肌の黒ずみでデリケートゾーンが緊急事態!解消方法とクリームを紹介

前々から気になっていた、デリケートゾーンの脱毛にチャレンジ。ムダ毛が無くなったのはいいけれど、デリケートゾーンの肌の黒ずみに気づいてびっくりということが意外と多いようです。

季節やいろんな面で肌を露出する機会も増えるだろうと、せっかくムダ毛処理したのに、これじゃマズイな・・・というのも残念ですよね。

デリケートゾーンの皮膚は、一般的に、他の部位と比べると黒ずんで見えるものですが、いったん気になってしまうと、他の人よりひどいんじゃないかと気になってしまうものです。

この記事では、デリケートゾーンの肌の黒ずみができる原因、解消法は何があるか、その中でも、密かに対策したいならクリームやジェルの美白コスメをオススメする理由を紹介します。

すぐにデリケートゾーンの肌の黒ずみケア商品をチェックしたいならこちらです。

▼▼ デリケートゾーンの肌の黒ずみケアクリームとジェルを確認する。 ▼▼

 

肌の黒ずみ、デリケートゾーンは気にし過ぎが多い

私、他の人より黒ずんでる?

いきなりですが私のデリケートゾーンは、肌の黒ずみレベルでいえばヒドイ方だと思います。(汗)

ここでお見せすることは、残念ながらできませんけど、「妙に黒くない?」と、はっきり相手に言われたことがありますから。この「妙に」のフレーズが、すごくショックだったのをハッキリと覚えています・・・

それはそうと、デリケートゾーンの肌の黒ずみが普通かどうかは、やっぱり気になる部分だと思います。しかし多くの場合、他の人と、程度はそうそう変わるものではないんじゃないかなというのが私の印象です。つまり、気にしすぎているということが多いのかもしれませんね。

肘や膝の肌が黒ずんでいるというのはよくあることですが、デリケートゾーンの肌の黒ずみも同程度か、少し濃い、または薄いかなというのが平均的かなと。私のように人から言われちゃうと、「えっ、そうなの!?」とショックは隠せませんけど。

肌が黒ずむ原因ってなに?

擦れる頻度が多いとメラニンが多く発生

それでは、なぜデリケートゾーンの肌が黒ずんでしまうのかというと。その原因は、膝や肘、ブラの紐やパンツのゴム部分など、肌の黒ずみが目立ちやすい部分で考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

  • 衣類などとの接触の機会が、他の部分に比べると圧倒的に多く摩擦や圧迫されやすい。
  • 皮膚にたるみやシワができやすい。
  • カミソリなどを使った無理な剃毛など間違ったムダ毛処理
  • 乾燥によってターンオーバーやキメが乱れやすい。

 

擦れる頻度が多いと、肌は角化といって硬く厚くなりやすいので、厚くなった分だけ肌の黒ずみが目立ちやすくなります。また、さまざまな刺激によってメラノサイトが活性化して、メラニンの生成を増加させる要因にもなります。

乾燥や皮膚の部位によって黒ずみが目立つことも

肘や膝、デリケートゾーンは皮膚が入り組んでいて、たるみやシワが多いのも肌の黒ずみが目立つ原因といえるでしょう。皮膚がぎゅーっと密集するとそれだけ色が濃くなってしまいます。

肌の乾燥もターンオーバーやキメが乱れるため、ツヤや透明感の減少につながり、肌の黒ずみを目立たせてしまう原因のひとつです。

さっきもいったように肌の黒ずみって、じつは自分で思うほど酷くないことの方が多いと思います。

そうはいっても、周りから「黒ずんでるな」と思われるかもしれないし、明らかに、びっくりしちゃうくらい黒ずんでいると感じるような場合は、周りに気づかれる前に、なんとか対策したいと思いますよね。

肌の黒ずみ解消方法はいろいろ選べる

デリケートゾーンの肌の黒ずみの解消にはいろいろありますが、効果の高い順に対策を並べると次のようになるでしょう。

  • 美容外科など病院でデリケートゾーンの美白治療を受ける。または、処方される薬で解消する。
  • 肌の黒ずみに効果のある美白サプリで解消する。
  • 肌の黒ずみに効果のある美白コスメで解消する。
  • 美白に効果のある食べ物で解消する。

 

それぞれの対処方法のメリットとデメリットは、だいたいこんなところではないでしょうか。

肌の黒ずみを病院や美容外科で解消する
メリット:
・非常に高い美白効果に期待ができる。
・医師による治療、処方なので安心感が高い。

デメリット:
・手術や施術後、通院の手間がかかる場合がある。
・保険適用外の治療では、費用が高額になる傾向がある。
・医者とはいえ、他人に黒ずみの箇所や程度を見られてしまう。

美白サプリで肌の黒ずみ解消する
メリット:
・身体の中から効果的な美白対策ができる。
・飲むだけの手軽さと比較的短期間で効果を実感しやすい。

デメリット:
・口径摂取なので成分によっては副作用が気がかり。
・薬を飲むのが苦手な人には向かない。

美白コスメで肌の黒ずみ解消する
メリット:
・自宅で誰にも知られず美白対策ができる。
・身体の中に摂り入れるより副作用の心配が少ない。

デメリット:
・病院やサプリでの対策と比較して効果の現れ方が緩やか。
・肌がベタついたり、下着が汚れてしまう場合がある。

食べ物で肌の黒ずみ解消をする
メリット:
・安心感が非常に高い。
・日常生活の延長で取り組みやすい。

デメリット:
・美白効果が高いとはいえない。
・効果を実感するまでに非常に時間がかかる。

肌の黒ずみを密かに解消するなら、まずは美白コスメ!

秘密重視なら病院や美容クリニックは不向き

このようにデリケートゾーンの肌の黒ずみを解消する方法にはいろいろありますが、そもそも人に知られたくない、密かに解消したいという場合には、悩みをオープンにしなければいけない病院は敷居が高いと感じてしまうかもしれませんね。

また、通院の手間を考えると忙しいヒトにとっては、時間的な面で不自由となることもありえそうです。

サプリメントや食事ではイマイチ改善できない

身体に摂り込むサプリメントは手軽で、デリケートゾーンの肌の黒ずみ解消効果にも期待ができますが、副作用や体に合わないなどの面で不安がゼロではありませんよね。

食べ物の場合は、そもそも美白効果の期待度が薄く、多くの時間が必要となる可能性が高くなります。

美白コスメはデリケートゾーン専用品があって安心

では美白コスメはどうかとういうと、自宅だけに限らず自分のペースでケアができます。しかも、最近のデリケートゾーン向け美白コスメは、無添加で敏感肌の女性を考慮した商品が多いので安心感も高いですね。

そしてやなにより、人に知られることなく密かに対策できるというメリットは、とても大きいと思います。

美白効果の面では病院やサプリより劣るかもしれませんが、いきなり病院やサプリはちょっと不安という場合には、まずは、デリケートゾーン向け美白コスメで様子を見てみるというのがいいのではないでしょうか。

肌の黒ずみに効果のあるクリーム・ジェル

成分によって肌トラブルになるものもある

デリケートゾーンの肌の黒ずみ用クリームやジェルに配合される成分としてトレチノインやハイドロキノンが有名ですが、これらの成分は間違った使い方をすると白斑などの肌トラブルを起こしたり、黒ずみを悪化させてしまうなどのリスクがあるので、どうしてもこれらを使いたいなら皮膚科や美容クリニックに相談するようにした方がいいでしょう。

肌の黒ずみにケア商品には、クリームやジェルがタイプがあります。どちらのタイプを選ぶのかは好みの部分もあると思いますが、どちらを選ぶにしても配合成分には気を配りたいところです。

黒ずみ対策成分として今主流になっているのは2つ

これ以外のデリケートゾーンの肌の黒ずみケアで定評なのが、トラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムの2つ。

この2つの成分は、肌の炎症を抑える効果と黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑止する効果に優れる成分。医薬部外品として効果・効能が認められているので、デリケートゾーンの肌の黒ずみに解消に効果が期待できます。

また、トレチノインやハイドロキノンのようなリスクは低く安全な成分としても知られています。

黒ずみ対策として2つの成分を配当。口コミでも人気のデリケートゾーン美白コスメです。
デリケートゾーンの黒ずみ専用ジェル!【イビサクリーム】
こちらのデリケートゾーン用美白コスメも2つの主流成分を配合し、使い心地もお気に入りです。
アソコの色でお悩みの方に【ディープクリアジェル】

デリケートゾーンの肌の乾燥も黒ずみの原因となりやすいので、保湿効果のある成分を配合するものが黒ずみ対策としてはより有利です。肌刺激の面では日本製で無添加のものであれば、ほとんど心配ないと思います。

使い心地の面ではクリームよりジェルの方が、べとつかず、さっぱり使えて便利です。

べとつかず無色透明なら、ケアしてすぐに下着をつけられて汚れることもありません。また、無香料なら、デリケートゾーンのニオイと混じって困るといったことも少ないですね。

まとめ

このようにデリケートゾーンの肌の黒ずみを解消する方法にはいろいろありますが、まとめると次のようなポイントをおさえて選ぶといいのではないでしょうか。

 

  • 黒ずみのことを知られたくない場合には、悩みをフルオープンしなければいけない病院は敷居が高いかも。
  • 通院の手間を考えると、忙しい人には時間的な制約がでてくる。
  • 手軽で身体の内側からケアできるサプリは、口から入れるため副作用のリスクもありうる。
  • デリケートゾーン向け美白コスメは、周りにバレずに自分のペースでケアできて効果にも期待ができる。
  • 効果効能が認められ定評のある美白成分は、トラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムの2つ。医薬部外品の表示が目印。
  • トレチノインやハイドロキノンは、黒ずみ悪化などのリスクがあるため自己判断では使わない方が賢明。
  • クリームタイプとジェルタイプを選ぶ際は、べとつかず、無色透明、無香料かどうかという部分もポイント。ケアしてすぐ下着をつけられない。下着を汚してしまう。デリケートゾーンの匂いと混じって困るということを避けられます。

 

最後にこちらで、上記ポイントを満たしたデリケートゾーン用の肌の黒ずみ対策商品を紹介しておきますね。

黒ずみ対策として、口コミでも爆発的な人気を誇るデリケートゾーンの美白コスメがこちらです。
デリケートゾーンの黒ずみ専用ジェル!【イビサクリーム】

でも個人的には、べとつかず、無色透明、無香料のこっちの方が扱いやすくてとてもいいと感じています。
アソコの色でお悩みの方に【ディープクリアジェル】

頬骨周辺のシミを消すなら、皮膚科に行く前に試したい対策

2018.04.16
Pocket

sponserlink