ホホバオイルに危険性や副作用は?使用上の注意点について

スキンケア系のオイルとしても特にその万能さが話題になっているホホバオイルですが、肌に直接つけるオイルでもあるので副作用などの危険性はないのだろうか?というところまで心配になってしまう人もいるのではないでしょうか。

とくに肌が強い人はそういった心配をすることもないかとは思いますが、敏感肌ですぐ化粧品などの肌につけるオイルなどに負けてしまうという人だと心配になってしまうところもあると思います。

実際のところホホバオイルを使っていくうえで副作用などのような危険性があるのかというところや、いざ使っていくとなった場合に注意しなければいけないようなポイントがあるのかどうかチェックしていきましょう。

ホホバオイルそのものに危険性はあるのか

それではそもそもホホバオイルという種類のオイル自体には何かしらの危険性はあるのか一つ一つみていきます。

基本的に副作用などの危険性はなし

気になるお肌に直接塗るタイプのオイルということもあって、細かいところまで安全性が気になるところかと思いますが、基本的にホホバオイルに関しては目立つような副作用などが報告されている事例などもありません。

一般的な使用方法を守って使っていく限りは変に危険性などを意識する必要はないということです。

ホホバオイルの正しい使い方についてはこちらの記事にまとめてありますので、参考にしてみてください。

添加物が入ってるホホバオイルには要注意

_1050714_2

(※写真はオーガニックホホバオイルのため添加物が含まれないものです。)

一般使用においてはホホバオイルの危険性などは指摘されることはありませんが、どのホホバオイルを使うかというところで一つ注意すべきポイントはあります。

純度の高い天然のオーガニックホホバオイルであれば全く問題はありませんが、価格もその分高額になってきます。そのため添加物で薄まっていることで値段を無理やり低く抑えた安価なホホバオイルを選んで使いたいという人もいると思います。

その場合は、ホホバオイルの成分自体に問題がなかったとしても添加物によって肌に悪影響が及んでしまうことも考えられます。

注意しておきたい添加物としては「フェノキシエタノール」などでしょう。

このフェノキシエタノールというのは防腐剤の一種でもあるんで、長期間スキンケアオイルや化粧品などが腐敗してしまうことがないように守るために入れられることがあるものです。

保存期間は長くなるものの肌への毒性が認められている添加物でもあるので、安いからと言ってこういった添加物が入っているホホバオイルは選ぶべきではありません。

無駄に大量に使わずに適量を守ることもポイントに

pixta_18491298_S

たとえ添加物フリーの完全に天然素材のみから作られているオーガニックホホバオイルだとしても、肌や髪へ現れる効果を急ぐあまりに大量に使ってしまったりしてはいけません。

サプリメントや医薬品などでも同じことがいえますが、メーカーは必ず使用する際には目安となる適量を示しています。

その適量を守らずにケチって少なくしすぎてしまえば、本来期待される効果が得られなくなってしまうこともありますし、逆に適量を超えて使いすぎてしまうと思わぬトラブルなどに発展してしまうことも考えられます。

とくにホホバオイルについては使いすぎる肌がもともと持っているはずの免疫力などを落としてしまったり、自然に分泌されるはずの皮脂の量が大幅に減少してしまうといった状態になる場合もあります。

スキンケアをしているつもりだったはずが適量を破って使ってしまったがためにいつの間にか逆効果になっていた・・・なんてことがないようにしていきたいところですね。

普通肌・脂性肌の人がつけるとニキビの原因になることも

6a42ddba27990f5b611ecc46578c2c12_s

もともと特に乾燥肌だったりするというわけでもなく普通肌か、どちらかというと脂っぽい肌である脂性肌をしている人がホホバオイルをつけすぎるとニキビの原因になってしまうという可能性もあります。

もちろん普通に適量で使っている分にはそのような心配はありませんが、あまり多量にホホバオイルを顔につけすぎてしまうと皮膚自身が自分の力で保湿をする機能が弱くなります。

すると結果的に皮膚の潤いを促すために分泌される成分のセラミドなどが減少して、今までよりも乾燥肌になったりニキビなどが発生する確率を高めてしまうことにもなります。

ホホバオイルは肌トラブルや悩みを抱えている人が使うと非常に高い効果が得られるスキンケアオイルではありますが、問題を抱えていない人がたくさんつけても逆効果で無駄になってしまうという可能性も否定できません。

まとめ

今回は今最も注目度の高いスキンケア系のオイル「ホホバオイル」の副作用や危険性などについて解説してきました。

本当の意味でスキンケアを行っていくなら肌を甘やかすことなく、少量のオイルを使いながら肌が自力で保湿するための力を取り戻すためのサポートという役割で使っていくのが理想的です。

髪の毛も洗いすぎると逆に皮脂がなくなって傷んでしまうのと同じ理屈です。

基本的にホホバオイルに副作用などの危険性はありませんが、使うのであればきちんと適量を守ることと正しい使い方を意識して取り入れていくようにしていきましょう。

参考記事:適量を守ることで安心して使える「オーガニックホホバオイル」とは

 

記事中にも出てきたセラミド関連の記事は、こちらにあります。

頬と口元の乾燥ケア、原因を直撃し手抜きもできる化粧品

2018.04.23
Pocket

sponserlink