ホホバオイルは赤ちゃんの保湿やアレルギー対策でも使える?

赤ちゃんが乾燥肌だったりアトピー性皮膚炎などのアレルギーを持っていると、なかなか手軽に使える薬などもなかったりするので対応に困ることもあると思います。

赤ちゃんだと肌が大人よりもかなり弱くて敏感だというところもあるので、大人と同じ保湿クリームやアレルギー用の薬などを使ってもさらに負けてしまって症状が悪化してしまうこともあります。

今保湿やアトピーなどのアレルギー症状の改善にも高い効果があるということで人気を博しているホホバオイルはそんな赤ちゃんなどのような小さい子どもの肌につけても問題なく使っていくことはできるのでしょうか。

ホホバオイルは赤ちゃんに使える?

結論からいうと、ホホバオイルは赤ちゃんに対して使っても症状が悪化してしまったり、オイルに負けて肌がかぶれてしまうような心配はありません。

ベビーオイルよりもさらに安全性が高い

ホホバオイルはよく赤ちゃん用のオイルとして売られているベビーオイルなどと比べても負けないくらい肌に優しいオイルでもあります。

保湿のために使っているオイルであってもものによっては添加物などが入っていたりして、肌にあまり良くないというケースもあるのですがホホバオイルに関してはそういった心配もないので安心して使っていくことができます。

赤ちゃんの肌荒れを予防したり改善していくために使っていきたいと考えているのに、逆に荒れてしまったり症状が悪化してしまっては元も子もないですがそのような心配はする必要はありません。

赤ちゃんの乾燥肌の原因をホホバオイルで改善

_1050717_2

特に肌に問題を抱えていない赤ちゃんの肌はもちもちしていたり、ぷよぷよしていて肌には弾力もあって透き通った綺麗な肌をしているのが普通です。

しかし、残念ながらすべての赤ちゃんがそのように綺麗な肌で生まれてくるとは限りません。母のホルモン状態や体内環境、もともと持っている肌体質などの影響を受けてしまって乾燥肌の状態で生まれてくることも十分考えられます。

ホホバオイルはカサカサした患部に直接塗ってかゆみを抑えながら保湿することができるようになっていますので赤ちゃんがかゆがっているところや、見た目にわかるほど明らかにカサカサしている部分に塗ってあげるようにすると効果的です。

塗ってからしばらくするとしっとりオイルが肌に馴染んでくるのでかゆみも減ってきて、「かゆい」という苦しさから解放してあげることができます。

赤ちゃんをお風呂などで洗顔させた後にホホバオイルでケア

91073ca76fc6633073be7d6bee093b96_s

乾燥肌やアトピーなどを生まれつき持っている赤ちゃんの肌をケアするためには、常に肌は清潔な状態で保つようにしていく必要があります。

汗をかいてべたついているままになっていたり、食べ物や外の土などで汚れている状態だと赤ちゃんの繊細な肌にはよくないので毎日お風呂にいれるなりして清潔に保つ必要があります。

そして肝心なのはお風呂などで体や顔を洗ってあげた後に行うスキンケアなのですが、あまりスキンケアなどに詳しくない人だとお風呂後にタオルで水気をとったらそれで終わりにしてしまうことも多いようです。

特に乾燥肌やアレルギーをもっている赤ちゃんをお風呂などで洗ったのなら、その後に水気をとってからホホバオイルで保湿するようにしていくといいでしょう。

ホホバオイルは伸びやすいのでムラなく塗れる

_1050719_2

少量でも伸びやすい性質のあるオイルなので赤ちゃんのように体が小さいと全身にムラなく塗っていくことも可能です。

ただ、ホホバオイルは少々高額なオイルでもあるので、全身に使うのは勿体ない!というのであれば特に荒れや乾燥などが酷い患部だけにホホバオイルを使って、それ意外の部分はベビーオイルなどで代用していくなど工夫していくといいですね。

赤ちゃんのスキンケアは時間との勝負になることも

ちなみに赤ちゃんのスキンケア行うといっても、赤ちゃん本人が何かできるということはないので、すべてのケアを親が行うことになるかと思います。

特にお風呂あがりについてはできるだけ素早くオイルでケアしていくようにしないと乾燥が進行して肌の水分量が急激に低下してしまうことがあります。

大人も乾燥肌の場合は同様ですが、赤ちゃんは肌の水分量を調節する機能が弱かったりするので、できることなら入浴したら5分以内にホホバオイルやベビーローションなどを使って素早くケアしていく必要があります。

ここについては結構時間との勝負になりやすいところなので、忘れてしまうことがないように意識的に行っていきたいところですね。

まとめ

ここまでの内容を簡単にまとめますと、まずホホバオイルは赤ちゃんに使っても全く問題はありません。

むしろ使っていくことで乾燥肌やアトピーなどの症状に悩まされている小さい赤ちゃんの肌を守っていくことができるようになります。

赤ちゃんのお肌のケアは親としても悩みの種になりやすいところでもありますが、下手に市販の薬やステロイド剤などに頼ってケアしようとするよりもよほど安全ですし、副作用などの心配もなくつかっていけます。

スキンケアオイルとしては少々値段が張るという点は唯一デメリットですが、少なくとも肌の荒れや乾燥がおさまるまでは様子を見ながらホホバオイルでケアしていくようにするといいでしょう。

最高品質のオーガニックホホバオイルの効果と総合評価

Pocket

sponserlink