加熱処理に本当に向いている油は?おすすめできる油について

ソテーや炒めものなどを自宅で作るとなると油をひいて加熱処理を加えることになると思いますが、その時にどんな油を使っていますでしょうか。

食用に使うことがでいる一般的な油としてはオメガ3、オメガ6、オメガ9などに分類されるのですが、加熱処理を行って調理していく時に使うべき油となっているのはどのような油になっているのか気になるところですよね。

脂肪酸のバランスを考えて加熱処理に使っていきたい油

まずは美味しさだけはでなく、身体にいいということも加味して加熱処理で使う際におすすめできる油とおすすめできない油などについてまとめていこうと思います。

オメガ6系脂肪酸は熱に強いけど・・・

P1040221_2

最も一般家庭で加熱処理の際に使う油として普及しているのはやはりオメガ6系脂肪酸の油となっています。

オメガ6系脂肪酸としはサラダ油やコーン油、ごま油やなどが分類されていますので、どれかは過程のキッチンに置いてあるのではないでしょうか。

しかしながら健康について敏感な人であればご存知かもしれませんが、これらのオメガ6系脂肪酸は食用油だけではなく加工食品やお菓子類などにも含まれていることが非常に多くなっておりどうしても過剰摂取し易い傾向にあるものです。

そしてオメガ6系脂肪酸を過剰摂取してしまう状況が続いているとアレルギーを起こしたり、皮膚の炎症や肥満などといったように体調不良の原因となってしまうようになっています。

さらに、それだけではなく悪玉コレステロールが増加してくると心臓付近にも中性脂肪などが貯まりやすくなるので心疾患などが将来的におこるリスクも高まります。

オメガ6系脂肪酸の油は基本的に熱には強く酸化しにくいというメリットがあるので、加熱処理にいは向いている側面もあるのですが、健康のことを第一に考えるのであればオメガ6系脂肪酸の油は使わないようにして、別の油を使っていくのが本来は理想的であるのです。

オメガ3系脂肪酸は健康的で摂取すべきであるも熱に弱い

sunflower seeds and oil

sunflower seeds and oil

オメガ6系脂肪酸の油を使うべきではないというのであれば、どの油を使っていくべきなの?というところで健康にもいいということで知られるオメガ3系脂肪酸が次に候補に上がってくるのではないでしょうか。

オメガ3系脂肪酸を含んでいる食用油としては亜麻仁油、えごま油、チアシードオイル、魚油などがあります。

どれも非常に健康的なので毎日できるだけ摂取していきたい油といってもいいくらいのものでもあります。

しかしながら、えごま油や亜麻仁油などに含まれているオメガ3系脂肪酸のαリノレン酸は、健康に良いということに違いはないものの「熱には弱い」という特性があるので加熱処理を加えることによって脂肪酸のバランスが崩れてしまう恐れがあります。

そのために実は炒めものなど加熱処理に使う油としてはえごま油や亜麻仁油などのオメガ3系脂肪酸は向いていないということになっています。

オメガ3系脂肪酸はできれば摂取してきたい油でもあるのですが、酸化しやすくて不安定な性質もあるのです。

熱に強く健康にもいいオメガ9系脂肪酸

Olive fruit in spoon with oil background close up

Olive fruit in spoon with oil background close up

オイルブームの中でオメガ3やオメガ6ばかりが話題になりがちですが、実はオメガ9系脂肪酸が熱に強くて加熱処理にも向いていてなおかつ健康にも良い油となっています。

オメガ系脂肪酸を含んでいる油には多量のオレイン酸が含まれているのですが、そのオレイン酸は融点が高いという特性があるために酸化しにくくて加熱処理をするのにぴったりです。

オメガ9系脂肪酸の油に分類されている食用油として有名なのはオリーブオイルがやはり代表的といえますね。

その他にもサラダ油などに近い風味を有しているこめ油や菜種油、紅花油なども同様にオメガ9系脂肪酸の油となっています。

紅花油については本来はオメガ6系に近くなっていて、リノール酸が多めぬ含まれている油でもあるのですが、オレイン酸の方が多くなるように品種改良されている「ハイオレイックタイプ」というものも存在しています。

オメガ9系の油にもこのようにたくさんの種類があるので、この中でどれにしようか・・・?と迷ってしまうかもしれませんがその場合は比較的どこでもすぐに手に入れることができるオリーブオイルを選ぶようにするのがおすすめです。

オリーブオイルの中でも得に選びたい種類とは

オリーブオイルはオメガ6系脂肪酸の油と比べると当然どれでも健康的であると言えますが、その中でも特に一つ上のランクのオイルがあります。

オリーブの果実から低温圧搾して作られているエクストラヴァージンオリーブオイルがそれにあたります。

値段については普通のオリーブオイルよりも割高になりますが、加熱処理に使っていくとさらに美味しく更に健康的になるのでおすすめです。

まとめ

今回は加熱処理に向いている油ということでオリーブオイルを推薦させていただくという形になりました。

普段から野菜炒めなどを作るときにサラダ油を使っていたというような場合は、ぜひ今後はオリーブオイルを使うようにしていくといいでしょう。

揚げ物に関してもオリーブオイルで問題なく調理していくことが可能ですし、新鮮な風味を楽しむこともできるようになっています。

Pocket

sponserlink