Drブロナー社製ヴァージンココナッツオイルの効果を実食レビュー!

最近では雑貨屋さんからドラッグストア、スーパーなど色々なところでココナッツオイル関係の商品を目にすることも増えてきており、いかにその話題性が大きいかというところを目の当たりにしています。

ココナッツオイルといってもサプリメントからスティックタイプの粉末のもの、そして食用の本格的なものまで様々な形態で販売されています。

今回はDrブロナー社製ヴァージンココナッツオイルという食用のココナッツオイルを実際に購入して使ってみましたので、その使い心地や味、効果について実食レビューしていこうと思います。

Drブロナー社製ヴァージンココナッツオイルの特徴は?

まずは簡単にこのDrブロナー社製ヴァージンココナッツオイルにはどのような特徴があるのかと言うところについてまとめていきます。

知名度や本場での人気について

実はこのDrブロナー社はココナッツオイルの本場でもあるアメリカにて売上NO1を維持している最大手のメーカーとなっています。

本場アメリカではすでにココナッツオイルと言えばDrブロナー社というくらいに知名度や人気ともに高い商品となっています。

日本でもその流れが既に来ており、実店舗などでも目立つ位置に置かることが増えてきています。

どんな効果が期待されるのか

肌に対する効果

Drブロナー社が本来専門としているのは実は肌ケアジャンルとなっています。

今回のヴァージンココナッツオイルは食用ですが、それ以外にもマジックソープなどスキンスキンケア関連のヒット商品をいくつも産出しているメーカーです。

そのためこのヴァージンココナッツオイルについても普通に食用として食べることで肌質を変化させることが可能です。

肌荒れに悩んでいるというような場合は毎日美味しく食べながら肌荒れを緩和していくことができるなど継続して使うメリットがあります。

お通じを改善させる効果

P1040230_edited-1

女性にとっては永遠の悩みと言ってもいいくらいに多くの人が悩まされている便秘に対してもDrブロナー社製ヴァージンココナッツオイルを継続的に使っていくことによって改善させる効果があると期待されています。

便秘を改善する方法などについては色々なサプリなどがでているのですが、結局どれを使っても効果が感じられなかった・・・ということで泣き寝入りしている女性も少なくありません。

しかし驚くことにココナッツオイルを使うことで便秘を改善することができたという話もたくさん出てきています。

ココナッツオイルには食物繊維やビタミン、ミネラルなどがたっぷりと含まれています。
そのため食物繊維が悪化している腸内環境の改善に役立ちます。

さらに食生活の乱れや食品添加物の摂取などは便秘の原因になりがちですが、ココナッツオイルのもつデトックス作用によって食品添加物を排出することができるようになります。

そうすることで腸内に老廃物や不要な添加物が残らないようにしていくことができるのでこれもまたお通じを改善していくことに繋がっていきます。

エネルギー代謝を高めることによるダイエット効果

ココナッツオイルを摂取することでケトン体を生成することができるようになるのですが、その影響で体の中の脂肪を効率的に燃焼させることができるようになります。

しかもココナッツオイルには空腹状態を感じにくくするといった効果もあると言われているので、食べ過ぎを防ぎつつ代謝を高めることでダイエットを効率化させることも可能となります。

リップクリーム代わりで唇をプルプルにさせる効果も

Drブロナー社が肌ケアに強いということについて先ほど触れましたが、使い方の一つとして単純に食用として使うというだけでなく唇の乾燥などが気になる時に直接唇に塗って擦りこませるという方法もあります。

最初は食用の油を口に塗るなんて!と抵抗を覚えるかもしれませんが、実際にやってみると流石に肌ケアに強いDrブロナー社というだけあってかなり実感できるレベルで口がぷるぷるになると話題になっています。

実食!Drブロナー社製ヴァージンココナッツオイルを使ってみた

ということで実際に使い心地や効果などはあるのか?とういことでDrブロナー社製ヴァージンココナッツオイルを食事に活用してみました。

P1040229_2

フタを開けると、ぎっしりと上まで固形のココナッツオイルが詰まっています。
フタを開けた時点でココナッツの甘くておいしそうな香りが漂ってきて食欲をそそります。

トーストにマーガリン代わりに乗せてみた

このヴァージンココナッツオイルには色々と使い道はあるのですが、手軽に使える方法として推奨したいのがトーストにのっけてマーガリンの代わりとして使うということです。

マーガリンはトランス脂肪酸などの食品添加物の塊のようなものなので、手軽で美味しく使えるとしても避けるべき食品として有名です。

それに対して体に良い作用のあるココナッツオイルをマーガリン代わりに使えるというだけでかなり嬉しいメリットになってきます。

結構硬い!?使い心地

P1040232_2

寒い時期だからかかなり硬くなっており、削るのはそれなりに力が必要となります。

今回のようにトーストにつけて食べるのであれば本来はバターナイフなどを使うのが一番いいのですが、スプーンしかなかったので小さじくらいの大きさのスプーンで削ってつけてみました。

削るのは力を入れれば問題ありませんでしたが、パンに乗せようとしたときにスプーンからなかなかスムーズに落ちてくれないので少し苦労しました。

もしこのヴァージンココナッツオイルを使って同じようにトーストを作ってみよう!とされる場合はバターナイフをあらかじめ用意しておくことをお勧めします。

また、トーストに乗せた後の伸びはマーガリンなどに比べると悪いです。

アツアツの状態のトーストであれば少しづつ溶けてくるので多めにココナッツオイルを乗せてゆっくり伸ばしていく必要があります。

味について

P1040233_edited-1

ということで実際にトースターでこんがりと焼けたココナッツオイルトーストを実際に食べてみました。

味としては普通のマーガリンなどよりも上質なココナッツの風味がしっかりと残っており高級感のある味わいに仕上がっていると感じました。

そのままで食べてもいいですし、さらにチーズをのせたり、ジャムをつけたりするなどココナッツオイルを下地のような形で使っていくことも可能です。

いつもと違うワンランク上の美味しいトーストになったな!というのが正直な味に対する感想です。

まとめ

今回はDrブロナー社製ヴァージンココナッツオイルを実際に使ってみてどうだったのか?と言う所や期待されている効果などについてまとめてみました。

もちろん薬などではないので1回トーストに使ったくらいで肌質が一気に変わったり、燃焼効果がでてきたりするようなことはありません。

ただ、毎日朝食にマーガリンで作ったトーストを食べているような時に、そのマーガリンからココナッツオイルに切り替えると言った具合で毎日の食生活に活用していくことで使っている間に自然とその効果を実感できるようになってきます。

味も美味しいですし、使い道がたくさんあるので一家に1つは置いておきたいオイル商品と言えます。

Pocket

sponserlink