ココナッツオイルは糖質制限しないと効果なし!?噂の真相について

オイルブームが進んでいる中でダイエット目的でココナッツオイルを使い始めたという人も増えてきていますね。

ココナッツオイルの優れたポイントの一つに使い道が沢山あると言うところがあります。

炒め物に使ってもいいし、トーストにマーガリンの変わりとして塗ってもいいし普通のオイルと比べて使い方の幅が広がる嬉しさがあります。

しかし、その一方で最近ではココナッツオイルを使って効率的にダイエットをしていくためには糖質制限を行っていかないと効果なしだという噂が出てきています。

もし本当に糖質制限をしないと効果がないのであれば、先ほどのようにトーストに塗って使っていったり、料理として使うことがNGになってしまうこともあると言う話になりますね。

ココナッツオイルと糖質制限の正しい関係性

それではさっそく実際のところその認識が間違っているのか正しいのか調査してみた結果についてまとめていきたいと思います。

ココナッツオイルは糖質制限しないと効果なしなの?

b1dbb7e71865da5ba38a8261b77ea8dc_s

まず、結論からまとめていきますと、ココナッツオイルを「とある目的」で使う場合は糖質制限をした方がいいというだけであって糖質制限をしないとココナッツオイルのすべての効果が失われてしまうということではありません。

流石にココナッツオイルの販売メーカーから推奨されている使い方としてもトーストに塗るなどという方法が書かれているのにもしも糖質制限が必須だとしたら矛盾が生じることになりますしそのようなことはありません。

ダイエットを行う際は糖質制限をした方がよさそうに思えるかもしれませんが、これも必須ではありません。

むしろ完全に糖質制限をすると他の食材を食べる量が増えてしまうことからコレステロールが増加するという問題や、糖質エネルギーの不足によって疲れやすい体質になってしまうなど弊害があります。

ダイエット目的でココナッツオイルを取り入れる場合はとくに糖質制限は不要ですし、併用しなければいけないということもありません。

認知症を本格的に予防したい場合は糖質制限が有効

ココナッツオイルが認知症に効果的であるという話は有名ですが、もしココナッツオイルを生活に取り入れている目的が認知症を予防することにある場合は糖質制限を行った方がよいと言われています。

脳の神経細胞はブドウ糖をエネルギーの源として使っているのですが、認知症になるとブドウ糖をエネルギーとして使っていくことができなくなります。

ブドウ糖の代わりとなるエネルギーとしてココナッツオイルで摂取できる中鎖脂肪酸から生成されるケトン体を使えるようになります。

そうすることで効果的に認知症を予防していくことができるようになっています。

しかしここで一つ問題となってくるのが、体内に糖質が多く含まれている状態だとケトン体が増えにくいということです。

そのためケトン体を増えやすい体内環境を整えると言う意味で糖質制限が有効であるということになっています。

高齢者が糖質制限をするとこんな危険性が!

65c152b32cafea070d38927e4fd5bac7_s

認知症を予防したり緩和させていきたいという目的でココナッツオイルを使っていきたいと考えている人はおそらくある程度年配の方が多いのではないでしょうか。

高齢の方がココナッツオイルを取り入れつつも糖質制限を行うとなるといくら認知症が予防できたとしてもエネルギー不足や、筋力の定価、骨粗しょう症などになってしまうリスクもあるのでさらに余計な不安が増えることになりますね。

70代の男性が糖質制限を行った結果体重が大きく落ちたものの、足腰の筋力が大幅に低下した結果寝たきり生活になってしまったという話もあります。

そのためいくらココナッツオイルを摂取していても高齢であれあるほど完全な糖質制限を行っていくのはかえってリスクの方が高くなってしまうと言えます。

糖質を完全にカットする必要はない!

実は医学的な観点からも、ココナッツオイルで認知症を予防する際には完全に糖質をカットする必要まではないと言われています。

例えば普段食べている白米を玄米に変えてみたり、1日3食食べるうちの2食分のご飯を少な目にするといった程度のゆるい糖質制限であってもココナッツオイルを併用して使っていくことで十分に効果が現れるということがすでに判明しています。

これであれば朝食のトーストにココナッツオイルを塗って食べても、昼食や夕食時のご飯を少し少な目にするくらいで大丈夫ということですので負担も少なくなります。

バランスを考えて無理なくココナッツオイルを取り入れるということが大切になります。

まとめ

今回はなぜココナッツオイルは糖質制限をしないと効果なしだと言われるのか、そして実際のところその話は本当なのかと言うところについてできるだけわかりやすく解説してきました。

話をまとめると認知症を予防したい場合に限りココナッツオイルと糖質制限をバランスよく併用した方がいいということです。

それ以外の美容目的やダイエット目的などであれば糖質制限について考える必要は全くありません。

一部の情報だけを見て誤解をしてしまいやすいポイントでもありますので、今回の話も参考にして頂きながら生活にココナッツオイルを取り入れてみるといいでしょう。

参考記事:高級志向の最上級エキストラバージンココナッツオイルの効果と本音レビュー

Pocket

sponserlink