ココナッツオイルでヘアパック!育毛効果で薄毛にも効くの?

ココナッツオイルといえば食用で使ってダイエットや健康維持目的で使用したり、お肌に塗ることでスキンケア用途で使うイメージが強いかもしれません。

しかし実はそれだけではなくココナッツオイルをヘアパックとして活用するといった使い方もあります。

ヘアパックにココナッツオイルを使うというのはあまり一般的ではないような印象があると思いますが、実は得られる効果はたくさんあります。もしもココナッツオイルで美髪効果や薄毛に悩む方に対する育毛効果などが得られるなら価格も高くはないですし費用対効果もいいので使っていきたいところですよね。

ココナッツオイルでヘアパックをする方法は?

それではそもそも実際にココナッツオイルを使ってヘアパックをするにはどうすればいいのかというところから解説していきます。

まずは瓶に入ったココナッツオイルを購入

ココナッツオイル系の製品もたくさん出ているのでヘアパック目的で使ってみようと思ってもどれを使えばいいのかわからない人もいるかもしれません。

一番確実なのは余計な加工などもされていないそのままの状態のココナッツオイルを購入するということです。

どれがそのままの状態のココナッツオイルなのか?というと丸くてハチミツなどが入っているような瓶に近い形をしているものです。

今回実際に使用するのは数あるココナッツオイルの中でも品質の高さがピカイチということで評判のナチュラルヘルシースタンダードのエキストラヴァージンココナッツオイルです。

エキストラバージンココナッツオイルの本当の効果と口コミ体験談

2016.03.12

ヘアパック用に使うココナッツオイルの条件としては少なくともエキストラバージンとかヴァージンという名称が商品名に書かれているものにしましょう。髪の毛や頭皮は敏感な部分でもあるので、下手に安価で品質の悪い普通のココナッツオイルを使ってしまうと逆に髪が傷んでしまうリスクもあります。

ココナッツオイルを液状化しよう

次に、購入時の外の気温やココナッツオイル自体の温度にもよりますが、買った時点でココナッツオイルが一定の温度よりも低くなっていると固形化されている場合もあります。

固形のままではヘアパックに使っていくことができないので、ココナッツオイルを液状化させる必要があります。

カチカチに固まっている時はココナッツオイル温度が20℃以下になっている時なので、ヘアパックに使う際は25℃以上の温度で保管するか湯煎するなどして温度を高めて液状化させます。

温めていけば次第に液状になりますが、気温が低いと使った後でまた数時間経過すると固形化してしまう場合がありますが、その場合はまた再度使い前に温めて液状化させていけば大丈夫です。

中途半端な温度だとザラザラになったり、固形と液体が混じったような形状になることもあるのですが、ヘアパックに使う時はその状態では使わずにきちんと完全に液状化させるのがポイントです。

実際に髪の毛につけていきましょう

091e304806355fddd8f07c5a4c2169ea_s

一度のヘアパックであまりたくさんのココナッツオイルが必要になるわけではないので、スプーンなどを使って少しづつ手に取りながら髪の毛全体に広がるように満遍なく塗っていきます。

髪の毛の長い女性などは髪の毛先のケアが疎かになってしまうことが多いので、毛先にまでしっかりと塗っていくようにします。

また、特に髪の毛の中でも傷みが酷いと感じるようなところでは塗り残しがないように満遍なく全体に広がるように塗っていきます。

そして次に髪の毛だけでなく頭皮にもオイルが行き渡るように軽く指の腹などを使いながらマッサージをして擦り込んでいきます。

サランラップで巻いて蒸しタオルをのせて放置!

05cfaa4e340936426f3593f3e4812751_s

十分にココナッツオイルを使った毛先と頭皮のマッサージが終わったら、サランラップなどで髪をぐるぐるに巻いて小さい蒸しタオルなどを用意してラップの上から頭にのせましょう。

時間としては余裕があれば60分ほどそのままの状態にしておくのがベストなので、テレビ番組を見たり本を読んだりするなど好きなことをしてリラックスしてその状態を維持します。

あまり時間が無い場合は15分程度でも大丈夫です。

最後にオイルが残らないようにシャワーで流します

883b9f1db4e381280578a8c3130e41e8_s

十分にヘアパックができたと感じたらシャワーで髪の毛についたオイルを流していきます。

いつも使っているシャンプー等を使ってオイルが残ったりしないようになるべく丁寧に洗い流します。

1回では毛先についたココナッツオイルを落としきれないこともあるので、念の為に2回くらいは洗いなおした方が確実です。一度試してみて1回では落ちきっていないと感じたらもう一度洗い直せば大丈夫です。

ココナッツオイルでヘアパックをするとどんな効果がある?

ここまでに紹介した方法がココナッツオイルを使った最も定番と言えるヘアパック方法となります。

この方法を続けていくことで実はしっかりと薄毛の対策をしたり育毛効果を実感することができるようになっています。

その理由はココナッツオイルに含まれている成分にあります。

ビタミンEが頭皮の血行を促進!

ココナッツオイルには豊富なビタミンEが含まれているので、髪の毛や頭皮に使っていくと薄毛の原因となる血管内の詰まりなどを防止しながら血行促進させることができます。

髪の毛が老化によって細胞が衰えて薄くなってくることもありますが、これについてもビタミンEのもつ抗酸化作用で抑制していくことが可能です。

オレイン酸が髪の毛の乾燥を防ぐ

また、ココナッツオイルにはオレイン酸と呼ばれる保湿効果の高い脂肪酸が含まれています。

オレイン酸はヘアパックと非常に相性の良い成分でもあり、髪の毛や頭皮に浸透して全体をしっかり保湿・保護することができます。

乾燥も薄毛の原因の一つになるので、ビタミンEの持つ抗酸化作用との合わせ技で育毛効果が得られるようになります。

中鎖脂肪酸が外部のダメージから髪の毛をガード

ココナッツオイルにはラウリン酸などの中鎖脂肪酸が配合されていますが、この中鎖脂肪酸は髪の毛を外的要因などからしっかりとガードしてくれる脂肪酸でもあります。

外によく出る人は紫外線などの影響を受けることもあるので、できるだけ毎日ココナッツオイルを使ってヘアパックをしてみるといいでしょう。

まとめ

今回はココナッツオイルでヘアパックをする方法と、薄毛などの髪の毛にまつわる悩みを改善することはできるのかという点についてまとめてきました。

最後まで読んでいただいた人はお分かりの通り、ココナッツオイルにはある程度の育毛効果と髪の毛のダメージケアをする効果があります。

育毛専用に作られる育毛剤などに比べると効果は劣りますが、価格が安くて使い続けやすいというメリットがあるのは確かです。

髪の毛のケアだけでなく、食用として使用したりスキンケアでも使えるので用途の幅が広い利点なども活かして継続的に使っていくようにするといいでしょう。

エキストラバージンココナッツオイルの本当の効果と口コミ体験談

2016.03.12

 

Pocket

sponserlink