【食用エゴマ油】純エゴマ油100%のPureOilの使い方と評価

植物性オメガ3αリノレン酸が豊富に含まれる食用エゴマ油の純エゴマ油100%のPureOilを購入してみました。

エゴマ油といえばオメガ6系の油とは違ってできるだけ毎日意識して摂取したい油でもあるオメガ3系の油でもあります。

確かに普通に普段から使っているサラダ油などと比べると違った特徴がある油でもあるので、使い方やその特徴などについても違うところはいくつかあります。

今回は食用エゴマ油として純エゴマ油100%のPureOilをどう使っていくのが理想的なのか。おすすめの使い方と実際に使ってみた評価できるポイントなどについてお伝えしていきます。

純エゴマ油100%のPureOilの栄養成分表示をチェック

では純エゴマ油100%のPureOilの栄養成分表示についてまずはチェックしていきましょう。

_1050021_2
栄養成分表示(大さじ1杯/14g)

  • エネルギー:74.03kcal
  • たんぱく質:0.01g
  • 脂質:12.12g
  • 炭水化物:0.02g
  • 飽和脂肪酸含有割合:7.05%
  • αリノレン酸:8.45g
この栄養成分表示を見てもわかるように大さじ1杯で74kcalとエネルギーもかなりの量があるのでいくら体に良い油と言っても摂り過ぎるとカロリーオーバーににあることもあるので注意が必要です。

ちなみにαリノレン酸を成人が1日に摂取しておくべき適正量としては2.0g〜2.9gほどと言われています。

そのため、食用エゴマ油として使っていく場合は1日に大さじ1杯以下の量でも十分な量のαリノレン酸を摂取することができるということになります。

感覚的には大さじ1杯の半分の7g程度のエゴマ油を何かしらの使い方で取り入れるようにすればαリノレン酸は4.22g摂取できることになるのでこれくらい摂取しておけば健康維持目的で使う場合は十分でしょう。

純エゴマ油100%のPureOilの使い方について

それではできるだけ毎日エゴマ油を取り入れていくようにするために、この純エゴマ油100%のPureOilを使うとして、使い方はどうしていくべきなのかチェックしていきましょう。

そのまま摂取してもOK

_1050023_2

サラダ油などの油だとそのまま飲むなんて考えられないことですが、エゴマ油については面倒であればそのまま摂取しても全く問題はありません。

大さじ半分くらいの量をスプーンですくって、ペロッと舐めるようにして飲んでも大丈夫です。

私も最初に購入した時に味をみようと思って、そのまま舐めてみました。味は「これは美味しい!」と感じるようなものではありませんでしたが普通に少しなら飲める味でした。

不思議とちょっとだけスーッと透き通るような風味と少々生臭いような味もしますが、飲めないほど不快に感じることはありません。

サラダのドレッシングとして

簡単に摂取する方法としてサラダのドレッシングにエゴマ油と使うという方法もあります。

それだけだと味気ないので、普通の味付きドレッシングを少しかけてそれに加えてエゴマ油をかけると味もまろやかになって美味しくなります。

サラダにチキンや刺し身などの具材をのせて、ささっとエゴマ油をかけるだけでもおしゃれに美味しく食べられるので便利です。

卵かけご飯に使う

e9265e908636131c5121b2711e300329_s

実際に試してみましたが、一番おすすめしたい食べ方は卵かけご飯にエゴマ油を少々入れるという使い方です。

普通卵かけご飯といえば、卵黄に醤油を垂らして食べるくらいのものですが、そこにさらにエゴマ油を加えてあげることで絶妙な味のバランスで本当に美味しいです。

最近では卵かけご飯のことを「TKG」といっておしゃれなアレンジを加えてお店のメニューにしているところもあるくらいです。

エゴマ油と醤油だけでも美味しくなりますし、そこから自分なりにアレンジを加えてみることで色々楽しみ方が増えて面白いですよ。

ネギやごまなどの薬味、納豆やなめたけなどを別途で加えても美味しくなるのでエゴマ油を使うなら一度は試してみていただきたいところです。

ヨーグルトにかける

8ff0a63ad0384b250562f8b4b06dd7d5_s

実はこのエゴマ油、ヨーグルトにかけて食べることもできるようになっています。

ヨーグルトに油と聞いてもあまり想像がつかないかもしれませんが、パッケージにもおすすめの使い方として書かれているくらいです。

もちろんプレーンヨーグルトにエゴマ油だけを混ぜても甘みが足りないので、お好みでシロップや砂糖、フルーツなども加えるようにしていきましょう。

朝ごはんをエゴマ油入りヨーグルトなどに置き換えると今流行りの置き換えダイエットとして使っていくこともできるので、特に痩せたいと思っている女性には一度試していただきたいですね。

エゴマ油は熱に弱い!加熱調理は不可

エゴマ油の使い方としていくつかご紹介してきましたが、ラインナップを見てわかるように炒めものや揚げ物などのような加熱処理を必要とするものがないですよね。

実はエゴマ油は熱にはめっぽう弱いという特徴があるので、普通のサラダ油などと同じように炒めものや揚げ物に使用することはできません。

ただ長時間の加熱に弱いということになっているので、すでにできている温かいスープなどに入れるくらいであれば問題はありません。

純エゴマ油100%のPureOilの総合評価

今回は純エゴマ油100%のPureOilの使い方の解説などを中心にお伝えしてきました。

原産地は韓国となっているので、日本製にこだわる人としては少し気になるかもしれません。

価格は1本170gで1,620円となっています。

エゴマ油以外の油と比べるとかなり高価ですが、国産のエゴマ油よりは若干安いといったところです。

実際に使ってみて問題もなかったので韓国産だからといって品質が著しく悪いということはなさそうです。

原産地に強いこだわりがない人であればエゴマ油としては比較的安く買えるので買ってみてもいいのではないかと思います。

Pocket

sponserlink