DHAは酸化しやすい!?酸化防止をする方法とは?

血液をサラサラにする効果や集中力や記憶力の向上といったような体に嬉しい効果がたくさんあるDHA(ドコサヘキサエン酸)は今やサプリメントなどでも手軽に摂取することができる有効成分の一つです。

オメガ3系脂肪酸という健康を意識している人は間違いなく摂取するべき必須脂肪酸が含まれているDHAは毎日欠かさずに摂取することで血流の改善やコレステロール値のバランスを整えるといった効果が期待されます。

そんなDHAなのですが、一つ問題を抱えています。実はその問題というのが酸化しやすいというものなのです。

DHAは酸化しやすいというのは本当なのか

それではそもそも表題にあるように「DHAは酸化しやすい」という噂は本当なのでしょうか。

ちなみに数ある脂肪酸の中でも最も酸化しやすいと言われている脂肪酸は多価不飽和脂肪酸と言われるものです。

少し詳しい方ならこの時点でお気づきかも知れませんが、実はDHA・EPAは多価不飽和脂肪酸に属する脂肪酸となっています。

つまりDHAはたくさんある脂肪酸の中でも最も酸化しやすい脂肪酸であるということです。

DHAが酸化すると何か不都合はあるのか

実際のところDHAが酸化するといってもほとんどの人は何がどうなるのかよくわからないと思いますし、DHAが酸化したからといってどんな不都合があるのかもイメージできないのではないでしょうか。

そもそもDHAには体内に入ってきた時に抗酸化作用があるということで、体の酸化を防止するという効果があるのにDHA自体が酸化してしまうというどういうことなのでしょうか。

酸化するということはもう少し簡単な日本語に要約すると傷みやすいということでもあります。つまり一度DHAを含有する商品を開封した後はできるだけ早く使い切るようにしないと空気などが入ってきてダメになってしまう可能性があるということです。

りんごなどのフルーツを切った後にそのままにしておくとわりと早い段階で断面が黄ばんできて傷んでしまうのも酸化しているからに他なりません。

DHAもそれと同じように空気に触れているような状態が長く続くと酸化して品質が低下していくということです。

酸化して品質が落ちているDHAはいくら摂取しても求められている通りの効果を発揮してくれることはありません。

魚のDHAは酸化も早い

5326a4

DHA・EPAなどを普通の食事から摂取しようとするならば青魚などを生の刺し身として食べたり、さば缶やイワシ缶などのような缶詰から摂取するという方法があります。

生魚も缶詰も実際の食べ物になるので、酸化のスピードがものすごく早いということは容易に想像できると思います。

スーパーなどに出かければマグロの刺し身などもすぐに買ってくることができますし、保存の効く缶詰などを買えばそこからDHAを取り入れることも可能です。

ただ刺し身の場合はできるかぎり買ってきたその日の間には食べてしまわないと酸化が進んでしまいますので、翌日とか翌々日までは鮮度は保てないと考えたほうが確実です。

缶詰だとフタを開封するまでは急激に酸化してしまうことはないのですが、開けたらその日のうちに食べないと想像以上に早いスピードで酸化が進むので注意が必要です。

サプリメントでもDHAは酸化する?

_1040454

それではDHAなどが配合されているサプリメントの場合でもDHAは酸化してしまうのでしょうか。

生魚などと比べればサプリメントということでカプセルに入っていることからも酸化のスピードはゆるくなります。

しかし、サプリメントだからといって油断することはできず、時間の経過とともにサプリの中に入っているDHAなどのオイル成分が酸化し始めていきます。

サプリの場合はDHAの酸化を防止することができる成分が配合されているものも出てきているようなので単純にDHAだけが入っているものではなく酸化防止の役割を果たしてくれる成分の有無も事前にチェックしておくようにするといいでしょう。

ビタミンEはDHAの酸化防止に効果的

_1050823_2

ちなみにDHAサプリメントの場合にDHAの酸化防止をしてくれる働きが必要となって取り入れられることが増えてきている成分がビタミンEとなります。

ビタミンEといえば抗酸化力の強いビタミンでもあるので、DHAと一緒にサプリメントの成分として含めることでDHAが酸化してしまうのを未然に防止することも可能になります。

最初からビタミンEも一つの配合成分となって含まれているDHA・EPAであれば多少は使わない日などがあったとしても急激な酸化を未然に防ぐことができるようになります。

また、体内にサプリメントが入ってきた後についてもDHAの働きとビタミンEの働きがお互いに作用しあって体の中の酸化物質である活性酸素などを取り除いていくことができます。

まとめ

今回はDHAは酸化しやすいのか?という噂について実際のところどうなのか?という点、そして酸化しやすいDHAの酸化防止をする際に役立つ成分などについてお伝えしてきました。

性質的にどうしても酸化しやすいというところは逃れられないのが現実でもあるわけですが、一緒に入っているビタミンEなどの成分の働きを上手く活用してDHAが酸化しないように防止していくといいですね。

ビタミンEも含まれる酸化しないDHAサプリ!「美健知箋」EPA&DHAとは

Pocket

sponserlink