頬骨周辺のシミを消すなら、皮膚科に行く前に試したい対策

あれ?頬骨の周りにうっすら、もしかしてこれってシミかな?これまで紫外線にも気をつけてたし、日焼け対策もしてきたのになんで???という人も少なくないようです。

肌が衰え始める年齢だから、ある意味で仕方ないのかもしれないけど、頬骨周辺のシミって一気に老けて見えるし、悪化する前に早く何とかしたいなと思うのが普通ですよね。

シミ消しの対策というと、すぐに皮膚科でのレーザー治療を考えるかもしれません。しかし、シミが定着する前であれば、薬用美白コスメを使ったスキンケアでも改善効果を得やすいので、皮膚科に直行する前に試してみる価値はあります。あれ?っと思ったタイミングは、そのサインともいえます。

この記事では、いくつかの方法を交えながら、初期のシミを消すのに役立つ具体的な成分と、それを配合する薬用美白コスメを紹介します。

すぐに、頬骨周辺の気になるシミを消すのに役立つ薬用美白コスメを確認するなら、こちらのリンクから進んでください。

▼▼ 頬骨周辺の気になるシミを消すのに役立つ薬用美白コスメを確認する。 ▼▼

 

頬骨周辺の初期のシミを消す、防ぐには

頬骨周辺のシミを消す、または予防する方法は、治療・飲む・塗る・食品などが考えられます。それぞれの特徴を確認してみてください。
緊急度やシミ消し対策にかかる費用などどを考慮に入れながら、自分に一番合った方法を選ぶようにしましょう。

皮膚科治療は費用も時間もかかりがち

頬骨のシミを消すための皮膚科治療は、照射回数や範囲によって費用と時間が多くかかることも少なくありません。レーザーやフォトフェイシャルといった治療から選ぶことになりますが、シミの範囲や濃さによって1回の照射で済まないこともあるからです。

治療法にもよりますが、費用は1回の照射で数千円から数万円というのが相場。1回の治療で満足のいく改善効果が出る場合もあれば、数回の通院治療が必要な場合もあったりと人によってまちまちのようです。ただ、成熟して定着したシミにも高い効果があり、免許を持った人が施術をするので安心もあるといえます。個人的には、シミ対策の最終手段と考えています。

初期のシミなら薬用美白コスメでも効果は得やすい

成熟して定着したシミは、皮膚科での治療が効果を得やすいといえます。しかし、頬骨周辺のシミが気になりだしたタイミングでは、シミはまだ成熟しきっていないことも多く、このようなシミを消すなら薬用美白コスメでも良好な結果を得られる可能性があります。

薬用ということは、医薬部外品に分類されるということだから、厚生労働省が効果や効能を認めた成分が規定量含まれているということです。そして、薬用美白コスメであれば、いつでもどこでもケアができる便利さがあります。もちろん継続したケアは必要ですよ。

サプリも効果的だけど続けにくいのが難点

シミを消す対策として、サプリを摂るというのも手です。身体の内側からシミを消すのに役立つ美白成分を摂り入れるので顔だけでなく広範囲のシミに効果が得られるメリットもあります。

ただ、薬と同じで飲み忘れたり、毎日の継続が意外と面倒だったりするのが難点。また、口径摂取による副作用のリスクもゼロではないので、用法や容量にも注意が必要になります。

食べ物や生活習慣の改善は予防の意味合いが強い

シミは、普段の食事や生活習慣の乱れが原因となること少なくないです。これらの取り組みも頬骨のシミやその周辺のシミ改善につながるでしょう。しかし、明確な効果を実感しづらく緩やか。シミ予防の補助的な対策として、上で紹介した対策と組わせるのがベストです。

4つの対策を比較すると

頬骨周辺のシミを消す、または予防する場合、クリニックやサプリなどは手間やコストが増えることも多く、食事や生活習慣改善は補助的な対策といえますね。

では、薬用美白コスメはどうかというと、普段スキンケアを全くしないということもないでしょうから、これを薬用美白コスメに置き換えることができるのがメリットといえます。薬用美白コスメは、頬骨周辺の初期のシミを消すなら効果も実感しやすく、かかる手間と費用を大きく増やさすことなく取り組めます。手軽さと継続のしやすさの点でも薬用美白コスメは便利です。

頬骨周辺のシミには種類がある

頬骨周辺のシミには種類があります。そして、自分の頬のシミが何かを知っておくことも大切です。これは、シミの原因とシミを消すためのアプローチが違ってくるからです。

紫外線や老化で現れる老人性色素斑(日光黒子)

名前からも超ネガティブな印象を与える老人性色素斑(とうじんせいしきそはん)というシミ。

老人性色素斑
できやすい箇所と特徴
頬周辺、特に頬骨の高い部分にできやすい種類のシミです。初期段階で気づくことも多く、ポツポツと丸い形状のシミのほとんどが老人性色素斑といわれています。

原因
主な原因は、紫外線と老化の影響です。

対策
初期のシミなら薬用美白コスメが有効ですが、定着してしまったシミは、レーザー治療が望ましいといえます。

女性ホルモンバランスの乱れで現れる肝斑

年齢肌に出やすいシミが、この肝斑です。幅の広いシミなので目立ちやすく、老け顔の悩みになりやすいです。

肝斑
できやすい箇所と特徴
頬周辺、特に頬骨の高い部分、額、鼻などにできやすい種類のシミです。ポツポツと丸い形状ではなく、太い筆でサッと塗ったような感じです。消すのが難しいシミといわれています。

原因
主な原因は、女性ホルモンのバランスが乱れることでできるといわれています。

対策
定着した肝斑はレーザー治療が望ましいですが、初期の肝斑であれば、薬用美白コスメでもケアが可能です。

頬骨周辺のシミを対策する具体的な成分

頬骨周辺のシミ対策に役立つ具体的な成分はこちらです。

シミに直接作用する成分にはトラブルもあることに注意

シミに直接的に作用して、シミを消すのに役立つ成分があります。良く知られているのがハイドロキノントレチノインです。

シミ改善対策として非常に高い効果が期待できますが、注意しておきたいこともあります。この2つの成分は肌の漂白剤ともいわれているように、刺激が強いので使い方を間違えたり肌に合わないなどで、白斑になったりシミが悪化することがあります。

シミ予防にはメラノサイトの活性化を抑止がカギ

頬のシミを消したり予防するには、メラニンができる過程に働きかけるものが有効です。メラニンはメラノサイトの活性化によって発生するので、そもそもシミの直接的な原因となるメラニンの発生を抑えると効果的です。

紫外線などの刺激を受けると、肌内部で炎症が起こってメラノサイトが活性化するので、炎症を抑える働きを持つ薬用有効成分のトラネキサム酸が役立ちます。

活性酸素を防いで黒色メラニンに変化するのを防ぐ

メラニンの発生自体を抑えることは、頬骨周辺の初期のシミを予防する効果的な方法といえます。これに加えて、既に発生してしまったメラニンが黒く変化しないようにすることが重要です。このメラニンの黒色化を防いでくるのが、薬用有効成分のアルブチン

このメラニンを作らせない、黒くさせないという2つの対策は、いま以上にシミを濃くさせないためにとても大切な対策です。

黒色化したメラニンを追い出す肌のターンオーバー

シミが目で見えるということは、すでにメラニンが黒色化しているということです。この黒くなってしまったメラニンを外へ追い出すには、肌のターンオーバーを無視することはできません。紫外線を浴びて日焼けをしたり、ダメージを受けてしまった状態では、肌のターンオーバーが乱れていて、通常より遅くなっていることが多いです。このためシミがなかなか外に排出されずに、どんどん蓄積されていくことになります。また、角質が分厚く硬くなって、肌細胞の入れ替りはさらに悪化しがちに。

頬骨周辺にできてしまった初期のシミを、肌のターンオーバーでうまく追い出すには、肌のターンオーバーを正常な状態にしてあげる必要があります。これには、セラミドやヒアルロン酸といった肌の保湿に欠かせない成分で、肌の潤いとバリアー機能を整えてあげるといいです。

潤いとキメが整った肌はツヤと透明感がアップ

肌に潤いとキメが整うと、肌は光を効率的に反射するようになります。その結果、肌自体がツヤが生まれ明るさがアップしますし、潤いによって透明感も出てきます。この2つでシミが目立たなくなる効果が期待できます。

まとめ

頬骨周辺のシミが気になり始めたら、そのシミを今より悪化させない対策とシミを薄くしていく対策の両面を考えると効果的です。そのためには、なるべく早い対策を打つことが何よりも大切になってきます。

ここで、頬骨周辺の初期のシミを消すために、必要な対策と考慮しておくべき事についてまとめておきますね。

  • 初期のシミを消す、予防する対策は、大きく分けて治療・飲む・塗るの3つ。
  • 治療は、大がかりになったり時間と費用が多くかかる可能性がある。
  • サプリメントは、副作用など口径摂取に抵抗がある人には向かない。
  • 薬用美白コスメは、初期のシミにも効果を得やすく手軽なのでお試しとしてはベストチョイス。
  • 食事によるシミ対策は長期戦になるので、他の対策との組み合わせとして考えた方がいい。
  • 頬骨周辺には、老人性色素斑と肝斑と呼ばれるシミができやすく肝斑の方が対策が難しい。
  • シミの原因となるメラニンの生成を抑えるには、メラノサイトの活性化を抑止する働きのあるトラネキサム酸が有効。
  • メラニンは酸化すると黒色化を起こすので、活性酸素による参加を抑止するアルブチンが有効。
  • 黒色化したメラニンを早く追い出すには、肌のターンオーバーが正常に働くことが大事で、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分によるケアが役立つ。
  • 正しい肌のターンオーバーは、肌の潤いとキメが整うので、肌にツヤと透明感がうまれシミが目立たなくなる。

 

それでは最後に、これらの条件を満たして、頬骨周辺に気になりだしたシミを消すのに役立つ薬用美白コスメを紹介しますね。シミの大敵、紫外線が増えだす時期から使い始めるにもピッタリの薬用美白コスメです。

お肌に合うかどうかや、いきなり本品購入して失敗したくないという場合は、まずは手軽に試せるトライアルセットが便利ですよ。


頬骨周辺に気になりだしたシミを消すのに役立つ薬用美白コスメを確認する。

Pocket

sponserlink