ココナッツオイルの致命的な欠点は?隠された裏の事実はあるのか

巷ではココナッツオイルの万能な効果・効能などばかりが注目されており、何一つココナッツオイルにはデメリットなどないようなイメージで販売されています。

しかし、感の鋭い人や疑い深い人だとココナッツオイルにも何か致命的な欠点があるのではないか?と勘ぐってしまうこともあるのではないでしょうか。

今回は良いことばかりではなくココナッツオイルを購入して使用する上で想定されうる欠点になるような項目についてまとめていこうと思います。

ココナッツオイルの欠点やデメリットをチェック

ダイエットや美容だけではなく病気の予防や本格的なアンチエイジングなどのような幅広く使いみちの広がるココナッツオイルには果たしてどのような欠点があるのでしょうか。

自分が使う側にたったときにこれらの欠点を許容できるかどうかで今後ココナッツオイルを使うか使わないかを決めていく基準にもなるの0でひとつずつチェックしていきましょう。

日本人が普通に食べる料理に使いづらい

a080bae40f45e3885fe3bc7ef3b12cd1_s

まず日本人の味覚に合うような一般的な料理においてココナッツオイルはどうしても使いにくいという点はひとつの欠点になってくると思います。

和食などにはあまり風味が合わないですし、中華料理に使っても甘い香りが中華の酸っぱさや辛さとはあまり合わないことが多いです。

基本的にココナッツオイルが合う料理となると甘くても美味しいものに限られてくるので、デザート系や甘じょっぱくても美味しいスープ系、トーストなどが中心になってきます。

料理にココナッツオイルを使おうとしたら万能にどの料理にでも使えるというわけではないので、メニューを選ぶにも苦慮することになる場合もあります。

アレルギーがある人は使えない

1e60cb070ee09ec06aff72c4eeef2c69_s

可能性は低いかもしれませんが、ココナッツアレルギーを持っている人も中にはいるはずです。

ココナッツにアレルギーを持っている人はココナッツの実から作られるオイルであるココナッツオイルに対しても同様のアレルギー症状を発症してしまうリスクが高くなります。

いくら万能な健康油と言われるココナッツオイルとは言っても、体質や体調など生まれ持った体の特徴や個人差に100%適用できるとは限りません。

ココナッツにはヒスタミン遊離物質も多く含まれるものとなっているので、ココナッツに限らずにナッツ類に対するアレルギーを持っている人が摂取すると少なからずアレルギー反応が起こってしまう危険性もあります。

使うココナッツオイルが完全に未精製で、化学物質などが含まれていないヴァージンココナッツオイルであればナッツアレルギーを持っている人でも症状などが発症してしまう確率は低くなりますが、そうではない安価なココナッツオイルを使う場合は注意が必要です。

エキストラバージンココナッツオイルの本当の効果と口コミ体験談

2016.03.12

摂取方法を間違うと太ることもある

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

ココナッツオイルはダイエットにも非常に効果的な健康オイルではありますが、カロリ−はそれなりに多くなっています。

ココナッツオイルの適切な摂取量と言われているのは1日に100ccほどとなっていますので、とにかくたくさん摂取すれば痩せられるし健康にいい!といったような思い違いで多量に摂取してしまうとココナッツオイルを摂取し始める前よりも太ってしまう可能性もあります。

また、もう一つ注意しなければいけないのはココナッツオイルダイエットを本格的に行うようにしていくのであれば糖質制限も行わないといけないというところです。

ココナッツオイルダイエットは糖質を制限した状態で行うことによってケトン体の生成を促進して体脂肪の分解をスムーズに行えるようにしていくというのが主要な流れとなっています。

通常この糖質制限とココナッツオイル摂取によるダイエットを行うことにメリットになってくるのは糖質制限さえしていればカロリー制限をする必要がなくなるところにあります。

これをココナッツオイルダイエットをすればカロリー制限をしなくていいというように一部の情報のみを頭にインプットしてしまった人が糖質制限をしないままダイエットを進めてしまうとこれもまた想像以上に太ってしまう可能性が高くなってしまいます。

正しいダイエット方法をしっかり最初の段階から知って取り組むようにしないと想定していた結果とはかけ離れてしまう事態になってしまいかねません。

ココナッツオイルは体を冷やすこともある

南の国などではココナッツオイルを暑さの対策などに使うこともあるというくらいにクールダウンの効果があるものとなっています。

暑い季節などであればこれは嬉しい効果でもあるのですが、冷え性に悩む女性にとっては逆に冷えを悪化させてしまうリスクも高くなってきてしまいます。

手足などの末端がよく冷えるといった悩みを持っている女性などは寒い季節にはココナッツオイルが使えないということにもなってくるのでこれも欠点といえるでしょう。

まとめ

今回はココナッツオイルの欠点やデメリットといえる情報についてまとめてきました。大きなメリットが全面的に打ち出されているものには多かれ少なかれこのように隠された欠点も存在しているのが現状です。

もちろんそれを補って余りあるメリットがあるからこそココナッツオイルは今のようなブームになっているので、使うのであればこういった欠点についても予め理解してその上で取り入れるようにしていくのが理想的ですね。

また、今回紹介したようなココナッツオイルの欠点を上手く回避することができているココナッツオイルサプリメントなどもあるのでメリットだけを手軽に享受したい場合はサプリの導入も視野に入れたほうがいいかもしれないですね。

VCOサプリの効果と本音の口コミ評価!セレブも使うサプリの実力

2016.06.15
Pocket

sponserlink