秋のスキンケアはくすみ予防と乾燥シーズンへの備えがポイント

強烈な紫外線や気温が徐々にやわらぐ秋は、肌にとって休息の季節といえます。だからといって秋のスキンケアを怠ると、新たな肌トラブルの原因にもなりやすく油断できません。むしろ夏のダメージが肌に残っているこのタイミングだからこそ、しっかりアフターケアをしておくことで、その後の肌トラブル予防にもつながります。この記事では、そんな秋のスキンケアで意識したい2つのポイントについてお伝えします。

 

秋のスキンケアで紫外線ダメージを効率的にケア

肌にとって快適さの増す秋とはいえ、夏の強い紫外線から受けたダメージは相当に残っているものです。ご存知のように紫外線は、シミそばかすの原因になります。

秋のスキンケアをしないのは損

紫外線によってダメージを受けた肌は、角質細胞の入れ替わり周期が乱れがちになるので、肌の内側で生成されたメラニン色素がターンオーバーでは追い出されずに残ってしまうからです。また、肌の乾燥とターンオーバーの乱れは、角質を厚くし透明感を減少させるので肌のくすみの原因にもなってしまいます。

このように夏の紫外線ダメージは、放置するとシミそばかす、くすみなどのトラブルを加速させる要因になるので、秋に入ってからのスキンケアは大切なポイントになってくるでしょう。しかし、既にお伝えしているように、秋は肌の負担がやわらぐシーズンなので、肌トラブルの予防と回復に取り組む絶好のチャンスともいえるわけです。このため、秋のスキンケアシーズンを活用しないというのは、ちょっともったいない気がしますね。

そして、シミそばかす、くすみなど夏の紫外線ダメージを効果的にケアするのに役立つ成分を含んだものを意識的に使っていきたいですね。

> 夏の紫外線ダメージを効果的にケアするのに役立つ基礎化粧品をチェックする。

秋のスキンケアで乾燥シーズン本番に備える

本格的な肌の乾燥シーズンを迎える準備としても、秋のスキンケアはとても重要な意味を持ちます。さっきもお伝えしたように、夏に受けたダメージによって肌はとても乾燥しやすい状態になっていますので、秋のスキンケアをせずに、そのまま乾燥肌の本番シーズンを迎えてしまうというのでは深刻な肌トラブルを招きかねないからです。

秋のスキンケアで乾燥に負けない肌作り

秋のスキンケアをしっかり取り組むことで、乾燥に強く潤いのある肌の土台作りができますので、肌への負担が少なく回復しやすい季節の内に、乾燥からくる肌トラブルの起きやすいシーズンに備えておくことがポイントです。

ターンオーバーが乱れた肌は、乾燥しやすく肌のバリアー機能が低下しています。そんな肌状態のスキンケアには、保湿とバリアー機能の強化の両立ができる成分としてセラミドが役立ちます。セラミド配合のローションなどを選ぶときのポイントとしては、肌との相性のいいヒト型セラミド配合のものを選ぶということです。

季節の変わり目 スキンケア 保湿とエイジング
▲▲ 保湿とバリアー機能の強化の両立できるセラミド配合の基礎化粧品 ▲▲

まとめ

さて今回は、肌の負担が軽減する季節となる秋こそ、しっかりとスキンケアに取り組みましょうということをお伝えしました。ということで最後に秋のスキンケアのポイントについて、おさらいをしておきましょう。

秋のスキンケアのポイント

  • 肌の負担が軽減する秋でも、夏に受けた肌ダメージは残っているので油断は禁物。
  • 肌の負担が軽減する秋は、効果的なスキンケアをしやすい季節といえる。
  • 夏の紫外線ダメージを放置するとシミそばかす、くすみなどのトラブルになりやすいので、紫外線ダメージを効果的にケアできる成分を含んだものを意識的に選ぶ。
  • 肌の乾燥とバリアー機能が低下しやすくなった秋のスキンケアでは、保湿とバリアー機能アップの両立ができるヒト型セラミドが配合されたものを選ぶと効果的。

秋のスキンケアは、以上のようなポイントをおさえつつ、スキンケア本番の季節に備えて準備を整えておくとよいでしょう。今回紹介した内容の関連記事はこちらからご覧いただけますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

季節の変わり目のスキンケアは商品が自動的に切り替わるものが便利

2018.05.28
Pocket

sponserlink