さば缶やイワシ缶などの缶詰でDHA・EPAは補える?

さば缶やイワシ缶などの缶詰を購入すれば安いのにDHA・EPAが入っているということもあって、魚を遠ざける調理の面倒さと骨とりの面倒さを回避することができるので魅力的ですね。

缶詰だとスーパーなどで100円前後で購入できますし、それでも1食分と考えれば十分な量が入っているので経済的です。

魚を遠ざけがちな現状と缶詰の存在

7a1e564a95a8078f937ca707ef798afd_s

DHA・EPAの健康への重要性に気づいて魚もしっかり食べないといけないということに意識し始めているけれど、どうも魚は調理が面倒だし、骨をいちいち取らないといけないから食べることすら面倒で・・・といった具合で遠ざけてしまっている人も少なく無いと思います。

今の世の中食べるものはスーパーやコンビニにいけばいくらでもてにはいりますので肉料理や加工食品ばかり食べていれば魚を食べないままで過ごすこともできてしまいます。

しかしそれだと、将来的に魚を食べなかったことによって必要とされるDHA・EPAが体内に足りない!ということが原因で体調不良や体力の低下、老化などを早めてしまうことになりかねません。

そんな時にこそ面倒な調理も骨取りも不要なさば缶やイワシ缶などのような缶詰を購入して使ってみようかな!という考えになってくるのではないでしょうか。

さば缶やイワシ缶でDHA・EPAは十分補える?メーカーごとにチェック

実際にスーパーで売っていたサバ缶とイワシ缶などの缶詰の中でもあまり高額ではなくて手に取りやすい価格帯のものを幾つか実際に購入してきました。

はごろもフーズさばで健康(味付)160g

_1050673_2
_1050674_2

缶詰などの食品を販売している大手食品メーカーのはごろもフーズからもさば缶が販売されています。

味付きの160gのほうは1缶あたりDHAは1,328mg、EPAは384mg配合となっています。

_1050675_2

ちなみに液汁も含んでの配合量となっているんで、中身のサバだけでなく汁もきちんと飲み干した場合に得られるものとなっています。

味付きは味噌煮となっているのでその分だけカロリーも増えており、1缶で246kcalとなっています。

DHA・EPAだけでなく不足しがちなカルシウムも1kなで240mg取れるのは嬉しいところですね。

はごろもフーズさばで健康(水煮)160g

_1050690_2
_1050691_2
同じくはごろもフーズから販売されているさば缶には水煮バージョンもあります。
味噌煮よりもサラッとした味付けで薄味が好みの人にとっては食べやすい仕上がりになっています。

_1050692_2

1缶あたりに配合されているDHAは1,104mg、EPAはは480mg、カルシウムは432mgとなっています。

同じはごろもフーズの味付版と比べるとDHAのみ少し少ないですが、EPAやカルシウムのほうはこちらの方が多くなっていますね。

またカロリーは水煮のほうが低くなっており、1缶で198kcalとなっています。

ダイエットに使っていきたいという場合は味付きよりも水煮の方を選んだほうが良さそうですね。

HOKOさばみそ煮

_1050676_2
_1050677_2

レトルト食品や缶詰食品、フリーズトライ食品などを幅広く取り扱う食品メーカーのHOKO(株式会社宝幸)より販売されているさば味噌煮を購入してみました。

青森県の八戸港で水揚げされた生の原料を使っているということで品質は高そうですが、残念ながらこちらはDHA・EPAがどれくらい入っているかどうか公開されていませんでした。

_1050678_2

公開されていないということは察するにあまりDHA・EPAの含有量を売りにしているということではないということでもあるんで、他の缶詰よりも多く含まれているということはないでしょう。

味としては味噌の味が濃くてなかなか食べやすい仕上がりにはなっていましたが、DHA・EPAなどの健康作用を期待して使うのは避けたほうが無難です。

マルハ あけぼの いわしみそ煮 EOKR 150g

_1050679_2
_1050680_2
缶詰、冷凍商品、レトルト食品や健康食品などを幅広く取り扱っているマルハニチログループの缶詰であるあけぼの いわしみそ煮150gを購入しました。

青魚系の缶詰としてはサバ缶が多い印象ですが、いわし缶もその次くらいに色々な種類があります。

_1050681_2

1缶分150gでDHAは1643mg、EPAは1,697mgとなり、エネルギーは371kcalとなっています。

DHAとEPAの含有量にあまり差がないですし、どちらもここまで紹介してきた缶詰の中ではかなり多い部類になっています。

ただし、エネルギーは味噌煮ということもあって1缶で371kcalと少し高くなっているところが気になります。

原材料に砂糖が入っているのがこの高カロリーの原因ではないかと思われます。DHA・EPAは多いですがダイエット中の場合は控えたほうが良さそうですね。

極洋 さば味噌煮 EO6号缶 190g

_1050683_2
_1050684_2
海鮮系の食品を中心として冷凍食品やチルド食品、缶詰、健康食品などを取り揃える食品ブランドの極洋からもさば味噌煮が販売されています。

こちらはDHA・EPAの配合量が書かれていなかったので、HOKOさばみそ煮と同様にそこまで多い含有量ではないと推測されます。

_1050685_2

またさらに気になったのは100gあたりのエネルギーが126〜252kcalと記載されており、倍近くの差がある点ですね。

商品によって個体差があるのか、時期的に使用するサバの脂ののりが違うということがあるからか不明ですが消費者としてはエネルギーにここまでバラつきがあるとダイエット中で細かくカロリー計算などをしている時に食べていいのか迷ってしまうところでもあります。

極洋はDHA・EPAのサプリメントなども取り扱っているメーカーでもあるので、HOKOと比較すると健康よりなブランドイメージもあります。

みなさまのお墨付き国産さば水煮

_1050686_2
_1050687_2
西友のオリジナルブランドでもあるみなさまのお墨付きシリーズの国産さば 水煮です。

みなさまのお墨付きといえば安さと品質の良さを兼ね備えているということで最近はかなりの人気となっています。

_1050689_2

100gあたりでDHA1,529mg、EPA1,048mg、カルシウムは155mgそしてエネルギーは184kcalとなっています。

カロリーも控えめですし、DHA・EPAの含有量もトップクラスに高くなっています。

さらに価格も税抜き118円ということで、ここまでに紹介しききた缶詰の中でも最安値となっています。

こういったスーパーなどのオリジナルブランドの商品はものによって良し悪しが別れるところはありますが、さば水煮については栄養成分表示などを見てもかなり使い勝手のいい食品になっているといえます。

食べてみても味が劣るということもありませんでした。缶詰を買うなら安さと品質と味のバランスが取れているこれでいいのでは?と感じましたね。

まとめ

ここまで色々なメーカーのさば缶やイワシ缶のDHA・EPAなどの含有量や味、カロリーなどのバランスも含めて比較してきました。

1日に最低限摂取したいDHA・EPAの量は合わせて1gほどとなっているので、こういった缶詰を1日1缶食べれば補うことが可能です。

缶詰で選ぶならみなさまのお墨付きの国産さば水煮はバランスが取れていて特におすすめできる商品となっています。

ただ、毎日缶詰を食べると手軽ではあっても流石に飽きてしまうという問題はあります。

DHA・EPAはできる限り毎日摂取していきたい栄養素でもあるので、基本的にはDHA・EPAサプリメントなどを使いながら欠かさずに摂取していくようにするのがいいでしょう。

Pocket

sponserlink