コンビニやスーパーの惣菜も危険性が?使用されている油がネックに!

料理をするのが面倒なときとか、どうしても時間が撮れないようなときにはコンビニやスーパーに売っている惣菜を購入してレンジでチンして食卓に並べるということもあると思います。

また、自分用や家族用にお弁当などを作らないといけない状況だとするとその中に入れるメニューをすべて手料理にするというのもなかなかの手間がかかってしまうので惣菜を取り入れることも多くなるかと思います。

ただ、惣菜といっても使われている油などが消費者側には見えないところが多いので、実際は危険性もたくさんあるというデメリットも存在します。

すべての惣菜が危険というわけではないですが、しっかり買っていいものか悪いものを見分けるようにしていく必要があるといえます。

調理済みの惣菜はなぜ危険なのか

揚げ物などがのってなくて比較的健康そうに見えるような惣菜が中心に入っているコンビニやスーパーの弁当でも残念ながら100%安全ということはまずありません。

作り置きの惣菜や弁当は不健康な油まみれ

85ad818479c382171b600ef6c6477406_s

基本的にすでに惣菜コーナーやスーパーやコンビニの弁当コーナーに置いてあるものは作り置きなので出来立てであることの方が稀ですよね。

その場合はごはんなどの表面をツヤツヤで美味しそうな状態に見せるために安価なサラダ油やパーム油のスプレーなどがかけられていることがよくあります。

著者自身も過去に惣菜と弁当作りの仕事をしていたので実情を目の当たりにしてきたのでわかるのですが、残念ながら本当にごはんにすら油はつけられています。

この油は味を美味しくするためですらなく、見た目を良くして購買につなげるためという完全に売上目的で使用されているというところが消費者からすると悲しくなる現実になりますね。

おにぎりを数日放置しても固くならない理由

b45513b32c6a84e64a87f161878cb83c_s

コンビニやスーパーのおにぎりは手軽に食べてれてそこそこ美味しいし、しかも安いということで便利ですよね。

やったことはないかもしれませんが、実はあのおにぎり消費期限をすぎるくらいに数日放置していたとしても何ら変化もしなければ固くなって食べられなくなるようなことはありません。

普通に自分で握ったおにぎりだったら1日放置したくらいでカチカチになっているはずです。

この違いは購入したおにぎりの原材料表示を見れば一目瞭然です。簡単に言うと保存料などの添加物がたっぷりと使われているということです。

炊飯油も実は危険

また、コンビニやスーパーのおにぎりには「炊飯油」という油が使われていることがよくあるのですが、これは米のムラをなくして綺麗にみせること。そして海苔に変にこびりついてしまうことがないようにするといった目的で使われています。

炊飯油といっても結局中身をみるとサラダ油だったりするので、オメガ6系脂肪酸などを意図せずに摂取していることになります。

安すぎるパンもリスクに

bd82c1003068e32e7cdeee96f7460228_s

コンビニやスーパーなどで大量に売られているパンもサラダ油などが調理時に使われている事が多くなっています。

さらにソーセージやハムなどが乗っているパンは亜硝酸ナトリウムやリン酸塩ナトリウムなどの毒性の強い添加物が含まれるケースもあります。

骨がもろくなったり、腎臓に悪影響を及ぼす可能性があるといわれている添加物でもあるので、安すぎるパンなどには注意しなければいけません。

パンを買うのであればスーパーなどの脇にあるような専門のベーカリー店などで売られているものを買うようにした方がより安全です。

値段もそこまで高すぎるということはないので、負担にもならないところがいいですね。

結局買っていい惣菜はあるの?

油や添加物が危険だからということで惣菜類には注意が必要ということですが、そんなこと言っていたら食べられるものが限りなく少なくなってしまいます。

コンビニやスーパーなどで買っても大丈夫な惣菜もいくつかありますので紹介していいます。

まずお湯を注いで作るカップみそ汁やコンビニのおでん、スーパーなどでも売っているサラダなどは危険性がほとんどないので安心して食べることができます。

9564723190aeaf06565b62da26f8177b_s

みそ汁であれば流石にカップであってもサラダ油が使われているということはないので大丈夫です。

またおでんについては練り物やさつま揚げなどのような油が使われていそうな食材もありますが、基本的におでんに入れる前の段階で油抜き処理が施されていますし、衣がそもそも殆どなかったりするので油の量はさほど多くありません。

また、サラダはそのままの状態なら油が含まれている心配もないので安心ですが、ドレッシングについては少し注意が必要ですね。

できることならドレッシングのみ自家製のものを使うとか、健康にいい油であるエゴマ油や亜麻仁油などを食べる前にかけて使うなど工夫するとより健康的になります。

まとめ

今回はコンビニやスーパーなどの惣菜の危険性についてお伝えしてきました。

安くて美味しいということで便利な惣菜ですが、原材料や製造過程を見ると残念ながら不健康な油や添加物、保存料などが使用されている惣菜が溢れています。

すべて避けるということは難しいかもしれませんが、できる限り避けつつ健康なメニューを取り入れるようにしていきたいところですね。

また、どうしても健康によくない惣菜を避けられない場合は、抗酸化作用の強いサプリメントなどを使いながら体内の酸化を防止していけば健康を保つことも可能です。

自分にあった方法で今後の健康維持に努めていきましょう。

Pocket

sponserlink