「アボカドオイル」や「オリーブオイル」など「食べ物」の美容オイルの使い方

スキンケアのベースとしても人気の高まっている美容オイルの魅力は、「天然の植物から摂れること」ではないでしょうか。

有名なものでは身近なオリーブオイル、知名度が上がってきているアボカドオイルなど、食用として食べていたものを肌に塗る目的で使用されるようになってきています。

スキンケア化粧品は、肌に一番にのせるものだからこそ素材選びには慎重になります。

そこで今回は、人気の美容オイルの中でも「食べ物」の名前が含まれている美容オイルについてお話しします。

「食べ物から作られているなら食用オイルを代用してもいいか?」や注意点まで、素朴な質問に答えます。

人気急上昇「アボカドオイル」の魅力と注意点

アボカドは、若い女性を中心に「食用」として高い人気を誇ってきました。

しかし最近は、食用としてだけではなく「美容オイル」としても人気が急上昇しています。

大手化粧品メーカーから、美容オイルが次々と発売されていますが、成分表を確認してみると「アボカド油」もしくは「アボカドオイル」と表示されていることがしばしばあるのです。

アボカドオイルは、アボカドの種ではなく実から摂ります。そのため、アボカドオイルは精製されなければ、アボカド独特の黄色みがかった薄い緑色をしています。

「美容オイルはべたつくから苦手」という人は、アボカドオイルそのままは使いにくいかもしれません。

アボカドオイルは、美容オイルの中では「こってり」とした使用感です。

顔に直接塗ってしまうと、人によってはニキビが増えてしまうこともあります。皮脂が多い人やニキビができやすい人は、かかとや手などボディクリームとして使う方がいいでしょう。

そのまま使うというよりも、手持ちの乳液やクリームに混ぜて使用することもできます。

アボカドオイルはとても魅力的で人気がある美容オイルですが、ホホバオイルやアルガンオイルに比べると美容オイルとしての知名度は高くありません。

アボカドオイルに関わらず、天然の素材から作られるオイルは、原料や抽出方法がとても大切です。信頼できる購入先を選ぶようにしましょう。

一番身近な美容オイル「オリーブオイル」の使い方と注意点

美容オイルの中で、一番有名なものが「オリーブオイル」ではないでしょうか。

オリーブオイルは、美容オイルの中でも手ごろな価格でたっぷり購入することができるため、スキンケア化粧品として肌につけるだけでなく、クレンジング剤として使う人も多いようです。

オリーブオイルでクレンジングすることで、皮脂をさっぱりと落とすことができるでしょう。

ただ、オイルクレンジングは皮脂をしっかりと落とすクレンジングです。洗顔後は、保湿をしっかりとするようにしましょう。

オリーブオイルは、大手化粧品メーカーの美容オイルにも使われています。オイルの成分表示の中で、一番最初に書かれていることが多いことからも含有量の多さがわかります。

オリーブオイルは、しっとりした仕上がりが特徴ですが、オイル独特のべたつきが気になることもあるかもしれません。

「オリーブオイルを取り入れたいけれどべたつくのは嫌だ」という人は、オリーブオイルが使われた石鹸を使ってみてはいかがでしょうか。

いつもの洗顔料をオリーブオイルで作られた固形石鹸に置き換えるだけで、ちょっと贅沢な洗顔をすることができます。

オリーブオイルは、肌にのせたままにしておくと人によってはニキビが増えてしまうこともあります。

まずは、クレンジング剤として使いながら具合をみてみるといいでしょう。

食用オリーブオイルを美容オイルに代用しないこと

オリーブオイルは、スーパーでも手軽に購入することができます。

しかし、スーパーで買ってきたオリーブオイルを美容オイルとして肌に直接つけておくことは、肌トラブルの原因になるかもしれません。

オリーブオイルは、食用と美容用の二種類があります。

食用のオリーブオイルにもエキストラバージンオリーブオイルのように高級なオイルもあるため、エキストラバージンオリーブオイルを美容用に使っている人もいるようです。

しかし、エキストラバージンオリーブオイルは食用の中では高級ですが、肌にのせることを前提として作られたわけではありません。

オリーブオイルに関わらず、美容オイルは「肌にのせる」ということを前提としているため、分子の大きさや精製度合いが食用とは違った基準で作られています

「オリーブオイルなら台所にあるわ」と気軽に使わず、肌に使うときには美容オイルを選ぶようにした方がいいでしょう。

食用オイルは酸化に弱いので保管には注意

オイルは開封したときから酸化が始まります。開封後は、正しい保管場所で保管し、できるだけ早く使い切るようにしましょう。

化学薬品が羅列してある化粧品の中で、食べ物の名前を見つけるとホッとすることがあります。

とくに美容オイルは、木の実や植物から抽出されることが多いため、食べ物の名前を目にする機会が多いでしょう。

しかし、食べ物の名前があるからといってすべてを信用するのではなく、原産地や抽出方法まで確認してから購入するようにしましょう。

また、食用として「いいもの」が美容用としてもいいものとは限りません。

作られた目的や注意書きをよく読み、正しい使用方法でスキンケアを行いましょう。

Pocket

sponserlink