老化や病気の原因になる「活性酸素」の対策に使えるオイルとは?

老化や様々な病気などの体調不良を引き起こす原因になると言われる活性酸素(ヒドロキシラジカル)は強すぎる酸化力が原因となって体内の細胞にダメージを与えてしまう害悪になるということが最近では広く認知されてきています。

そのためそんな活性酸素を除去したりできる抗酸化力のある成分などが今多くの人に求められています。

近年の健康ブームで特に人気の健康オイルの中にもそんな活性酸素の対策として使っていくことができるものが幾つか存在しています。

活性酸素の対策として使えるオイルとは?

それでは健康油として話題のオイルの中でも比較的手軽に入手することができるものを中心に、活性酸素対策で使えるものをいくつかピックアップしてご紹介していきます。

肝機能の向上にも効果があるごま油

_1050141_2

サラダ油のようにリノール酸を多く含んでいる油は不健康な油であることが多いですが、例外でもあるのがごま油です。

ごま油は熱に強くて酸化しにくいという特性がある油でもあるので、サラダ油の代わりに代用して炒めものや揚げ物などを作る際に使っていくことも可能な油となっています。

なぜそのごま油に活性酸素を除去する抗酸化力があるのかというと、ごまに含まれる「セサミン」という成分を摂取することができるというところが最大の理由となります。

セサミンはその優れたアンチエイジング効果によって単独のサプリメントなども多数販売されていますし、DHA・EPAサプリメントなどに配合されている一つの成分として含まれることもよくあります。

ごま油を選ぶ際の注意点
ごま油には焙煎してから抽出するものと、生のまま圧搾されているものがあります。焙煎ごま油は茶色でごま特有の風味があり、生搾りは透明で香りほとんどなく無臭となっています。

セサミンなどが含まれることで健康にいいとされるごま油ですが、リノール酸を含んでいることに違いはないので、加熱をすると「ヒドロ」が発生します。

焙煎したものの方がヒドロの発生量が多くなりがちということから、できるだけ透明な生搾りのごま油を選ぶようにしたほうが健康メリットは多くなります。

ごま油はセサミン以外にもリグナンという成分が含まれていますが、これもまた活性酸素を除去するという効果があるものとなっています。

とくに肝臓周りの細胞が傷つくのを未然に防いでくれる作用なども期待できるので肝機能を高めたいという場合は透明なごま油を取り入れる価値があります。

からだの細胞を守るオリーブオイル

_1040346

活性酸素は大気汚染や紫外線、電磁波、日頃のストレスやアルコールなどあらゆる原因によって体内に発生して細胞を錆びつかせるようになってきます。

そんな活性酸素を発生しないように抑制しながら細胞を守ってくれる作用があるといわれているのがオリーブオイルです。

オリーブオイルには特に抗酸化作用が強いと言われるポリフェノールが豊富に含まれているという特徴があり、悪玉コレステロールを抑えてくれるオレイン酸がその成分の約8割を占めているというところも特徴的です。

なんと、リノール酸については成分全体からみた含有量が10%以下に抑えられているので非常に健康的で安心して使っていける油でもあります。

加熱処理にも向いていますし、日頃から炒め物などを作るときに使う油として重宝することになります。

オリーブオイルを選ぶ際の注意点
オリーブオイルにも色々と種類があるのですが、活性酸素の対策をするという目的で使っていくのであれば普通のオリーブオイルではなく「エクストラヴァージン・オリーブオイル」を選ぶようにしていくほうが効果的です。

安い価格のオリーブオイルだと、傷んだ実や搾りかすなどから生産されていることもありますし、高熱処理を施すことで生産されている粗悪な商品も多いのが現状です。

それだとせっかく活性酸素の対策をして老化や病気を予防していくために使っていても、その期待している効果を得られなくなります。

よく売られている「ピュア・オリーブオイル」については普通のオリーブオイルに少量のエクストラヴァージンオリーブオイルを混ぜたものであって、全くもって「ピュア」でも何でもないので注意が必要です。

抗ストレス作用に優れたこめ油

pixta_18491298_S

こめ油もごま油と同様に例外的に健康油に入るサラダ油の一種です。
加熱に強いので揚げ物などを作るときにも使っていく事ができるようになっています。

米油は米ぬかから抽出されている油であって、植物油としては唯一ガンマオリザノールという成分を含んでいるものでもあります。

ガンマオリザノールというのは特に抗ストレス作用が強い成分でもあり、女性によくある更年期障害やうつ病などの症状を緩和してくれるものでもあります。

もちろん、酸化を抑制する力も強いので、天然の酸化防止剤として化粧品などに含まれることもよくあります。

また、米油には食物繊維も多く含まれているのでコレステロール値を下げる効果も期待できるようになっています。

こめ油を選ぶ際の注意点
健康作用の多いこめ油ですが、その成分の約30%以上はリノール酸となっています。

つまり200℃を超える高温で加熱をして調理するとどうしてもヒドロの発生を抑えられなくなります。

そのため、活性酸素の対策や健康目的でこめ油を購入する場合は100℃の蒸気のみで生成したスチームリファイニング製法で作られた上質なこめ油を選ぶようにしていきましょう。

まとめ

今回は活性酸素対策として使っていくことができる健康オイルということで、ごま油、オリーブオイル、米油を紹介してきました。

どれをそれぞれ選ぶ際の注意点があるので、安いからといって適当に選んでしまうことがないように注意が必要です。

しかし、どれも高い抗酸化作用があるオイルで、なおかつ揚げ物や炒め物、煮物など汎用的に料理に使える万能な油でもあります。

どれか一つはお気に入りの油を見つけて、キッチンに置いておくようにするのが理想的ですね。

Pocket

sponserlink