持することができているのか。
実際に使いながらその特徴や効果などについて確認してみました。

きなり開発者さくらの森のサイトはこちら

青魚の成分が圧倒的に不足している現状を「きなり」で解消できる?

7a1e564a95a8078f937ca707ef798afd_s

とくに最近の日本人の食生活は食生活が欧米化してきているということもあり、青魚などを食べる機会はよほどの魚好きでもない限りは減ってきているのではないでしょうか。

健康的で活力溢れる生活を送っていくために1日に必要とされるDHA・EPAは1,000mgと言われていますが、現状だと10代から70代以上に至るまでどの年代でも必要量まで達していないと言われています。

魚を食べるくらいだったら美味しい肉とか揚げ物を食べたい!という気持ちが強くなっている部分も多いでしょうが、このままでは食生活の乱れが原因で様々な体調不良を引き起こしてしまうリスクのほうが高くなりかねません。

DHA・EPAの配合量と他社との違い

圧倒的に不足しがちなDHA・EPAですが、きなり1日分である4粒の中に500mgが配合されています。
1日に本来目指すべき摂取量である1000mgの約半分をきなりだけで補うことができるようになっています。

他社比較をしてもこれだけDHA・EPAを多く配合しているサプリは他にはありません。

他のDHA・EPAサプリなどを見ても4粒で125mg程度だったり、多くても300mgくらいになっているなか500mgまで配合させることができているのは量的メリットも大きいといえます。

ただ量が多ければ多いほどいいのか?というとそうではない部分もありますが、少なくとも摂取量目安である1000mgのDHA・EPAを目指すためにはこれくらいに多くの成分が含まれているほうが望ましいのは確かですね。

酸化させないためのクリルオイルとは

スクリーンショット 2016-03-24 22.02.54

一般的な魚油であってもDHA・EPAを摂取すること自体は可能ですが、その成分の持つ本当の力を発揮させるためには酸化させないで体内に行き渡らせる必要性があります。

それが本当に難しいことで、魚を普通に食べたりしていても摂取目安のDHA・EPAを取り入れることができたとしても、本当にその成分の持つ効果を発揮させることができない場合も多いのが現状です。

きなりでは酸化の問題を解消するために最適なオイルである「クリルオイル」という成分が含まれています。

クリルオイルは南極オキアミから抽出される希少性の高い健康オイルの一種です。南極オキアミは非常に小さいエビのような外見をした生物ですが、実際はプランクトンの仲間となります。
そんなクリルオイルの中に含まれているアスタキサンチンという成分がDHA・EPAが体内に入ってから酸化してしまう問題を防いでくれるので新鮮なままの状態で体の隅々まで成分を届ける事が可能となります。

クリルオイルに含まれるアスタキサンチンが素材の健康力を引き出す

クリルオイルの中にはアスタキサンチンという栄養素が含まれているのですが、トマトやニンジン、などに含まれているカロテノイドの仲間でもあります。

そのため、きなりのクリルオイルも色としては真っ赤になっているのです。
普通のDHA・EPAのだけでは水に混ざりにくいという性質があるので、摂取しても体内にうまく浸透しにくいという問題がありました。

しかしクリルオイルのアスタキサンチンの影響でDHA・EPAが素早く水に溶けていくようになるので体への浸透率も高いものとなっています。

抗酸化力も強いので体の内側から若返らせて疲れにくい体質に変えていくことが可能です。

きなりのナットウキナーゼで血液をサラサラに

c8ec0b01db118d38ec7e3c231a25e032_s

きなりはDHA・EPAの配合量が多いというところも一つの特徴ですが、それに加えてもう一つ大きな特徴となっているのがナットウキナーゼの存在です。

納豆のネバネバした成分には血液をサラサラにするために必要な酵素がたっぷりと詰まっています。

古くからの日本人は日本食として青魚や納豆、味噌汁などを毎日のように食べていたからこそ健康的でしたが、今は決してそういった食生活にはならないですよね。

きなりには青魚成分でもあるDHA・EPAはもちろん、もう一つ不足しがちな納豆成分のナットウキナーゼが含まれているのでDHA・EPAとの相乗効果もあって汚れがちな血液をサラサラな状態に変えていくことが可能です。

日本食は元来低カロリーなのに健康に良い栄養素が満点ですが、そのいい部分をサプリメントにギュッと詰め込んだというのがきなりのイメージになります。

きなりを実際に使ってみた口コミ評価

_1040446

ということで、実際にこちらでもきなりのサプリメントを実際に取り寄せて使ってみました。
使っている中で何を感じたのか、その特徴や効果などについて本音でお伝えしていきます。

気になるニオイはどうだった?

_1040452

青魚のDHA・EPAサプリメントとなると気になるのはやはりニオイですよね。
あんまり青臭かったりすると飲むときに袋を開けるのすら億劫になることもありますから・・・。

まず私が初めてきなりを手にして開封した時に「あ、これは全く臭くないやつだ」とすぐにわかりました。
サプリメントの色がオレンジ色になっているのはニオイの対策としてオレンジを使っているからです。

よーくニオイを嗅ごうとすればわずかに魚のエサのような青臭いニオイもしますが、サプリメントとして普通に飲む分には全く差し支えのないレベルです。

口に入れて味はする?

ニオイもそうですが、味はどうなのか。サプリメントですからカプセルに包まれているといこともあって、味は全くしませんでした。

噛み潰せばおそらく味もするのでしょうが、普通に飲む分にはそこまですることはまずありえないですよね。

これであれば魚が本当に苦手で、ニオイも味も大嫌い!という人であっても全く問題なく飲むことができるのではないでしょうか。

1ヶ月飲み続けて何か変わった?

_1040453

飲んですぐに効果を実感できるかというとそうではありませんが、忘れないように継続して飲んでいるうちに幾つか健康的に嬉しいメリットも出てきました。

これまでなんとなくモヤモヤした気分になって頭が冴えない事が多かったり、集中力が持続しないことがあったのですが、きなりを飲みだしてから自然にそういった症状もなくなってきています。

何というか、常に体調が良くて嬉しくなってしまうような感じですね。

大体朝起きた時に頭とか体が重くなっていると、その日1日中体調が良くないままという日が多かったのですが、きなりを飲んでいると朝起きた時点で目覚めもよくて頭が冴え渡っている印象です。

夕方から夜になっても冴えた状態がずっと継続しているので仕事なども捗りますし、趣味に費やす時間も増えて嬉しいことづく目です。

1ヶ月の段階だとそれ以上の肌や体重の変化などは見られませんでしたが、半年ほど継続している人からはさらに多くの効果についての意見が出てきています。

5ヶ月以上愛用した場合に実感できる効果とは?

気分スッキリ、とか集中力が高まるといった見えない部分の効果は比較的早い段階で実感できましたが、5ヶ月とか半年ほど継続していると以下の様な効果も見られるようです。

  • 肌が綺麗になって化粧のノリがよくなる
  • 自然と体重も落ちてスラっとした体型に変わった
  • 中性脂肪の数値が減少して健康診断に引っかからなくなった

などなど。

なにもしないで黙っていると加齢の影響などで代謝も落ちてしまうので肌は老化してシミやシワが増えやすくなり、中性脂肪が増えて肥満体型になる傾向が強くなります。

毎日の健康維持としてこのサプリを飲むことを習慣づけることでこのような健康メリットも得られるようになるとなると、なかなか嬉しい部分も多いのではないでしょうか。

「きなり」の価格と総合評価

_1040454

そんなに効果的なサプリなのであれば、やはり価格も高いのでは・・・?という不安もあるでしょうが、きなりは良心的な価格設定になっています。

公式ページからであれば現在キャンペーンによる特別割引価格となっており、通常価格5,695円のところが3,790円となっています。

1,905円分の割引で送料も無料となっているのでとりあえず試してみる分にはかなり手の届きやすい価格帯になっていますね。

さらに3ヶ月ごとにお届けのコースというものも用意されているのですが、この場合は通常17,085円のところが11,370円まで割引となるので、一番お得な購入方法となっています。

価格面でいうともう少し安いDHA・EPAサプリメントは他にもありますが、抗酸化成分などもきちんと含まれている点や、そもそものDHA・EPAの配合量が多いというメリットを考慮すると選んでおいて間違いのないサプリメントに仕上がっているといえます。

 

 

Pocket

sponserlink