ヘアオイルとヘアミルクはどっちを使うべき?併用は可能なのか

髪の毛の保湿やケアのために何を使うのか?というところでヘアオイルかヘアミルクのどっちにするかで迷っている人も多いのではないでしょうか。

それぞれにメリットもデメリットもあるわけですが、それらを髪のケアに使うことでどんな違いがでてくるのか。目的に合わせてどっちを選んでいくと自分の理想的な髪質を維持できるようになるのか。

さらに、ヘアオイルとヘアミルクを併用して使ってくことは可能なのか?というところなどについてお伝えしていこうと思います。

ヘアオイルとヘアミルクの違いは?

ヘアオイルとヘアミルクの違いはミルクとオイルの違いという当たり前な部分は誰にでもわかると思いますが、求められる効果や使い分けなどは以外と知らない人も多くなっています。

ヘアオイルはヘアミルクよりも髪に馴染みやすい

まずヘアオイルとヘアミルクの具体的な効果の違いといえるのはヘアオイルのほうが成分的に髪に馴染みやすいというところがあります。

髪の毛も皮脂などのような脂が存在していることからもわかるようにオイルと親和性の高い部分があるので髪とオイルは馴染みやすいという特徴があるということです。

ヘアオイルは保湿力や紫外線への対策も期待できる

7b8ecd1ed3883ac2ebf733f16521996d_s

天然のオイルを使用しているものであれば髪の毛に対する馴染みやすさだけではなく保湿力も非常に高いというメリットがあります。

毎日しっかりとヘアオイルを使って髪の毛の保湿をしていくようにすることで、オイルの成分が髪の急激な乾燥などを防ぎつつ水分の蒸発やパサつきを抑えていくことができるようになります。

軽くヘアオイルでコーティングするような形でケアしていくことで日中に外出をするときに紫外線などの影響を直接受けてしまうことがないようにガードしてくれる役割も担ってくれるようになっているところは大きいですね。

ダメージケアの観点でいうと紫外線にかぎらずにドライヤーなどの熱などからも守っていくことが可能になっているので、お風呂からあがってドライヤーをかけようとするならその前にヘアオイルでケアしておくようにすると効果が高まります。

ヘアミルクは使い心地がサラッとしている

ヘアオイルでもものによってはサラッとした使い心地のものもありますが、オイルである以上はどうしても多少はベタつきを感じることがあります。

その点ヘアミルクについては比較的サラッとしたものが多くなっているので使い心地がサラッとしているというところを重視して髪の毛のケアをしていきたいという場合はヘアミルクが有利になってきます。

髪の毛全体に対してそのまま使っていくこともできるようになっていますし、お風呂あがりにドライヤーをかける前であっても後であっても問題なく使っていくことができます。

冬の乾燥に関してはヘアミルクが有利に

保湿にはヘアオイル!という一方的なイメージも強くなっていますが、実際は冬場の髪の毛の乾燥に関してはヘアミルクの方が有利な面もあります。

冬は空気も乾燥していることが多くなるので普段髪の毛に存在しているはずの水分も減りやすい時期になってきます。

そんな時には髪に水分を与えることに特化しているという特徴ももっているヘアミルクの方が髪の毛の乾燥を事実上防ぎやすくなるという特徴があります。

ヘアミルクとヘアオイルの併用は可能か?

07c53108dba4800e73d78be168ce7fc6_s

それではヘアオイルとヘアミルクの違いがあるということはここまでに解説してきた通りなわけですが、両方を併用して使っていくことはできるのか?というところについても見ていきましょう。

併用はしても問題はありませんが、同じ場面で上塗りするのは避けたほうがいいでしょう。

ヘアオイルで髪の毛を保湿ガードした後にすぐにヘアミルクをつけてもミルク分がオイル分によって弾かれてしまうことがあるので成分の本来の働きが発揮できずに無駄になってしまうことになることもあります。

もし併用したいのであればお風呂あがりで髪の毛が濡れている段階でヘアミルクを髪の毛全体に伸ばしてつけて、ドライヤーで乾かして水分が飛んでなくなった段階でヘアオイルをつかってケアするというくらいにしていくのが無難な使い方といえます。

結局ヘアオイルとヘアミルクではどっちを使うべき?

ここまでお話してきたようにヘアオイルとヘアミルクにはそれぞれに違ったメリットがあります。

目的別で言うと、髪の艶を出したいとか保湿やダメージケア、紫外線などの対策などを総合的に行っていきたいという場合についてはヘアオイルのを使うようにしていくべきです。

一方で、水分が多いという特徴があるヘアミルクについては髪の毛がパサパサしている状態を少しでも早く改善していきたいという時に使っていくといいでしょう。

目的に合わせて使い分けていくのがやはり最も理想的な結果を得やすいですし、両方のメリットが必要だ!という場合はそれこそ上でも解説したような方法で両方を併用して使っていくようにするのがいいですね。

まとめ

今回は髪の毛をケアするためにヘアオイルとヘアミルクはどっちを使うべきなのか?というよくありがちな悩みについてそれぞれの特徴を踏まえながらお伝えしてきました。

汎用性の高さでいうとヘアオイルのほうが得られるメリットも多いので、どっちにするか選ばなければならないのであればヘアオイルを選んだ方が失敗してしまう可能性は低くなります。

ちなみに価格帯については全般的にヘアミルクの方が安くなっており、ヘアオイルの方が高い場合が多くなります。

価格面についても考慮して自分の目的にぴったりあった方を選んでいくといいですね。

Pocket

sponserlink