顔の脂が多い体質が気になる!今すぐすべき対策方法とは

顔の脂が多いと洗ったり拭いたりしてもすぐにまた脂がでてきてしまうなどいちいち対処するのが面倒ですし、何かと気になりますよね。

顔の脂が少ない人は特に意識して脂をとったりしなくても常に脂が少なくて綺麗な肌をしていたりするものですが、体質的に脂が多い人は表面的な対策をしてもしても結局イタチごっこのような形になってしまうことが多いので大変です。

顔の脂が多いのはなぜか?

こういう悩みはまず原因からしっかりと見つめ直していくことが改善への近道だったりするものです。
まずはなぜ顔の脂が多いのかその原因について解説していきます。

皮脂の分泌量が異常に多い

顔の皮脂が一般的な人よりも多く分泌されるようになっているといわゆるオイリーな肌になりやすい傾向にあります。

皮脂というものは本来は肌の健康を維持するために欠かせない存在でもあるので、ある程度は分泌される必要があるのですが、何らかの原因によってその分泌量が異常に多くなっていると顔の脂が多くなってベタベタし始めたり、テカっているような状態になってしまいます。

実は強制的に皮脂を落としてばかりいると肌のバリア機能が低下して防御力や免疫力が著しく落ちてしまうというデメリットもあります。

なので過剰に顔の皮脂が分泌されているとしても全て落としてしまうのは逆に乾燥肌や肌荒れ、ニキビなどを引き起こしてしまうリスクを高めてしまうということです。

ストレスが皮脂を増やすことも!

休日など自宅でリラックスしているような時はさほど顔の脂が多くはないのに、会社で忙しく働いている時などは顔に脂が大量にでてしまうというケースもあるでしょう。

実はストレスも顔の脂を増やす一つの原因になっています。

顔の脂は交感神経と副交感神経の働きと密接な関係があると言われており、日常生活を送るうえで感じているストレスがあまりにも多いようだと交感神経ばかりが活発に働くことから副交感神経の働きが低下することになります。

そしてその状態が長期間続いてしまうようだと自律神経のバランスが乱れるようになり、本来は不要な肌の脂が多量に分泌されてしまうなどの影響がでてくるようになります。

著者も以前完全にブラックなIT企業で働いていた時期があったのですが、毎日始発のJRに乗っては終電で帰ってくるというように忙しい上にストレスにまみれた生活を送っていました。

その影響を直接受けてか、トイレにいって鏡で自分の顔を見るたびに嫌気がするレベルで頬や鼻の頭、おでこなどが脂だらけになっていました。あまりにも気になって高級あぶらとり紙などを買いだめして使っていた苦い思い出があります。

食生活の乱れの影響で体内から脂が湧き出る!?

4303923a869f7b1403a193d18942acc1_s

油物の料理を頻繁に食べていたり、スナック菓子などのように油が使われているお菓子をよく食べたりしていると体内から脂が湧き出てくるようになる場合もあります。

特に料理の場合は質の悪い油を使って作っている料理ばかり食べていたりすると、油の量がそこまで多くなくても体内に不要な油を蓄積させてしまうことから顔がオイリーになってしまうというケースもあります。

ストレスなども顔の脂には影響がありますが、それと同じくらいに食べ物が顔の皮脂の分泌に与える影響も大きいということです。

一人暮らしをしている若い人は特に食生活が適当になってしまいがちなので少なくとも使う油を健康的な油に変えたり、偏った食生活を送るのは早いうちにやめるべきと言えますね。

顔の脂が多いという悩みを体質から改善するには?

ここまで顔の脂が多いという悩みを引き起こしている可能性のある原因についていくつかお伝えしてきましたが、では具体的にその悩みを改善していくためには何からはじめるべきなのかという点について解説していきます。

顔の脂を抑える作用のあるビタミンを摂取する

先ほど食生活の乱れが顔の脂の原因になるということについてお話しましたが、それは単純に油分の摂り過ぎというだけでなく皮脂を抑えるために必要なビタミンなどが不足しているということも大きく絡んできています。

ということはつまり顔の脂の異常な分泌を抑えてくれる作用のあるビタミンを摂取すれば症状を和らげることが可能ということです。

特に以下のビタミンなどの栄養素は顔の皮脂の分泌量を抑えてくれると言われています。

  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • ビタミンB6
  • コラーゲン
  • 食物繊維

できれば食事内容からこれらの成分を摂取していくのが理想的ではありますが、難しい場合はサプリメントなどを活用しながら上手にビタミンを摂取していくことで症状を早い段階で抑えることも可能です。

ストレスをためない生活を志す

055050182b2b7d250f09ec3175700cdd_s

ストレスを溜めてしまい、解消することもできないような生活を続けている限りは顔の脂が多いという悩みを改善するのは中々難しいものがあります。

逆に日中にストレスが溜まったとしても上手くそのストレスをその日のうちに解消して溜め込むことがないようにしていくことでホルモンバランスの乱れなどを解消することができるようになり、結果として顔の脂の量も適度に改善できるようになっていきます。

  1. 睡眠不足にならないように0時ごろには就寝する
  2. 負荷のかかる無理なスケジューリングは避ける
  3. 休日はエネルギッシュに体を動かしたりして体内からストレスを追い出す
  4. ストレスを発散させる作用のある栄養素などを積極的に摂る(GABAなどが効果的)

簡単なことなのに以外とできない人が多いのですが、しっかりと実践していけば着実に体質から変えていくことができるのでオイリーな顔の皮脂が気になる場合はこういった対処も取り入れていくといいでしょう。

まとめ

顔の脂が多いというのはかなり不快ですし、気になってしまって余計にストレスが溜まることもあります。

顔から脂がでたからあぶらとり紙で拭き取ろう!というようなその場かぎりの対策ではなく、今回のようにしっかりと根本的な原因から見直していくことで体質改善をしてくのが理想的と言えます。

少しづつできることから実践して理想の肌質を目指していきましょう。

Pocket

sponserlink