ホホバオイルとココナッツオイルの違いは?強みや弱みを徹底比較!

健康系のオイルとして最近は何かと話題になることが多いホホバオイルとココナッツオイルですが、この2つのオイルには具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

違いといっても、ものがそもそも全く別なので比較対象にならないのでは?と思われるかもしれませんが、意外に多くの共通点もあったりするので細かくチェックしていこうと思います。

ホホバオイルとココナッツオイルの違いを分析してみた

ではまず簡単にこの2つの健康オイルにどのような違いがあるのかまとめます。

ホホバオイルについては肌や髪への効果に特化したスキンケア系のオイルであり、ココナッツオイルは肌や髪にも使えるし、食用として使っていくこともできる万能な健康オイルということです。

それぞれの強みや弱みについてもう少し具体的にチェックしてきましょう。

ホホバオイルの用途は?

_1050715_2

ホホバオイルは食用としては使う事ができないオイルになっているので、サラダやコーヒーに入れたり調理に使うといった用途で使うことはできません。

用途としては以下の様なものとなります。

  • お風呂あがりの保湿に使う
  • 髪の毛の毛先のほつれやダメージケアに使う
  • マッサージオイルとして使う
  • 肌荒れやアトピーなどの対策に使う
  • 乾燥肌や吹き出物、ニキビの予防や改善に使う

このように肌に対するトラブルを解消したり、さらに美しい肌を目指していきたいという際に使っていくと効果を発揮してくれるオイルとなっています。

ホホバオイルの強みは「最強」のスキンケア効果

ホホバオイルは肌や髪などに直接つけていきながらケアしていくタイプのオイルということで、そのスキンケア効果や保湿効果は非常に高いものとなっています。

どのくらい高いのかというと、使う前の時点で肌荒れや炎症などが起きているとして、その炎症をホホバオイルの効能で抑えて治していくことができるレベルです。

普通そういった炎症などは化学薬品が入っていたり、スレロイド剤などが入っている塗り薬などを塗ってようやく抑えることができるものです。

ホホバオイルには雑菌などの繁殖を抑えながら傷ついた肌を再生するという作用があるので、肌のターンオーバーを早めることで自然治癒していくことができるようになっています。

これは他のスキンケア系のオイルにもないホホバオイル独自の強みと言えるのではないでしょうか。

ホホバオイルの弱点は価格にあり

ホホバオイルの弱点と言えるのはまず量の割に価格がかなり高いというところですね。

ココナッツオイルなどの食用にも使えるオイルと比べるとなおさららですが、ほんの小さいボトルに入った少量のパックでも3,000円などを超えてくるほどです。

食用に使ったりするわけではないのでココナッツオイルほど消費量が多くなることは基本的にないので、少しづつ使っていく形にはなりますがそれでも価格はやはり高いです。

1ヶ月にスキンケアオイルに対して3,000〜5,000円くらいはかける余裕があるということであれば負担なく使っていくことが可能かと思います。

参考記事:オーガニックホホバオイルの効果と本音の体験談

ココナッツオイル用途は?

_1040373

ココナッツオイルは温度によって液状になったり固体になったりするので、湯煎したりして温度を高めることで液状にすればホホバオイルと同じように顔や髪のスキンケアや保湿に使っていくこともできます。

また、固形の状態であればコーヒーにそのまま溶かしてココナッツオイルコーヒーとして使ったり、トーストなどにマーガリンの代わりのような使い方をして使っていくことも可能です。

実は加熱調理に使うこともできるので揚げ物などをするときに使う油として液状にしたココナッツオイルと使うこともできます。

サラダ油などは体に悪い油ですが、ココナッツオイルで揚げ物をすれば味は少しココナッツの甘い風味になってしまいますが、それでも美味しく仕上げることができます。

ココナッツオイルの強み

それでは今度はココナッツオイルの強みについて見ていきます。

ココナッツオイルはホホバオイルと比べると用途の幅が非常に広いというところはそれで一つの強みになりますね。

また、得られる効果がホホバオイルと比べて多種多様になっています。

体内に摂取することで得られる効果には以下のようなものがあります。

  • ダイエット効果
  • コレステロールの減少
  • 中性脂肪の減少
  • 糖尿病の予防や改善
  • 認知症・アルツハイマーの予防や改善
  • 免疫力を向上させる効果
  • アンチエイジング効果

さらに、体や髪などにつけることで以下のような効果も得られます。

  • アトピー性皮膚炎の対策
  • シミやシワなどを減らす効果
  • 保湿効果

同じココナッツオイルでもここのように多種多様な効果があるので、健康を維持するために使える万能オイルとして家に1つは置いておきたいくらいですね。

ココナッツオイルの弱み

ココナッツオイルに弱みなんてあるのか・・・?というと、正直弱みというほどデメリットになるようなものはありません。

ホホバオイルとくらべて弱みになるのはスキンケアやアトピーに対する効果などはホホバオイルよりも劣るというくらいでしょうか。

流石にスキンケアに特化したオイルと比べてしまうと万能オイルのココナッツオイルでは太刀打ち出来ないところがあります。

ただ、価格などはホホバオイルよりも大幅に安くてお手頃です。

参考記事:エキストラヴァージンココナッツオイルの効果と口コミ

まとめ

今回はホホバオイルとココナッツオイルの違いということで、それぞれの用途や強み弱みについてまとめてきました。

肌トラブルを抱えていて、その悩みを集中的に解消していきたいという場合はホホバオイル、肌も綺麗にしつつダイエットや健康維持など総合的に使っていきたいという場合はココナッツオイルを選ぶようにしていくといいのではないでしょうか。

余裕があればどちらも手に入れて、ホホバオイルはスキンケア用、ココナッツオイルは食用といった具合に目的別で使い分けていくのがいいでしょう。

Pocket

sponserlink