ココナッツオイルは食べ過ぎると太る可能性はある?食べ方の注意点

毎日の食生活に加えることでダイエットや美容だけでなく脳細胞の活性化などにも効果があると言われるココナッツオイルですが、食べ過ぎると太るのかどうかというところも気になる所ではないでしょうか。

やはりいくら体にいい健康志向のココナッツオイルといっても、油であることにかわりはありませんしカロリーはそれなりにあります。

ココナッツオイルは食べ過ぎると太るのか

結論を言いますと、ココナッツオイルでも食べ過ぎると太る場合はもちろんあります。

ダイエット目的や、美容や健康維持を目的としてココナッツオイルを取り入れるのであればきちんと適量を守って使っていく必要はあるということです。

当然と言えば当然ですが、その辺りをわきまえずに食べ過ぎてしまう人も中にはいますので注意が必要です。

どのくらいが適量なの?

さすがに食べ過ぎると太る可能性もあるココナッツオイルではありますが、継続的に使っていくのであれば結局どのくらいの量を食べるのが適しているのか?ということでココナッツオイルの適量についても知っておかなければいけません。

P1040230_edited-1

1日の適量は意外とココナッツオイルの商品にも書いていなかったりするので知らずに使っている人も多いのですが基本的には1日に大さじ2杯程度の量が適量であると言われています。

大さじ2杯ですから大体30mlほどの量ということになります。

料理に使うのであれば、大さじ2杯くらいは普通に1食に使ってしまっても問題はないですし、料理をたまたましなかったりする日はコーヒーや紅茶などに入れて飲めば十分です。

コーヒー1杯に大さじ2杯のココナッツオイルを入れてしまうと脂っぽくなりすぎてしまうので朝のコーヒーに大さじ1杯、夕食後の紅茶に大さじ1杯くらいに使い分けていけば問題はないのではないでしょうか。

ココナッツオイルを摂取したら他の油は控えるべきなのか

ココナッツオイルは健康によくても油であることには違いありません。

ココナッツオイル自体の適量は先ほど説明した通りですが、それ以外の油はココナッツオイルを摂取した分だけでも控えるようにした方がいいのだろうか?というところも気になりますよね。

これは懸念される方も多い問題だと思いますが、結論としては他の油分はココナッツオイルを摂取した分は減らしていくようにすべきと言えます。

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸がたくさん含まれているので摂取すると素早くエネルギー代謝するようになっているので中性脂肪になりにくいという特徴はあります。

しかし、それでも1g辺りのエネルギー量としては9kcalほどはあるので、他の一般的な脂肪酸と同等のカロリーはあるということになります。

そのためココナッツオイルを摂取したのであれば他の油は減らしていく必要がありますし、そうすることで効果的にダイエットなどに取り組んでいくこともできるようになります。

食用のココナッツオイルオイルを摂取している人はオイルサプリは控えるべき?

P1040200_2

最近では普通に食用として使うココナッツオイルだけでなく、エクストラバージンオリーブオイルなどのサプリメントなども多数販売されています。

それだけそういったオイルが身体にいいということの現れでもあります。

しかし食用としてのココナッツオイルを摂取して、そのうえでさらに別のサプリメントなどでもオイルを摂取するようになると何か弊害があるのかと言う点も気になりますよね。

これも先ほどココナッツオイルを摂取しているなら他の油を減らすべきと解説したところと関係している部分があります。

サプリメントなどのオリーブオイルであっても、カプセルの中には普通にドロっとしたオリーブオイルが詰まっているだけですのでカロリーはバカにならないくらい含まれています。

先日たまたま著者が購入したDHCのエクストラバージンオリーブオイルのサプリメントなども1日で4粒の摂取が目安とされていますが4粒で13.2kcalほどカロリーが含まれているということになります。

たった13kcalくらい問題ないのでは?と考える人も多いかもしれませんが、ココナッツオイルを摂取していれば重複させてまでオリーブオイルなどをサプリメントを使って摂取する必要性はありません。

健康に良いとされるオイルであってもわざわざ2重に補給することによるメリットはあまりないのが現状なのです。

まとめ

今回はココナッツオイルは食べ過ぎると太るのか?というところや、他のオイルとの関係性などについて簡単にまとめてきました。

健康的にダイエットをしていくためには何をするにしてもバランスを考えて行っていく求められますが、それはココナッツオイルであっても同様です。

ココナッツオイルの脂肪やカロリーは一般的なバターやラードなどに含まれる飽和脂肪酸と比較して明らかに吸収や分解までのスピードは速くなっています。

そのため適量摂取して太ることはありませんし、脂肪が溜まりにくい体質づくりを助けてくれるようになっています。

しかし、適量を超えてしまうと多少なりとも脂肪として溜まってしまう可能性もでてくるのでその点は注意して賢く使っていくようにすべきですね。

Pocket

sponserlink