髪のパサつきは油で変わる!今すぐ取り入れるべきオイルは?

髪のパサつきが気になっている方も多いと思いますが、その原因のひとつでもあるのがであると言われています。

ということは裏を返せば「使う油を変える」たったそれだけのことでも髪のパサつきなどの気になる状態を解消していくことも可能であるということです。

なぜ油の影響で髪がパサついてしまうのか、どんな油が髪に悪い影響を与えているのか。

そしてパサつきを少しでも早く改善していくために取り入れるべきオイルにはどんなものがあるのか解説していきます。

細胞を老化させ髪をパサつかせる油とは?

「油」と一言で言ってもいろいろな油がありますが、とくに細胞を老化させる可能性がある油は髪の質を悪くしてしまったり、ダメージ負ってパサパサした髪になってしまう原因を作ってしまいます。

細胞が老化すると影響を受けるのは髪だけにとどまらずに肌荒れや肌の乾燥などにも広がっていくものとなっています。

そんな細胞の老化を進めてしまう可能性の高い油と言われるのがオメガ6系脂肪酸が含まれる油となっています。

髪のパサつきの原因になるオメガ6系の油にはどんなものがある?

Olive oil bottle isolated  on white backgrouund

Olive oil bottle isolated on white backgrouund

オメガ6と言われてもあまり聞き慣れないかもしれませが、加工食品であったり市販の油に含まれる脂肪酸をまとめて総称しているものです。

  • コーン油
  • ひまわり油
  • 紅花油

こういった普通にスーパーなどにも売っていて家庭用の油として使われることも多い油も実はオメガ6系の油に該当しています。

食用油以外からも知らない間に摂取している可能性が高い

家庭用ではオリーブオイルを使っているからうちは大丈夫かな!と思っていたとしても、コンビニやスーパーで販売されているお惣菜や揚げ物、加工食品、さらにはお菓子類にもたっぷりと含まれています。

お菓子は全く食べないし、自分で作った健康的な食事しか食べないというようなこだわりを持って生活しているような人でなければどうしてもオメガ6脂肪酸からは逃れられません。

普通に何気なく生活しているだけでもオメガ6系脂肪酸過剰摂取してしまう場合が多くなっているのが髪がいつの間にかパサついてしまう大きな原因となっているのです。

脂肪酸と髪質の関係性について

髪はそもそも皮脂膜と呼ばれる油分によって保護されています。

皮脂と汗が混ざって乳化しているのが皮脂膜となっているわけですが、皮脂膜がなければ髪は乾燥し放題で外気などのダメージからも守られない状態になってしまいます。

皮脂膜を適度に増やしつつ髪の細胞の新陳代謝を高めていくことで髪のパサつきを抑えていくことができるようになります。

髪のパサつきを抑える脂肪酸

オメガ6系脂肪酸は髪のパサつきを悪化させてしまう要因になるというものでしたが、脂肪酸でも逆に髪のパサつきを抑制して綺麗な髪をキープする手助けをしてくれる作用のあるものも存在しています。

それがオメガ3系脂肪酸となっています。

オメガ3系脂肪酸は基本的に意識しないと不足してしまいやすい傾向にある脂肪酸でもあるので、それを補うために様々なサプリメントなども登場しています。

摂取方法は問いませんが、オメガ3脂肪酸を適量きちんと摂取していくようにすることで髪の毛を発達させるホルモンのバランスを整える事が可能になってくるのでパサつかない潤いのある紙質を目指していくことができるようになっています。

オイルトリートメントなどで髪の外側からケアしていくのももちろん大切ですが、実はそれよりも体内に取り入れる油のほうが重要な役割を担っています。

髪のパサつきを抑えるために取り入れたいオイル

_1040374

ではこれから身体の中から髪のパサつきなどの症状を改善していくために取り入れていくべきオイルにはどんなものがあるのか?という点についてもお話していきます。

料理用のオイルとして取り入れるのであればオリーブオイルは取り入れていきたいところです。

オメガ6系の油よりは少し価格が高くなってしまいますが、価格以上の健康作用は本当にあるものとなっています。

また、食用のオリーブオイルをそのまま髪の毛につけてケアしていっても大丈夫ですので、料理用と食用で分けて準備をする必要はありません。

また最近では髪質にいいと話題になっているココナッツオイルもヘアケア目的で使っていく価値があるものとなっています。

ココナッツオイルは固形の状態で売られている事が多いですが、湯煎するなどして一度温度を上げて熱することで液状に変えることが可能です。

液状にしたココナッツオイルは飲み物に混ぜたり、調理用に使っても大丈夫ですし、そのままオイルヘアパックのような形で髪につけても効果的です。

はやく髪の毛のパサつきを改善したい!というときはココナッツオイルを1瓶購入して摂取しながら髪につけていくようにして体内からも髪の表面からも保護していくようにすると効果的です。

その他ヘアケアオイルとして有名な椿オイルなども使用することで髪の毛がしっとりするようになっているので効果があります。

まとめ

今回は髪のパサつきを抑えるために役立つ油とそうでない油があるという話、そしてこれから髪質を改善するために取り入れたいオイルについて解説してきました。

栄養の偏りや栄養不足は髪の天敵となるので、食生活などについてもできるだけ気をつけていきながら適切なオイルを取り入れて対策をしていくようにするといいですね。

ココナッツオイルはとくにヘアパックなどにも使えて、食用に使ってダイエット効果なども得られものとなっているので美容・健康を意識している場合は取り入れていくべきオイルになっているのでチェックしていくようにしましょう。

ヘアケアでも使える!エキストラバージンココナッツオイルを使ってみた結果

Pocket

sponserlink