油と脂の違いとは?以外と知られていない使い分けについて

「アブラ」には油と脂があるということはご存知かと思いますが、その明確な違いや使い分けについて詳しく知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

一般的に油と書かれているものについては植物性油脂となっており、常温の状態で液体になるものと定義されます。
そしてもう一方の脂については動物性油脂で、常温の状態では固体になっているもののことを言います。

油と脂にはどんな違いがあるの?

具体的にどのような違いがあって、使い分けていくにはどうすべきなのかまとめていきたいと思います。

「油」である植物性油脂とは?

dd75dbd68537255885924dc05772cfb0_s

植物性油脂には大豆油、コーン油、菜種油、ごま油、オリーブオイルなどといった種類があります。

何となくどれも「健康的な油」というイメージが強いのではないでしょうか。

これらの油は種子や胚芽、果肉などから油脂成分を抽出して作られているものなので摂取するとエネルギーとして消費されやすいという特徴があるものとなっています。

また、これらの油を何らかの形で体の中に取り入れると体温の関係で常に体の中では液体となっているので、体内に留まるということがなく蓄積されにくいという特徴もあります。

まぁ、簡単にいってしまうと摂取しても太りにくい油であるということです。

「脂」である動物性油脂とは?

245c677980d64d2ca7e692d2ad006de3_s

動物性油脂にはバターやラード(豚脂)、ヘット(牛脂)などといった種類が存在しており、動物に含まれている脂肪成分から抽出して作られている脂となります。

どれも常温では固形となっているので、スーパーやコンビニでも普通に固形のまま販売されています。

これらについては先程の植物性油脂とは違って摂取すると体内に蓄積されやすい上に、体内に取り入れても固形の状態のまま溜まってしまうことがあるので体脂肪として定着しやすいという特徴があります。

簡単に言うと太りやすい油ということです。

例外!?植物性なのに固形の油とは

_1040373

植物性油脂は常温で液体、動物性油脂は常温で固形というお話をしましたが、例外が存在します。

今健康的なオイルとして大ブームになっているココナッツオイルやパームオイルについては植物性ではあるのですが、常温では固形ということになるので油ではなく脂の方に分類されるものとなっています。

また魚油については逆に常温では液体となるので、動物性ではあっても油に分類されるということになっています。

参考:健康志向のエキストラバージンココナッツオイルの驚くべき効果とは?

油と脂の効能の違いと使い分け

それでは具体的に油と脂はどのように使い分けていけば良いのか。効果や効能についての違いなども合わせてチェックしていきましょう。

「油」こと植物性油脂の使いみち

7a94b394833412988bda79d75f815bfe_s

「油」こと植物性油脂は動物性の脂と比べるとどれも比較的あっさりした味わいになっていることが多いです。

あっさりしているがゆえに炒めものから揚げ物に至るまで広く使っていくことができるので、キッチンにおいておけば活躍する機会も多い油となります。

植物性油脂のほうが動物性油脂と比較すると健康に良いというイメージがあると思いますが、実際のところそのイメージは正しいです。

植物性油脂は不飽和脂肪酸を多く含んでいるという特徴があるので、摂取することで人のエネルギーの源となったり、細胞膜の材料として使われるようになります。

過剰に摂取する必要はありませんが、適量摂取していくようにすれば血液もサラサラで綺麗な状態に変えていくことができるので積極的に料理などで使っていきたい油といえます。

「脂」こと動物性油脂の使いみち

e182f22e8733fed104ff91c71b7baf8f_s

「脂」こと動物性油脂たちは基本的に濃い味で高カロリーであるので、料理などに使うと美味しくなることに違いはありません。

中でもバターなどはパウンドケーキなどのデザート類から、じゃがバター、肉料理、トーストサンドなど用途も幅広くなっていますし、どれも癖になってしまう美味しさがあります。

しかしながら、こういった動物性油脂は体内のコレステロール値を高めてしまう働きをもっているので摂取量が多くなればなるほど高コレステロール血症などの症状が出てしまいやすくなります。

カロリーも植物性油脂と比べると大幅に高くなっているので肥満に直結しやすくなっています。

たまに食べて美味しさを満喫する分にはいいかもしれませんが、健康のことを考えるなら控えるべき脂といえます。

例外と注意点

7a1e564a95a8078f937ca707ef798afd_s

全般での話でいうとここまでの話の通りなのですが、また一部例外もあります。

青魚などに含まれているDHA・EPAなどは動物性脂肪でありながら植物性脂肪以上と言えるくらいに血液をサラサラにする作用があります。

これらの脂はオイルとして販売されているものはありませんが、フィッシュオイルなどといった形でサプリメントとして販売されています。ネイチャーメイドやオリヒロのフィッシュオイルなどが有名ですね。

これらのような青魚に含まれるDHA・EPAなどは健康を考えると摂取すべき脂となります。

しかし一方で、マーガリンなどは植物性油脂でありながら悪玉コレステロールを増加させてしまうとされるトランス脂肪酸を大量に含まれているのでできることなら少しであっても摂取しないようにするほうが良いといえます。

まとめ

ということで今回は油と脂にはどんな違いがあって、どのように使い分けていくべきなのかという点についてまとめてきました。
箇条書きで簡単に今回の話を改めてまとめると以下のようになります。

  • 油=植物性油脂は基本的に健康によいので料理で活用すべき
  • 例外としてトランス脂肪酸を含むマーガリンなどは控えるべき
  • 脂=動物性油脂は料理に使っても良いが過剰摂取は控えるべき
  • 例外として青魚から取れるDHA・EPAは健康に良いので摂取すべき

ということです。

非常に簡単に言い切ってしまいましたが、今回の話を意識して使う油や脂を調整していくことで今後の健康状態を大きく変えていくことにも繋がるといえます。

Pocket

sponserlink